ガリレオ研究室 アーカイブホーム
ガリレオ研究室 Mail Magazine
"The English Observatory" アーカイブホーム
こちらは ガリレオ研究室 アーカイブホームです。これまで配信されたニュースレターを閲覧出来ます。定期購読希望の方はページ下にてご登録下さい。


Apr 23 2017 Not Lazy_3 (Apr 2017)
ガリレオ研究室ブログ「ことば の みかた」最新記事をお届けします。 San Francisco "Not Lazy" 紀行 (3) それで結局ライヴはどうだったの? ■豪雨の日の神ライヴ 4/6 (Thu.) San Francisco は夕方くらいから豪雨+強風。本来ならホテルから徒歩10分圏内の会場まで、意気揚々と向かおうと思っていたのだが、あまりに過酷でバスに乗るσ(^_^;) 入場前には、どこから持って来たのか、空港にあるような金属探知機をくぐらされ、それなりに厳重なボディー&荷物チェック(しかもどしゃ降りの会場前で!) 怪しいものではなく善良な Puffyファンですので、とりあえず中に入れてもらえないでしょうか…(´;ω;`) まぁそんなわけで入場までは過酷だったものの、アメリカライヴは「最高!」の一言。VIPチケット特典の Meet & Greetでは、AmiYumiと自撮り写真が撮れるという夢のような体験(*゚▽゚*) 自撮り世代じゃないので慣れてないので

Apr 07 2017 Not Lazy_2 (Apr 2017)
ガリレオ研究室ブログ「ことば の みかた」最新記事をお届けします。 San Francisco "Not Lazy" 紀行 " (2) 英語指導のために drumsticks購入! ■ 実は以前からドラムスティック導入は考えていた。 Hard Rock Café San Francisco にて、ドラムスティック (among others)を購入。もちろんハリポタの杖も継続して使っていくけれども、これによってガリレオ研究室における英語の強勢拍リズム指導が更に強化されます! 「2本セットが前提」となることにより… 全音節タップがやりやすくなるので、(特に多音節語において)カタカナ発音で余計な母音挿入をした場合と、英単語として正しい発音をした場合のリズムの違いを明示しやすくなる。 Stressed syllablesと weak syllablesを左右で分け、フレーズや文単位の強弱リズムを提示しやすくなる。 (文字では説明しにくいが)2本で叩きながら上下に動かすことで、アクセント+イントネーションを同時

Apr 01 2017 News English £1-(2) (Apr 2017)
ニュースに対して自分の意見を英語で表現するための 参考としてもらうための記事シリーズ (2)-2 ニュースに対して自分の意見を英語で表現するための参考としてもらうための記事シリーズ第2弾。今回も、3/28から流通開始となった、イギリスの new £1 coinについての記事を題材にしてみよう。 ■「情報の出し方が上手いね」編 The news says that this new coin has a hidden security feature to protect it from counterfeiting. Considering the fact that 2.55% of £1 coins in circulation were estimated to be fake in 2015, it is wise of the Royal Mint* not to reveal any details about the additional feature. But still, counterfeiters will definitely t

Mar 29 2017 News English £1 (Mar 2017)
ニュースに対して自分の意見を英語で表現するための 参考としてもらうための記事シリーズ (2)-1 ニュースに対して自分の意見を英語で表現するための参考としてもらうための記事シリーズ第2弾。今回は、3/28から流通開始となった、イギリスの new £1 coinについての記事を題材にしてみよう。 ■「これからの時代を考えると無駄が多い」編 Although the new £1 coin looks beautiful and will attract collectors, I wonder how much it will cost to change the lockers, vending machines and shopping trolleys*. Nowadays, e-cash systems are becoming more and more popular and this trend will continue. I think it would be more convenient to make them work with, s

Mar 24 2017 AERA English (Mar 2017)
AERA English 2017 Spring & Summer SCHOOL GUIDE NEWSにて ガリレオ研究室が紹介されました! 実に 1/2ページの掲載スペースをご提案していただきまして、ガリレオ研究室が徹底的にこだわり抜くコンセプトと情熱が凝縮された内容になっています! ぜひ書店に走って(まぁ歩いてもええですし、アマゾンでもええですが…)ご覧になってみてください。 ☆Here is the Path to Wonderland★ さぁ次に載るときは、メイン記事での英語解説や学習指南に登場だな( ̄▽ ̄)v ガリレオ研究室ブログ ことば の みかた ガリレオ研究室 Facebook Page ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック このメールは、ガリレオ研究室からのメール配信をご希望された方に送信しております。今後も引き続きメールの受信を希望される方は こちらをクリック してください。 今

Mar 23 2017 ask-words (Mar 2017)
ガリレオ研究室ブログ「ことば の みかた」最新記事情報です。 発音に英国の風を吹かせる "ask-words"について イギリス発音に見られる典型的な特徴として、アメリカ発音では / æ /(アとエの中間音)が現れるところで / ɑː /(口を大きく開いた「ア〜」)の発音になる単語がある。 Askが代表例であることから "ask-words"と呼ばれるのだが、これは「いかにもイギリス発音!」という印象を与える発音のひとつと言えるだろう。これを知っておけばイギリス英語の発音の聴き取りが楽になるし、身につけておけば「発音がブリティッシュですね〜(*゚▽゚*)」と憧れられる(?)チャンスにも恵まれる可能性がある。 ※何より、ガリレオは個人的にこの音の響きが好きなのだ。 askedを / ɑːst /と発音するイギリス人には "惚れてまう" ( ̄m ̄;) さて前置きが長くなったが、ask-wordsの出現する環境をまとめておこう。 (1). / f, θ, s /の前: after, half; bath, path; c

Mar 22 2017 galileo_chiebukuro_1 (Mar 2017)
ガリレオ研究室ブログ「ことば の みかた」最新記事情報です。 【ガリレオ知恵袋】 Q. 試験本番で実力が発揮できるか不安です… TOEICや英検などの試験や学校の入試、更には幅広くピアノなどの発表会、就職面接や仕事のプレゼンなどでも言えることだろうが、本番を前にして「実力が発揮できるか?」という不安を抱くことは誰もが経験のあることでしょう。 確かに、懸ける想いが強いほど、本番のプレッシャーというものは大きな影響を及ぼしかねず、練習の時には出せていた力が発揮しきれないという場合もあるだろう。実際、ガリレオ自身にも過去に英検1級(一次)や仏検準2級(二次)での「1点差負け」の 悔しい経験がある。 しかし、それでもあえて言おう。 本番で実力が出せなかった…(T ^ T)などと言ったところで、 それ、そもそも「実力」じゃねーから( ̄∇ ̄) なのである。 要するに、本番の緊張・プレッシャーの中でも出し切れる力が、本物の実力。だからこそ、稽古の段階から「最低限ここまでは確実にできる」というパフォーマンスの下限レベルの底上げを意識しておく必要

Mar 04 2017 enraku_120 (Mar 2017)
【円楽流】 (腹黒くない)テストで120点取る勉強法 YouTubeでたまたま観たんですが、瞬間的に「これはシェアしなきゃ!」と思った。円楽師匠のお母様の教えが素晴らしいです。 「目がふたつあって、耳もふたつある。ひとつでも見えるしひとつでも聞こえる。だけど倍見て倍聴いて、ひとつの頭で考えて、そして口がひとつなんだからそこでまとめて話せ。」 「間違えて覚えるから予習するな。先生の言ったことをまっさらで吸い込んで、考えて、復習はしても良いけどわからなかったらもう一回聴け。」 語学習得には自己学習が不可欠ではあるけれども、一人で進めて「まぁ大丈夫」という太鼓判を押されるまでは、手本をさらうこと(=習って復習)にのみ集中するのがよろしい。ガリレオ自身も新しい言語を学ぶときは必ずこれを守っている。 英語初学者に向かっても、「とにかくできる範囲で英文を作ってみましょう」だの「英語で日記を書いてみましょう」だの「たくさん音読やシャドウイングに励みましょう」たのと勧める輩が多い。しかしガリレオからすれば、文法や発音の基礎も身についていな

Mar 02 2017 Puffy_Not Lazy (Mar 2017)
ガリレオ研究室ブログ「ことば の みかた」最新記事情報です。 Puffy AmiYumi アメリカツアー "Not Lazy" インタビュー記事解説 まぁまぁ、損はさせへんから「今回は興味ないな…」と思わずに読んでみなさいな( ̄ω ̄) 日英語表現の発想の違いをベースに、英語⇔日本語の世界を自由に行き来するための考え方として参考にしてもらえるのではないかと思います。 「Puffyをアイスの味でたとえると?」という、日本のメディアではまずないような質問も飛び出しているので(笑)亜美ちゃんの絶妙(?)な responceにご注目♪ → Puffyアメリカツアーに伴うガリレオ研究室レッスンスケジュールに関する連絡 Puffy AmiYumi US TOUR 2017 “NOT LAZY” (4/4: L.A., 4/6: San Francisco, 4/9: Dallas)を迎えるにあたり、Doki Pressにインタビュー記事(英語)が掲載されたので、"Not Lazy"に解説していきます(^^) 元記事→

Feb 26 2017 News English Trump_3 (Feb 2017)
ガリレオ研究室ブログ「ことば の みかた」最新記事情報です。 ニュースに対して自分の意見を英語で表現するための 参考としてもらうための記事シリーズ (1)-3 ■「まだ様子見の段階」編 I think the third man in the video has got a point. Indeed, it's only been a month and thus it's too early to decide whether Mr Trump is a good President or not. What we really have to focus on is whether he can really turn things around as the man says, or he will just turn the world upside down. (大意)※直訳ではありません。 三番目の男性の言っていることに一理ある。確かに大統領就任後1ヶ月では、トランプ氏について判断を下すに

Feb 25 2017 News English Trump_2 (Feb 2017)
ガリレオ研究室ブログ「ことば の みかた」最新記事情報です。 ニュースに対して自分の意見を英語で表現するための 参考としてもらうための記事シリーズ (1)-2 ■「"HE SPEAKS HIS MIND"って言っても…」編 Although his supporters might assume that Mr Trump is honest because he appears to be speaking his mind, we should distinguish "frankness" and "honesty". I don't think he is trustworthy or well qualified as a politician, because he is neither tactful nor diplomatic. What the President is supposed to do is to manage various conflicts, rather than to

Feb 25 2017 News English Trump_1 (Feb 2017)
ガリレオ研究室ブログ「ことば の みかた」最新記事情報です。 ニュースに対して自分の意見を英語で表現するための 参考としてもらうための記事シリーズ (1) 生徒から「英語ニュースの解説は巷に溢れているが、それに対して自分の意見を述べるための参考例をガリレオに示してほしい」というリクエストがあったので、まずは Facebookで見つけた以下の BBC Newsの動画を題材に記事にしてみる。 様々な視点からの意見を表現する例を示すことを旨としているので、英文の内容についてのご意見・反論は無用。(英語表現に関する質問・コメントは大歓迎です!) 英語学習のための参考として役立ててほしい。 ■ 「政治家は当選してこそ」編 As the first lady in this video says, he does speak his mind and won the presidential election. I believe politicians today should learn to expre

Feb 21 2017 Soccer-English (Feb 2017)
ガリレオ研究室ブログ「ことば の みかた」最新記事情報です。 ガリレオ研究室 ブログ「ことば の みかた」最新記事 「相手GKに向かって猛ダッシュ」は 本当に良いプレイか?という英語教育論 ガリレオ研究室ブログ ことば の みかた 最新記事をメルマガでも紹介します。 「 コンサをアナライズ」という、北海道コンサドーレ札幌サポーターの方の以下のツイッター投稿きっかけで書いた記事: 少し前の天皇杯の川崎鹿島戦で、1人大久保がキーパーに突っ込んで、横パス一つでファーストライン突破されてるの見て、Jのトップチームでこれかと落胆したのを思い出した 同じシーン、ガリレオも「あ〜」と思ったので記憶に残っている…(-_-;) しかし、コンサをアナライズさんの ツイッターや ブログでサッカー戦術について知る前だったら、勇猛果敢にGKに向かって猛ダッシュしていく大久保選手は「気持ちのこもった良いプレイをしている」と思い込んでしまったことであろう。実際この試合を観戦していた人の中にも、同じような人がいたのではないだろうか。 サッカ

Feb 09 2017 Email Practical English Usage (Feb 2017)
ガリレオ研究室ブログ「ことば の みかた」最新記事情報です。 ガリレオ研究室 ブログ「ことば の みかた」最新記事 【ガリレオの文法・語法観を形成する文法書】 Practical English Usage ガリレオ研究室ブログ ことば の みかた 最新記事をメルマガでも紹介します。 「言語現象には必ず理由がある」-この関連で言えば、「理由」を探求するには例えば Cognitive English Grammarなどによる補完が必要であるが、 Practical English Usage (以下 PEU)は「言語現象」の把握と整理にはもってこいの文法書と言える。 今回の改訂では、現実の英語の用法の変化に伴う updateがなされており、例えば 3版の「212. future (2): will/shall (information and prediction)」は 4版では「38. will」と変わっており、shallに関する記述も以下のように変化している: (3rd): Shall is unusu

Jan 25 2017 Email センター英語(2) (Jan 2017)
2017年大学入試センター試験(英語) 第2問A 英文法・語法問題解説動画 センター英語解説動画シリーズ、第2問Aの動画をアップしました! できるだけポイントを絞りながらも、英文法の本質に迫る解説を展開しています。 是非ご視聴ください! 第2問A 問1~問5 第2問A 問6~問10 ガリレオ研究室 ホームページ ガリレオ研究室 Facebook Page ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック このメールは、ガリレオ研究室からのメール配信をご希望された方に送信しております。今後も引き続きメールの受信を希望される方は こちらをクリック してください。 今後メールの受信をご希望されない方は、こちらから 購読停止手続きが行えます Galileo's English Lab: http://language-lovers-lab.jimdo.com/ 配信停止

Jan 19 2017 Email センター英語(1) (Jan 2017)
2017年大学入試センター試験(英語) 第1問 発音・アクセント問題解説動画 先日 1/14 (土)に行われた大学入試センター試験(英語)の解説動画をガリレオ研究室 YouTubeチャンネルにアップしました。 実践に堪えうる英語力を身につけようとする際に、「センターレベル」というのはまず乗り越えなければならない段階として1つの目安。今後センター試験を受験予定の高校生はもちろん、英語力向上を目指す学習者に広く活用してもらえればと思っています(^^)/ ぜひ、ご視聴ください。 第1問A 発音問題 第1問B アクセント問題 ガリレオ研究室 ホームページ ガリレオ研究室 Facebook Page ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック このメールは、ガリレオ研究室からのメール配信をご希望された方に送信しております。今後も引き続きメールの受信を希望される方は こちらをクリック してください。 今後メ

Jan 01 2017 Email New Year (Jan 2017)
ガリレオ研究室より新年のご挨拶 ガリレオ研究室 生徒の皆さん いつもご受講ありがとうございます! 昨年は、4月に独立してスクールを立ち上げ、ガリレオ自身としても大きな意味を持つ1年となりました。言ってみれば、2016年は「土台を整えた年」で、様々な面で暗中模索しながら歩みを進めて来た感があります。そんな中、ガリレオ流を支持し、真摯な学びを持ってついて来てくださった皆さんの存在は、本当に大きな支えとなりました。 今年はよりしっかりと足元を見つめ、その土台の上に「地道にレンガを積み上げていく年」にしていきたいと思っています。皆さん一人ひとりの目標達成・実力伸長のために、創意工夫と何よりも情熱を持って指導を続けていく所存です。本年もどうぞ宜しくお願いいたします! …などという「普通の」新年のご挨拶メールで、このガリレオが終わるわけがなかろう。 「授業は0秒発進すべし」を旨とするガリレオ研究室では、元日から早速新たなる学びを発信していく。現物は別メールの到着をお待ちいただきたいが、「【ガリレオ流】新・そもそも書けるようにする英作文の修行」というメール配信型の英作文教材を

Dec 18 2016 Email Facebook Live 録画 (Dec 2016)
Facebook Live 録画公開! 一番美味しいところを 9分49秒で学べる ★英検・TOEIC メール問題攻略の鍵★ 「局所的対立」と「成立条件」 12/8に Facebook Liveで配信した「★英検・TOEIC・ビジネス英語にも役に立つ★ 英文メールの『読解法』」の授業の重要ポイントを集中的に学べる動画をアップしました! 「局所的対立」と「成立条件」をチェックすることで、受験者を惑わす選択肢をかわし、根拠をもって正解にたどり着くことができるようになります。 問題文は、以下のリンクより英検サイト掲載の過去問をご利用ください : http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_2/pdf/201602/2016-2-1ji-2kyu.pdf (p.9 3Aのメール問題の第2パラグラフを解説しています。) ☆☆☆動画授業全編は こちら☆☆☆ ライヴ動画レッスン受講希望者は、 ガリレオ研究室 Facebook Pageに「イイね」をお願いします!(配信時にプッシュ通知が届きます) ガリ

Dec 15 2016 Email Facebook Live (Dec 2016)
Facebook Live ★英検・TOEIC・ビジネス英語にも役に立つ!★ 英文メールの「読解法」 ガリレオ研究室 Facebook Pageのウェブセミナー(ライヴ動画配信)のお知らせです。今回は英検2級のメール問題を題材に扱い、TOEIC対策や実際の英文メールのやりとりにも応用できる「メールの読解法」について解説していきます。 前々回〜前回で読んだ長文問題とは異なり、メールにはメールに応じた読み解き方というものが存在します。論説文で活用した「脳内色分けリーディング」をそのまま用いて「筆者の主張 vs. 一般論」のように対比構造を捉えていくといった形にはなりませんが、やはり本文の流れを頭の中で整理しながら読むというスキルを養うことによって、「どこに何が書いてあったっけ…(-_-;)」と読み戻る必要がなくなり、テスト対策としても日常生活の中でも効率の良いメール読解が可能になります。 また、実はメールでも「局所的な対比構造」は頻繁に現れ、しかもそれは重要な内容に絡んでくる(=テストとしては狙われる)場合がほとんどです。今回の授業では、そのような対比に気づく方法・脳内整理を行う

Dec 12 2016 Email soccer_coach (Dec 2016)
ガリレオ研究室 ブログ「ことば の みかた」最新記事 「下手になるための練習」をしていないか? ガリレオ研究室ブログ ことば の みかた 最新記事をメルマガでも紹介します。 まずは下のサッカー(シュート練習)動画をご覧いただきたい。 ※ 1:48-2:40のあたりのコーチングに注目! サッカーファンの間で俗に「宇宙開発」と揶揄されるような、ゴールの枠を大きく越えて外れてしまうようなシュートが 3回続いたところで、コーチがすかさず流れを止め、" You must stop and reassess what you're doing"「一度中断して自分のしていることを再検討せよ」と指導に入っている。 続けて "All you're doing is practicing to miss the goal. It's a habit. The more times you do that, it becomes a habit."「(同じように漫然と練習を続けていても)ゴールを外す練習をしているに過ぎない。習慣の問題だ。外せ

Dec 11 2016 Email Facebook Live 録画 (Dec 2016)
Facebook Live 録画公開! 一番美味しいところを 7分51秒で学べる ★英検で確実に正解にたどり着く★「2色の勢力争い」という考え方 12/8に Facebook Liveで配信した「『脳内色分けリーディング』は英語初〜中級者でも使える!」の授業で、【最も美味しいところ】を 7分51秒で学べる動画にしてアップしました。英検準2級長文内容一致問題を題材に、「脳内色分けリーディング」のノウハウを利用して、迷うことなく正解の選択肢にたどり着くための方法を解説しています。 問題文は以下のリンクより英検サイト掲載の過去問をご利用ください → http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_p2/pdf/201602/2016-2-1ji-p2kyu.pdf (p.10の問題 Songlinesの第4パラグラフを題材に解説しています) ☆☆☆動画授業全編は こちら☆☆☆ ライヴ動画レッスン受講希望者は、 ガリレオ研究室 Facebook Pageに「イイね」をお願いします!(配信時にプッシュ通知が届きます)

Dec 08 2016 Email Facebook Live (Dec 2016)
Facebook Live ★「脳内色分けリーディング」は英語初〜中級者でも使える!★ ガリレオ研究室 Facebook Pageのウェブセミナー(ライヴ動画配信)のお知らせです。12/1に「高校2年生を英検準1級合格に導いたリーディングの授業」と題して解説を行ったウェブセミナーの続編を配信します! 今回は英検準2級の過去問を扱い、「脳内色分けリーディング」の考え方が上級者だけでなく、英語初〜中級者にとっても非常に有効であることを証明していきます。 前回の配信では英検準1級の過去問を扱ったため、「自分には準1級なんて遠い目標だし…」とか、「もともと英語の得意なレベルの高い人向けの授業でしょ?」という印象を抱いてしまった人もいるかもしれません。 しかし、そんなことは全くないのです!早い段階から「脳内色分けリーディング」に基づいた正しい英語の読み方を身に付けることは、英語学習を加速させる大きな原動力となります。 ぜひ、ご視聴ください。 【日時】 本日 12/8 (木) 20:00〜 (40分前後のウェブセミナーとして配信予定です。) ガリレオ研究室の

Dec 07 2016 Email ビリゆみ第2話_1 (Dec 2016)
ビリゆみ家出する。 ビリゆみ第2話は、ガリレオが自身の過去の Skypeレッスンを振り返った際、大きな反省材料となる時期の記録となる。最終的には「ビリゆみの家出」という事件をもって気付かされたガリレオの誤謬を、恥を忍んで記すことにより、初心を忘れず今後の自らのレッスンを省みるための指針として定めておくとともに、当時のゆみこちゃんへ、せめてもの罪滅ぼしをしたいと思う。 続きを読む 【「ビリゆみ」とは?】 ガリレオ研究室のコンテンツのひとつ。 ガリレオの Skype英語レッスンの実践研究のまとめであり、同時に英語学習の道をさまよい続けていた学習者の成長を記録し、改めて分析・検討を行う場でもある。 「ガリレオ先生」の名付け親であり、2013年以来モナコの地よりガリレオの Skypeレッスンを受講し続けてくれている、更家由美子さん(デューク更家夫人)の物語を、あなた自身の英語学習の海図として役立てていただきたい。 なお、記事内では更家さんのことは、普段の師弟関係の間で呼んでいる「ゆみこちゃん」と親しみを込めて表記させていただく

Dec 03 2016 Email Facebook Live 録画 (Dec 2016)
Facebook Live 録画公開! ★高校2年生を英検準1級合格に導いたリーディング授業★ 先日 Facebook Liveとして配信した動画を、編集の上で YouTubeにアップしました! 一体どの口が「Skypeの初回レッスンでも自己紹介は求めません!」などと見得を切っているんだ⁉︎…というほどに、ライヴでは長々と前置きに時間をかけてしまった反省から、不要な部分はバッサリとカットし、より学びの内容に集中できるように修正しました (^_^; 録画で学習したい方は、ぜひこちらをご視聴ください。 【内容】 「脳内色分けリーディング」を身につけて、論理構造を整理して読めるようになろう! the serpentine columbine, trichomes...知らない単語が出てきても、「文書全体の流れ」を見失わずに読み解くには? 出題者の仕掛けるトラップに引っかからず、正解の選択肢にたどり着くために必要な考え方とは? 解説する問題文は、以下のリンクより英検サイト掲載の過去問をご利用ください : → http://www.ei

Dec 01 2016 Email Facebook Live (Dec 2016)
Facebook Live ★高校2年生を英検準1級合格に導いたリーディング授業★ ガリレオ研究室 Facebook Pageのウェブセミナー(ライヴ動画配信)のお知らせです。先日メルマガでも紹介させていただきました、英検準1級に合格した生徒(mirioさん)が、苦戦していたリーディング問題の壁を突き抜けるきっかけとなった指導のエッセンスを、動画講義形式でシェアしていきます。 「脳内色分けリーディング」の考え方を広く伝えることにより、英語長文のリーディングに苦手意識を持つ学習者を一人でも多く減らしていきたい!…という思いを込めて解説を行います。 ぜひ、ご視聴ください。 【日時】 本日 12/1 (木) 20:00〜 (50分程度のウェブセミナーとして配信予定です。) ガリレオ研究室の Facebook Pageにアクセスしてご視聴ください。 ページに「イイね」をしておいてくださると、配信開始時にプッシュ通知が届きます。 【内容】 「脳内色分けリーディング」を身につけて、論理構造を整理して読めるようになろう! the serpentin

Nov 25 2016 Email 英検準1級(2) (Nov 2016)
本物の高校英語 英検準1級合格! ~ 二次試験対策編 ~ ガリレオ研究室の学生向け Skypeレッスン「 本物の高校英語」を継続受講してくれている生徒が、このたび英検準1級に合格しました! 昨日の配信に引き続き、今回は二次試験対策の指導について紹介していきます。 二次試験対策 ガリレオの信条としては、英検の二次試験というものは、一次試験に合格できる実力を持った受験者が「ノーマル」に面接で話をしてくれば、当然合格を手に入れられるものと考えている。(ただし一次試験の合格という結果が、例えば「頻出単語の丸暗記」や「英作文のテンプレート解答案の丸写し」による点数稼ぎで得た実力不相応なものであれば事情は異なるが…ガリレオ研究室の生徒に関しては、その心配には及ばない。) それを踏まえて、二次試験対策のアプローチは「合格レベルのナレーション・応答を確実にやっていく」という方針で指導を行った。二次試験に関しては、レッスン後に送っているレビューのやり取りの一部を紹介するので、実際の指導を垣間見てほしい: ガリレオ→生徒: 二次試験対策 1回目のレッス

Nov 24 2016 Email 英検準1級 (Nov 2016)
本物の高校英語 英検準1級合格! ~ 一次試験対策編 ~ ガリレオ研究室の学生向け Skypeレッスン「 本物の高校英語」を継続受講してくれている生徒が、このたび英検準1級に合格しました! 8月半ばから英検対策の授業を始め、今回も直前期には部活の大会などの忙しいスケジュールをぬって週3回の集中受講をしてくれるなどの努力を重ね、回を重ねるごとに指導内容を確実に自分のものにしていってくれた成果が現れたものだと感じていますo(^_^)o 今回のメルマガでは、一次試験対策の指導について紹介していきます。 一次試験対策 一次試験対策としては、まず論理関係を押さえながら長文を読解する力の養成に集中的に取り組んだ。 具体的には… Google Driveの Web資料で本文を色分けしながら、筆者の主張 vs. 対立意見、第3の視点(およびそれぞれの抽象的な要約箇所と具体例)を整理した読解 上記の力をもとに、馴染みのない内容や専門用語が出てきても文脈から内容を把握していく方法(授業で扱った過去問には、 serpentine columbineという植物に

Nov 20 2016 Email 生徒のレビュー (Nov 2016)
ガリレオ研究室ホームページ 生徒のレビュー公開! ガリレオ研究室で学ぶ生徒にご協力いただき、この度ホームページで新たに「生徒のレビュー」の公開に至りました! 上の画像にもあるように、生徒からいただいた感想の一部には、「ガリレオより」という形でコメント・補足を加え、英語学習に役立つポイント・心構えをシェアしています。 ぜひ、ご一読ください。 → 生徒レビューを読む なお、今後も生徒の声が届き次第、随時更新を行っていきます。Stay tuned!! ガリレオ研究室 ホームページ ガリレオ研究室 Facebook Page メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック このメールは、ガリレオ研究室からのメール配信をご希望された方に送信しております。今後も引き続きメールの受信を希望される方は こちらをクリック してください。 今後メールの受信をご希望されない方は、こちらから 購読停止手続きが行えます Galileo's English Lab: http://language-l

Nov 18 2016 Email MU64U (Nov 2016)
英語がわかればインパを10倍楽しめる!#2 ガリレオ研究室の Facebook Pageでの最近の記事をメルマガでも紹介します。 本日11/18は、ミッキー&ミニーの誕生日(スクリーンデビュー日) そしてガリレオの誕生日でもある。 そんなわけで、今日は「ミッキーの家とミート・ミッキー」も賑わっていることと思われるが、今回の記事で紹介するのはミッキーの家にあるピアノ付きの車のナンバープレート。(Movie Barnの映写室の手前・ニワトリがいる納屋の入り口にあります。) 日本でも数字の語呂合わせになっているナンバープレートを見かけることがあるが、欧米ではアルファベットと組み合わせて意味を持たせることができる。 さて、あなたはこのナンバープレートを「読み解ける」だろうか? ヒントとしては、上に書いた通りこれは普通の車ではなくピアノが上にくっついてる(文章では説明しにくいが…)ということ。 解答は こちら (← Facebook Pageの記事に飛びます) ガリレオ研究室 Facebook Pag

Nov 17 2016 Email オシム語録 (Nov 2016)
わかるか。 すでに自分で限界を作ってしまっていることを。 【オシム語録×ガリレオ節】 ガリレオ研究室ブログ ことば の みかた 最新記事をメルマガでも紹介します。 繊細で弱い。その思い込みが自らの "限界"を定めてしまう。 日本人は欧米人ほど筋肉がついていないから、フィジカルに負荷をかけられない-。その通説に対してオシムは、ジェフ時代も日本代表の監督時代も、一度として日本人選手のフィジカルに問題を抱えたことはなかったという。繊細で弱い。そう思い込むのは、コンプレックスであり、そこから逃れられずにいることが自身の限界を定めてしまう。まずは、心の壁をなくして自分を解放せよ、とオシムは提言する。 『 オシム語録 人を導く126の教え』(pp. 12-13) これは日本人サッカー選手のフィジカルに対するオシム氏の考えであるが、日本人英語学習者の英語学習に対するメンタリティにも通じるものがあるのではないだろうか。 典型的には発音だろう。「ある程度の年齢に達した後の語学学習では、ネイティヴのような発音は身につけられない」という限界設定。確かにネイティヴと「全く同

Nov 11 2016 Email イヌネコメソッド (Nov 2016)
contact = ネコ ~英語も高低アクセント~ ガリレオ研究室ブログ ことば の みかた 最新記事をメルマガでも紹介します。 英語の発音解説では、よく「日本語=高低アクセントであるのに対し、英語=強弱アクセントだ」という言われ方をされてしまうが、この認識は不正確である。 英語らしい発音の肝となるのは、「強く言うべき音節は高く・長く・はっきりした母音で、弱く言うべき音節は低く・短く・あいまい母音で」発音するというメリハリをつけることである。日本語ネイティヴの学習者に対し、母語で生じない「ある部分を『弱く』言え」というアドヴァイスは通じにくいはずである。一方で音の高低差に関しては、例えば「あめ:雨/飴」や「はし:箸/橋/端」など、日本語の例と結びつけてはっきりとイメージしてもらいやすい。 先日のTOEIC講座にて、"Please contact my assistant..."という文を言うときに、contact |ˈkɒntækt |をどうにも oO のように発音してしまう生徒がいた。勘違いであっても癖がつくと治りにくいもので、単語

Nov 01 2016 Email us election obama (Nov 2016)
US Presidential Election 2016 そしてオバマはこう言った。 ガリレオ研究室の Facebook Pageでの最近の記事をメルマガでも紹介します。 元記事: President Barack Obama Is Doing His Best to Calm Your Election-Day Nerves President Obama: "No matter what happens, the sun will rise in the morning, and America will still be the greatest nation on earth." [解説] ・No matter what happens / たとえ何が起きようとも → no matter + wh-節: たとえ〜でも(Whatever happensとも表現できるが、No matter what... の方がくだけた言い方) ・the sun will rise in the morning / 朝になれば太陽は昇り → willは主語

Nov 01 2016 Email the top of the stairs (Nov 2016)
「階段の上/下」は英語で? ガリレオ研究室の Facebook Pageでの最近の記事をメルマガでも紹介します。 英語を学んでいれば、upstairs / downstairs という表現は遅かれ早かれ身につくであろう。しかし「階段の上/下」となると?…案外盲点になるのではないだろうか。 階段の上 = the top of the stairs 階段の下 = the foot of the stairs ガリレオ自身も痛感することだが、外国語環境での英語学習では、英語圏での日常生活でリアルに必要となるような表現が意外に頭に入っていないことがよくある。 学習環境の壁を越えるのは簡単ではないし、打開策と呼べるような画期的なアイディアを有しているわけでもないが、自身の学習を俯瞰で眺め、足りない部分を「知っておく」だけでも違うはずである。 この意味でも今年、数日間ながら Londonことば・文化探訪に行けたのは有意義な経験であった。周囲の人たちが話す英語表現に鋭くアンテナを伸ばし、言えなくて悔しい思いをした表現は調べて次の機会には言えるように

Oct 31 2016 Email svoc (Oct 2016)
S, V, O, Cの英語学習における practicalな重要性 ガリレオ研究室の Facebook Pageでの最近の記事をメルマガでも紹介します。 誤解を恐れずに言えば、5文型やSVOCというのは、それ自体がさして重要なものではない。少なくとも、文型や英文の構造が把握できるということは、英語学習の「目的」などではありえなく、むしろ英文法に則った英文を理解・産出できるようになるための「補助輪」に過ぎない。 ========== それでも、先日の TOEIC 500点講座の際、生徒がまだ主語や補語といった文法用語とS, Cといった記号の対応関係を充分に習熟しておらず、それゆえにいちいち主語だの補語だのという日本語でメモを取ろうとしていたため、「記号で書くのに慣れろ!」と注意を促した。 これは何も、Subject, Complementなどという英語の用語をアリガタがるつもりでもなく、単純にアルファベット1文字の方が格段に画数が少ないから。1秒もかけずにSだのCだの書き終えてくれた方が、授業の密度を少しでも濃くすることができる。その意味では

Oct 30 2016 Email coral group (Oct 2016)
英語がわかればインパを10倍楽しめる! ガリレオ研究室の Facebook Pageでの最近の記事をメルマガでも紹介します。 先日、久しぶりの陸インしてきました。(訳:東京ディズニーランドへ行ってきました。)実はディズニーには、英語のことば遊びに基づいた「小ネタ」がそこかしこに隠れているので、1つ紹介します。 ===== この記事の写真は、「ミッキーのフィルハーマジック」のシアターに入る前の待合室で撮ったもの。人魚姫アリエルの "coral group"と書かれているのは、 choral:「合唱の」と coral:「サンゴ(の)」という、共に(アメリカ発音では)| ˈkɔːrəl | と発音される2つの語をかけたシャレ。また、下の "A Must Sea!"というのも、 "A Must See!"「必見」とかかっている。 ことば遊びを勘案して、日本語で表すならば、例えば 「アリエル率いる混成サンゴ合唱 見ないと後海!」 …なんてところだろうか? ===== このように、知らなければ気にも留めることなく見過ごしていたようなものが、知

Oct 29 2016 Email tongue twister (Oct 2016)
ののの桃も 野茂の桃も ののの物 (できるだけ早く言ってみてください) ガリレオ研究室の Facebook Pageでの最近の記事をメルマガでも紹介します。 もう10年近く前になるかと思うが、月刊『言語』という雑誌に載っていた、言語学者の考える難しい早口言葉。(ちなみに「のの」とは朝日新聞の4コマ漫画の主人公の名前) ののの桃も 野茂の桃も ののの物 早口言葉の言いづらさの裏にある言語学的仕組みはいくつかあるが、 同じ発音の繰り返し(例:「桃も」) 調音点の細かい切り替え(例:「野茂の桃」→ /n/と /m/が交互に現れ、その度に「舌先を上歯茎につける」という動作と「両唇を閉じる」という動作を繰り返さなければならず、忙しい) 切り替えのタイミング(例:「ののの物」→「の」を繰り返している途中で、1回だけ正しい位置で「も」に変えなければならない) …といった factorsが挙げられる。 こうした仕組みを踏まえ、「の」と「も」の繰り返し・切り替えを忙しく行う必要のある冒頭の早口言葉は、かなり難易度の高いものとなっている。言えるか

Oct 12 2016 Email 3-5saiji (Oct 2016)
「英会話なんて、ネイティヴの 3~5歳児の子供でもできる簡単なもの」 … 母語獲得をナメるんじゃねぇ! ガリレオが、それこそ3~5歳の可愛い子供だった頃、ドラエもんの漫画の一コマで、どうにも腑に落ちないものがあった: ドラ「霧がでてきたよ。」 のび「ちがうよ、霧がでたんだよ!」 今となっては、霧のでた様子が graduallyではなく suddenlyなのだ…ということを強調する意図だと理解できるが、当時はのび太くんがどうして「!」までつけて「ちがうよ」と言っているのかわからず、数年にわたって不思議な会話と思っていた。 ===== 冒頭に挙げたような、「英会話なんて、ネイティヴの3~5歳児の子供でもできる簡単なもの」→「だから文法など難しく考えなくて良い・小さな子供が話すような文構造、語彙で文を組み立てて『コミュニケーション』すれば通じる」…などという愚論・暴論を弄する輩というのは、残念ながら相変わらず絶えることがない。 しかし、上の anecdoteからも示唆される通り、子供の母語獲得も決して「簡単に」行われているわけではない。 確かにそ

Sep 26 2016 Email schedule (Sep 2016)
【ガリレオ研究室からのお知らせ】 9/26 (Mon.)以降の授業スケジュールにつきまして ガリレオ研究室 生徒の皆さん お待たせいたしました!休暇期間を経て、ガリレオがリフレッシュして戻ってきましたo(^_^)o 台湾旅行の目的であった Puffyのライヴは、 台風16号の影響によって中止となってしまい、その知らせを受け取ったのが現地到着後であったため、謎に単なる台湾旅行となってしまったのですが…(T ^ T) ファン仲間と「悲しみの宴」と称して集まったり、なんだかんだで楽しんできました♪ さて、本日 9/26よりレッスンを再開しますが、今週より私立大学でのTOEIC講座の担当が決まったため、レッスンスケジュールが変更となりますのでお知らせいたします。 ========== 1. 毎週水曜日のレッスン可能時間の変更 TOEIC講座担当のため、12/21までの毎週水曜日のレッスン時間を以下の通りとさせていただきます。 13:00~15:30 および 23:00~23:50 ========== 2. Live from 221Bの配信曜

Sep 06 2016 Email GSI 文法例文 (Sep 2016)
Galileo Studies Italian 文法問題の例文にも「文脈」がある! ガリレオが学習中のイタリア語のテキストに出てきた例文: Come mai questa mattina non hanno pulito le strade? (How come they haven't cleaned the streets this morning?) 「今朝はどうして道路が掃除されていないの?」 文法エクササイズとしては Passato prossimo (avere + 過去分詞→例文の場合は hanno pulito) がターゲットで、その部分の空欄を正しく埋められれば、教材的にはとりあえず「マル」ということになる。 しかし、こうした単純な文法問題の例文こそ、言わんとしている意図や背景となる文脈を考えていくことが、実際に使いこなすための範例として記憶に残すために重要な姿勢といえよう。 上の例文の場合、つまりは「例えば公共サービスの一環などで、普段なら道路がきれいにされているはずであるが、今朝に限ってはゴミが散乱している。」という状況が目の前

Sep 01 2016 [Live from 221B] BN (Sep 2016)
Live from 221B バックナンバー得点のご案内です。 YouTubeプレイリスト Live from 221B バックナンバー: September 2015 ガリレオ研究室 継続受講生のみなさん Live from 221B ~Season 2~ のバックナンバー特典、今月は2015年9月のプレイリストをお届けいたします。 今月も、以下のURLより Sherlockの世界をお楽しみください! ========== ・プレイリストのURL https://www.youtube.com/playlist?list=PLRh1r4IwjNUoro3Xty3rU5ryUiE8dHYpJ ・テキスト https://drive.google.com/file/d/0B5MDmjNM2FjzM0w0cjdEVTY3R3M/view?usp=sharing ・課題ファイル(毎授業後に作成:学習内容の定着にご活用ください) https://drive.google.com/file/d/0B5MDmjNM2Fjz

Aug 30 2016 Email 言語現象には理由があ&# (Aug 2016)
ガリレオ研究室の YouTubeチャンネル新着動画レッスンのお知らせです。 【言語現象には理由がある】 教えてガリレオ先生! どうして Alpsには theがつくの?(富士山にはつかないのに) 今回の動画では、英語で「山」は (Mt) Fujiや Evelestのように定冠詞 theを伴わないのに対し、「山脈」になると the Alpsのように theを伴う…といった言語現象を出発点として、【the + 固有名詞】の使用原理に関して解説を行っている。 おそらく今までは「そういうものだから覚えましょう」で済まされてきてしまったであろう、英文法の細かい疑問にこそ、英語ということばの本質が隠されているものである。是非ご視聴の上、 theのような単語一つに至るまで、英文法の体系の中で確固たる存在理由の元に仕事をこなしているという事実を確認してほしい。 #英語 #固有名詞 #定冠詞 #theの使い方 #英文法 #動画レッスン #教えておじいさん #誰がおじいさんやねん ガリレオ研究室の YouTube

Aug 18 2016 Email 言語現象には理由があ&# (Aug 2016)
【言語現象には理由がある】 furnitureはなぜ数えられないのか? 今回の動画では、 furniture, fruit, advice, newsのように、日本語ネイティヴの感覚では英語で「数えられない」ものとして扱われる理由が捉えにくい名詞について、 【集合の捉え方】という切り口から解説を行っています。 暗記頼みではなく、「なぜそうなるのか?」という理由まで深く探求することによって納得して英語を使いこなせる高みへと、ぜひ歩みを進めていっていただきたい。 ガリレオ研究室の YouTubeチャンネルにご登録いただければ、 最新の更新をいち早くキャッチできます。ぜひ訪れてみてください。 ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル Share Share Share メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック このメールは、ガリレオ研究室からのメール配信をご希望された方に送信しております。今後も引き続きメールの受信を希望され

Jul 01 2016 [Live from 221B] BN (Jul 2016)
YouTubeプレイリスト Live from 221B バックナンバー: July 2015 ガリレオ研究室 継続受講生のみなさん 動画配信型レッスン Live from 221Bが、 A Scandal in Belgravia(および原作の A Scandal in Bohemia)を題材に Season 2として配信を開始し、今月で丸1年を迎えました! これを記念いたしまして、今月より動画レッスンのバックナンバーのプレイリストを特別無料公開することに決定しました(^o^)/ 【約50分レッスン x 月4回】の授業プレイリストを、現在進行形で配信を行っているスケジュールからちょうど1年前の月ごとに丸ごと公開する形になります。 もちろん、最新のレッスン配信をリアルタイムでご受講いただく際には、正式にレッスン受講されている生徒だけが見られるように設定をしているわけですが、1年間で蓄積されたバックナンバーに関しては、一人でも多くの生徒の英語力伸長の一助となるべく、惜しまずに公開していくスタンスでいこうと思います。 以下、ご視聴・学習に必要なURLのご案

Aug 16 2016 Email Facebook Live #1 (Aug 2016)
ガリレオ研究室 Facebook Live 「リスニングの解剖」 〜聞き取れるようになるには何が必要なのか?〜 今回のメルマガでは、8/9 に行った Facebook Live配信の模様をお送りします。 [内容] ことばを聴き取るとき、脳の中では何が起こっているのか? リスニング学習の「壁」はどこにあるのか? リスニング力向上のための効果的学習法とは? リスニングの認知メカニズムの説明から、(1) 音声的側面 と (2) 言語的側面 という2種類の学習上の壁の存在、およびその乗り越え方を解説している。 ガリレオ研究室の Facebook Liveは、ホワイトボードに板書をして説明する場面もあるが、基本的には「聴くもの」として位置付けている。 『思考の整理学』などの著書で有名な言語学者の外山滋比古先生は、「耳のことば」の大事さを説き、頭のはたらきとしてより高度なのは耳で聴いて理解することであると述べている。(参考: 伊集院光とらじおとゲストと ゲスト:外山滋比古【言語学者】) その意味においても、ぜひ視聴の上、自身の英語

Aug 12 2016 Email ガリレオ流教育論#2 (Aug 2016)
ガリレオ流教育論 教員免許更新講習に望むこと 今回のメルマガでは Facebook pageにも投稿した「ガリレオ流教育論」を配信します。 ガリレオ研究室の教育・指導方針を理解していただくとともに、子育て・仕事・部活やサークルなど、広い意味で捉えれば日々「教育の担い手」となりうる読者諸君の参考にぜひ役立ててほしい。 ■ 免許の更新 = 入国審査 免許の更新というのは、言ってみれば「入国審査」や「飛行機搭乗前の手荷物検査」である。すなわち、大半(であるはず)の善良な人たちは出来るだけスムーズに通過できるように手はずを整え、一方で通過すべきでない輩は間違っても通してしまわないように、厳正なチェック機能が必要である。 お盆休み期間の集中講義というのが、教員免許講習が各地で行われる時期の一つではあるが、免許状を「人質」にとって、教職を続けたいならば否応なしに講習を受けさせるというのであれば、上に示したような然るべきチェック機能を持った機会を整える必要があろう。 多大なる時間・コスト・労力をかけて、対象者を等しくふるいの上に乗せる割には、ただ黙って(半分

Aug 09 2016 Email Facebook Live #0 (Aug 2016)
ガリレオ研究室 Facebook Live 〜言語観・文法観・学習実践の最適化を目指して〜 ※ 動画 1:30頃からスタートします。 今回のメルマガでは、8/6 (土) に行ったテスト配信の模様をお送りします。 Facebook Liveは、今年正式リリースされたばかりの最新機能であり、特に海外のVIPにとっては、ちょうど1年前(2015年8月)から先行して機能提供がなされていたこともあり、新たな情報発信および交流の場として活躍の場を広めるのに一役買っている。 そこでガリレオ研究室においても、この機能をいち早く取り入れ、英語学習者に利する様々な情報を、より interactiveな形で提供していくために利用していくつもりである。 本メルマガで配信したテスト配信(上の動画)は、Facebook Liveを利用したライヴ配信のコンセプトや目指す形を説明する、いわば Steve Jobsの product launchのような位置付けの内容。 動画後半 (13:24頃~)では、早速第1回目の内容として、「カテゴリー知覚」というリスニングのメカ

Aug 03 2016 Email ガリレオ流英語学習論#1 (Aug 2016)
ガリレオ流英語学習論 国際英語という「あたりまえ体操」 Puffyの秋のホールツアーに台湾が組み込まれた関係で、9月に初めて台湾を訪れる予定なのだが、予約したホテルが改修 (renovation)期間と重なるという連絡が来て、同系列の別なところに泊まる運びとなった。 あたりまえのように英語でメールが来て、あたりまえのように英語で返信をし、事なきを得たどころか無料 upgradeという結果となったので良かったのだが、まだまだ世の中にはこうした「あたりまえ体操」に参加できるに至らない英語学習者がごまんといる。 English as an International Language (EIL)の実情としては、"Do you speak English?"などという確認作業すら行われない。それを訊かれる時点で、「日本人」という stereotypeによってナメられていると思った方が良い。 「国際社会では英語くらい話せないと…」系統の言説には、各論レベルでは物申したい部分もあるが、現状を鑑みると「便利」であることは間違いない。また、色々な意味で人生を豊かにする

Aug 01 2016 [Live from 221B] BN (Aug 2016)
Live from 221B バックナンバー得点のご案内です。 YouTubeプレイリスト Live from 221B バックナンバー: August 2015 ガリレオ研究室 継続受講生のみなさん Live from 221B ~Season 2~ のバックナンバー特典、今月は2015年8月のプレイリストをお届けいたします。 今月も、以下のURLより Sherlockの世界をお楽しみください! ========== ・プレイリストのURL https://www.youtube.com/playlist?list=PLRh1r4IwjNUprEKQS31DS32FWx6S986d- ・テキスト https://drive.google.com/file/d/0B5MDmjNM2FjzM0w0cjdEVTY3R3M/view?usp=sharing ・課題ファイル(毎授業後に作成:学習内容の定着にご活用ください) https://drive.google.com/file/d/0B5MDmjNM2FjzWEt

Aug 01 2016 Email NewsEnglish (Aug 2016)
The English Observatory 今回は YouTube動画で学ぶ 「今、この世界で話されている英語」(2016 7/23~31) ガリレオ研究室の Facebook pageに投稿した記事と解説をまとめて配信します。 まさに今、世界で話題になっているテーマにおけるキーワードを取り上げているので、ぜひ即戦力として役立ててもらいたい。 Genie in a Bottle ■ ジーニーの瓶詰め? Genie in a Bottle という動画タイトルを見て、ジーニーは「ランプ」の魔人じゃないのか?と思い、調べてみると、そもそも genieの英英辞典での定義に「a bottle または a lampに住む」という記述があった: genie (in Arabian stories) a spirit with magic powers, especially one that lives in a bottle or a lamp (アラビアの物語で) 魔法の力を持つ精霊。とりわけランプや瓶に住むものをいう。 [OALD; 訳はガリレオに

Jul 26 2016 Email 言語現象には理由があ&# (Jul 2016)
【言語現象には理由がある】 先生大変です!! Sundayに aが付いてますぜ! 今回の動画では生徒から質問のあった以下の文を取り上げ、曜日に不定冠詞 aが付く理由から始まり、「a = ショッカー理論」を展開しています。 冠詞の使い方にいつも迷ってしまうという英語学習者は必見。 ガリレオ研究室の YouTubeチャンネルにご登録いただければ、 最新の更新をいち早くキャッチできます。ぜひ訪れてみてください。 ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル Share Share Share メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック このメールは、ガリレオ研究室からのメール配信をご希望された方に送信しております。今後も引き続きメールの受信を希望される方は こちらをクリック してください。 今後メールの受信をご希望されない方は、こちらから 購読停止手続きが行えます Galileo's English Lab: http:

Jul 25 2016 Email NewsEnglish (Jul 2016)
The English Observatory TIME/BBC/FTで学ぶ 「今、この世界で話されている英語」(2016 7/15~22) 先週に引き続き、ガリレオ研究室の Facebook pageに投稿した記事と解説をまとめて配信します。 まさに今、世界で話題になっているテーマにおけるキーワードを取り上げているので、ぜひ即戦力として役立ててもらいたい。 Here’s the Memory Trick That Science Says Works ■ Pick up文法解説:関係代名詞 Here’s the Memory Trick That Science Says Works そもそも記事タイトルを正しく理解できるかというところで、カギとなるのが関係代名詞。「意味のまとまり」を正しく分析できないと、'... Says Works' の部分でお手上げとなってしまうことだろう。 関係代名詞に導かれる節(関係節)というのは、先行する名詞句(先行詞)を詳しく説明する説明文の役割を果たすものであり、よって ①メインの文 と ②説明文 の区切りを把

Jul 23 2016 Email NewsEnglish (Jul 2016)
The English Observatory TIME/BBC/FTで学ぶ 「今、この世界で話されている英語」(2016 7/15~22) 先週に引き続き、ガリレオ研究室の Facebook pageに投稿した記事と解説をまとめて配信します。 ただし、前回のメルマガで複数投稿をまとめて配信したら、情報量が膨大すぎるメルマガになってしまった感があったので、今回から1投稿ごとに記事にします。 まさに今、世界で話題になっているテーマにおけるキーワードを取り上げているので、ぜひ即戦力として役立ててもらいたい。 Line: A guide to Japan's messenger giant ■動画(LINEのやり取り)解説 sell shares: 株式を売る (⇔ buy shares) What's LINE? --(It's) A messenger app like Whatsapp or Facebook Messenger → 相手の知らないものを、より馴染みのある似た何かで説明するときに参考になる表現。日本の感覚では信じがたいが、欧米で

Jul 15 2016 Email NewsEnglish (Jul 2016)
The English Observatory TIME/BBC/FTで学ぶ 「今、この世界で話されている英語」(2016 7/8~14) ガリレオ研究室の Facebook pageにおいて、7/8より突如「1日1投稿」を始め、まぁ今のところ続いています。(天才のひらめきは突然起こるものである。) そのメインコンテンツとなっているのが、TIME/BBC/Finaicial Timesなどの記事を取り上げての英語解説。 現在は特に Brexit(イギリスのEU離脱)関連の記事を取り上げることが多くなっており、「今、この世界で話されている英語表現」をことばとして観察する内容となっている。 今回の記事では、この1週間で投稿した記事と解説をまとめて配信します。 まさに今、世界で話題になっているテーマにおけるキーワードを取り上げているので、ぜひ即戦力として役立ててもらいたい。 Brexit: Dual nationality on the table for Britons? ■Vocabulary dual nationality | ˈdjuːəl ˌ

Jul 13 2016 Email (Jul 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた最新記事 【London ことば・文化探訪】#10 Team Teaching始動へ!(1) ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 Londonことば・文化探訪記、あとちょっと続きます! ぜひ、ご一読ください。 ■ London最大級の本屋 Waterstonesで Claudia先生に会う ガリレオ研究室の誇るレッスンメニューとして、現在公開準備を進めている Team Teaching. 地理的な制約を超えて世界のどこからでも受講可能な Skypeレッスンの利点を活用し、ガリレオによる授業と London在住のネイティヴ教師との実戦演習を有機的に組み合わせた英語学習を可能にする環境を整えていきます。 今回の London訪問では、その Team Teachingレッスンで team upする Claudia先生と会う機会にも恵まれた。もちろん、それまでも Skypeで「顔を合わせて」打ち合わせを重ね

Jul 12 2016 Email ガリレオ流教育論#1 (Jul 2016)
ガリレオ流教育論 やってみせ 言って聞かせて させてみて  ほめてやらねば 人は動かじ ー 山本五十六 今回のメルマガでは、先日 Facebook pageに投稿した「ガリレオ流教育論」を配信します。新たなシリーズテーマとして折に触れて考えを発信していく予定です。 ガリレオ研究室の教育・指導方針を理解していただくとともに、子育て・仕事・部活やサークルなど、広い意味で捉えれば日々「教育の担い手」となりうる読者諸君の参考にぜひ役立ててほしい。 やってみせ 言って聞かせて させてみて  ほめてやらねば 人は動かじ ー山本五十六の名言として有名で、教員(志望含む)連中で座右の銘としている者もよく見るが、解釈のされ方に違和感を覚えることも多い。 「ほめてやらねば 人は動かじ」といっても、のべつまくなし・一事が万事・味噌クソ一緒にほめちぎれば良いって意味ではないでしょ。 ガリレオの理解では、 1. やってみて:自ら模範を示し ↓ 2. 言って聞かせて:自分のレベルまで達するための指導を行い ↓ 3. させてみて ↓ ☆4. 充分な水準に達していなければダメだと伝

Jun 30 2016 Email How to Read People Like Sherlock Holmes (Jun 2016)
The English Observatory TIMEで学ぶ英語 How to Read People Like Sherlock Holmes 今回のメルマガでは、最近ガリレオが興味を持って読んだ TIME.comの記事の冒頭部分を紹介し、その中に出てくる英語表現やことばの仕組みを探求していきます。 記事全文は こちら This Is How To Read People: 5 Secrets Backed By Research Body language is key We’d all like to learn how to read people like Sherlock Holmes. And research shows understanding things like body language is even more powerful than you might think. MIT found that the outcome of negotiations could be predicted by body lan

Jun 23 2016 Email (Jun 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた最新記事 【London ことば・文化探訪】#9 レストランに入る ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 Londonことば・文化探訪記は続きます! ぜひ、ご一読ください。 ■注文方法から見えてきた日英食文化の違い Harry Potterのスタジオ見学ツアーから戻り、遅めの夕食へ。スタジオにもレストランはあったのだが、グッズショップすら素通りしなければいけなかった中、いわんや食事の暇など…という話。恐らく、時間の決まっているツアーで行く場合は、食事は別途考えた方が良いと思われる。 そんなわけで、Kings Cross駅の mezzanine | ˈmezəniːn | :「中2階」の shared service yard にあるイタリアンレストラン Prezzoに入ってみる。 レストランの入り口には Please wait to be seated.「席にご案内するまでお待ちください。」と

Jun 17 2016 Email (Jun 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた最新記事 【London ことば・文化探訪】#8 魔法の coach に乗って Harry Potterの世界へ(魔法編) ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 Londonことば・文化探訪記はまだまだ続きます! ぜひ、ご一読ください。 *今回より、メルマガ内で全文を読めるように変更いたしました! ■The Making of Harry Potter 今回の記事では、いよいよ魔法の世界へ − Warner Bros. Studio Tour London - The Making of Harry Potter の見学ツアーについて書いていこうと思う。 ここではガリレオも、普段 Muggle の世界では抑えている magical power を余すことなく発揮することができるというもの。ちなみに、ガリレオは Luna Lovegood と同じ Ravenclaw 寮です。 DVD

【言語現象には理由がある (Jun 2016)
ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル 新着動画レッスンのご案内です。 ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル Galileo's English Lab 最新動画 【言語現象には理由がある】 壁塗り交替:「書き換え」を可能にすることばの仕組みとは? ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル 最新動画レッスン公開! 英文法・語法の現象を支える仕組みを理解することによって 「実に面白い」ことばの世界が見えてくる。 今回の動画では、壁塗り交替と呼ばれる文法現象を取り上げ、いわゆる英文の「書き換え」を可能にすることばの仕組みを解説しています。 ★リクエスト・英語の疑問・質問大歓迎!★ ↑↑↑ ガリレオ研究室「お問い合わせフォーム」にリンク↑↑↑ Galileo's English Lab ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル ←チャンネル登録は左の画像リンクから! Share Share Sh

Jun 07 2016 Email (Jun 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた最新記事 【London ことば・文化探訪】#7 魔法の coach に乗って Harry Potterの世界へ(移動編) ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 Londonことば・文化探訪記はまだまだ続きます! ぜひ、ご一読ください。 *全文はリンクからブログに移動してお読みくださいますようお願い致します。 ■ Coach driver直伝! coach と bus の違いとは? London滞在4日目には、coach | kəʊtʃ | と呼ばれる大型の観光バスに乗って少し足を伸ばし、 Warner Bros. Studio Tour London - The Making of Harry Potter の見学ツアーに参加。ここでは、Harry Potter seriesの映画撮影に使われた本物のセットや小道具、衣装、特撮技術などに触れながら、世界を魅了した映画の制作過程を学ぶことができる。 た

Jun 04 2016 Email (Jun 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた最新記事 【London ことば・文化探訪】#6 日本のスイカは英国の牡蠣 ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 Londonことば・文化探訪記はまだまだ続きます! ぜひ、ご一読ください。 *全文はリンクからブログに移動してお読みくださいますようお願い致します。 先日配信→録画アップロードを行った Live from London-extra は、内容盛りだくさんで全体としては約1時間半にも及んでしまいました (^^; 今回は、まず気軽に授業内容の美味しいところを視聴いただけるように、「ロンドン交通事情」について切り出した short movieを新たに公開しました! ■スイカは「チャージ」・Oysterは… 動画でも紹介している通り、今やロンドン生活には欠かせないと言えるアイテムが Oyster card です。その名の由来についての解説は動画をご覧いただくとして、本記事では

Jun 01 2016 Email (Jun 2016)
Live from 221B特別版 Live from London-extra 録画公開! 5/20に配信した Londonからの生ライヴレッスンの延長戦。 授業テキストは以下からダウンロードをお願いします: https://drive.google.com/file/d/0B5MDmjNM2FjzVUNUNkVKc3RjTzQ/view?usp=sharing ★ガリレオ研究室YouTubeチャンネル【登録はこちら】★ https://www.youtube.com/user/blackcatsserenade 【授業テーマ】: 英国紅茶文化 ロンドン交通事情 "Next, please!"と queue Share Share Share メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック このメールは、ガリレオ研究室からのメール配信をご希望された方に送信しております。今後も引き続きメールの受信を希望される方は こちらをクリック して

May 29 2016 Email (May 2016)
Live from 221B特別版 Live from London 録画公開! 5/20に Londonから生配信でライヴレッスンを行った、 Live from Londonの録画を公開しました!ぜひ、ご覧ください(^^) ★ガリレオ研究室YouTubeチャンネル【登録はこちら】★ https://www.youtube.com/user/blackcatsserenade 【授業テーマ】: ルイス・キャロルとアリス 大英博物館の猫 221B Baker Streetに生きる Sherlock Holmes J.K. Rowlingが生み出した Harry Potter series Share Share Share メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック このメールは、ガリレオ研究室からのメール配信をご希望された方に送信しております。今後も引き続きメールの受信を希望される方は こちらをクリック してください。 今後メールの

May 27 2016 [Live from 221B] テキスト (May 2016)
Live from 221B 配信のご案内です。 視聴する Live from 221B [特別版] Live from London-extra 5/27 (Fri.) 日本時間 21:00~ 無料配信! ガリレオ研究室 生徒のみなさん 本日21:00(日本時間)より、Live from 221Bの特別版の配信を行います。 それに先立ちまして、レッスンテキストをお届けします(^^)v ========== レッスンテキスト(以下のリンクより各自ダウンロード・プリントアウトをお願い致します。) Live_from_London-extra_-_Google_Docs.pdf または、以下のリンクから Google Driveのファイルにアクセスできます: https://drive.google.com/file/d/0B5MDmjNM2FjzVUNUNkVKc3RjTzQ/view?usp=sharing ========== ライヴ視聴ご希望の方は、時間になりましたら上の「視聴する」ボタン or 以下のリンクよ

May 27 2016 [Live from 221B] (May 2016)
Live from 221B 配信のご案内です。 視聴する Live from 221B [特別版] Live from London-extra 5/27 (Fri.) 日本時間 21:00~ 無料配信決定! ガリレオ研究室 生徒のみなさん 本日21:00(日本時間)より、Live from 221Bの特別版の配信を行います。 5/20にロンドンから生ライヴにて行った Live from Londonの延長戦。 その時の補足に加え、今回はより「ロンドン全体」を見渡した視点での topicsを取り上げて、ことばを切り口に英国文化に迫っていこうと考えています。 ライヴ視聴ご希望の方は、時間になりましたら上の「視聴する」ボタン or 以下のリンクよりご視聴ください。 ※リンクエラーが発生する場合は、URLをブラウザのアドレスバーにコピー&ペーストしてお試しください。 ========== 視聴URL https://youtu.be/5p3Mj7MFwu8 ========== 今回は、 英国紅茶文化 ロンドン交

May 26 2016 Email (May 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた最新記事 【London ことば・文化探訪】#5 Sherlock Holmesを訪ねて(3) ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 Londonことば・文化探訪記は続きます! ぜひ、ご一読ください。 *全文はリンクからブログに移動してお読みくださいますようお願い致します。 The Sherlock Holmes Museum の後も、暫し Baker Street 探索を続ける。 Museumには Sherlock ゆかりの地を巡るための "The Sherlock Holmes Walk" という guide map も売っているので、時間があればそれに従って Baker Street を歩いてみるのも良いだろう。 さて、Sherlock には Baker Street tube station 前で出会うことができる: 足元のフェンスにあるQRコードに注目。 この銅

May 24 2016 Email (May 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた最新記事 【London ことば・文化探訪】#4 Sherlock Holmesを訪ねて(2) ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 無事に帰国を果たしましたが、Londonことば・文化探訪記は続きます! ぜひ、ご一読ください。 *全文はリンクからブログに移動してお読みくださいますようお願い致します。 221B BAKER STREET では、レモングラスの香りが出迎えてくれた。 「世界で最も有名な住所」であるこの地には The Sherlock Holmes Museum があり、Sherlockians や謎を抱えた依頼者の訪問を待ち構えている。実際、今でも 221B Baker Street 宛には事件の依頼の手紙が送られてきているという話も聞く。 残念ながら、ガリレオが訪れた時には、もう1人の天才的頭脳の持ち主である "consulting detective" は事件

May 20 2016 [Live from 221B] (May 2016)
Live from 221B 配信のご案内です。 視聴する Live from 221B [特別版] Live from London 5/20 (Fri.) 日本時間 23:00~ 無料配信決定! ガリレオ研究室 生徒のみなさん 本日23:00(日本時間)より、Live from 221Bの特別版の配信を行います。 ロンドンから生ライヴにてイギリス英語と英国文化について解説!(1時間程度の配信を予定) ライヴ視聴ご希望の方は、時間になりましたら上の「視聴する」ボタン or 以下のリンクよりご視聴ください。 ※リンクエラーが発生する場合は、URLをブラウザのアドレスバーにコピー&ペーストしてお試しください。 ========== 視聴URL https://youtu.be/0r9U0xvY4uk ========== 扱うテーマとしては、 Sherlock Holmes ルイス・キャロルとアリス Harry Potter Afternoon tea といったところを予定しています。 Watch th

May 19 2016 Email (May 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた最新記事 【London ことば・文化探訪】#3 Sherlock Holmesを訪ねて ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 現地より届ける Londonことば・文化探訪の続きです! ぜひ、ご一読ください。 * 細かくメール設定をする余裕がないため、全文はリンクからブログに移動してお読みくださいますようお願い致します。 朝食は、 Live from 221B の授業で扱っている BBC Sherlock の中で、221B Baker Street の舞台となっている Speedy's へ。この cafe の実際の住所は 187 North Gower Street だが、ドラマ撮影の際は通りの名前を示した street sign を付け替えることにより Baker Street に早変わりする: 人気ドラマのロケ地となったことで、一気に観光客の注目を集めることとなっ

May 18 2016 Email (May 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた最新記事 【London ことば・文化探訪】#2 Subwayは地下道 ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 現地より届ける Londonことば・文化探訪の続きです! ぜひ、ご一読ください。 * 細かくメール設定をする余裕がないため、全文はリンクからブログに移動してお読みくださいますようお願い致します。 ホテル近くにあった、SUBWAYの標識と、地下へ続く階段。 はて、イギリス英語で地下鉄は underground, とりわけロンドンでは tubeというのではなかったか?と思って近づいてみると、これは地下鉄の乗り場ではなく「地下道」のこと。知識としては了承していたつもりだったが、やはりこういった単語の使い分けを「身体感覚」として身につけるには、実体験が不可欠であろう。 さて、この地下道はどこにつづくのか?夜に通るのは安全なのか?ワクワク・ドキドキは尽きない。小学生の頃、通学路か

May 17 2016 Email (May 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた最新記事 【London ことば・文化探訪】#1 Prologue: 飛行機の窓から見える街並み ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 今回から現地より、Londonことば・文化探訪をお届けいたします! ぜひ、ご一読ください。 * 細かくメール設定をする余裕がないため、全文はリンクからブログに移動してお読みくださいますようお願い致します。 雲間を抜けて、着陸までの15分は宝物の時間だった。 安井泉先生が『ことばから見る英国文化論』の中で、ロンドン行きの飛行機は左の窓側を勧められていたので、座席指定をしておいたのが大正解。おとぎ話に出てくるようなお家が、道路に沿って整然と並んだ美しい街並みを存分に堪能することができた。 もっとも「左の」というのは、安井先生が上の研究報告書を書かれた当時にヒースロー空港の上空を左旋回して着陸をしていた事情があってのことなので、現在は左右どちらでも構わ

May 09 2016 Email (May 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた 最新記事 proceedって何の種? ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 今回の記事は「英単語のスペリング」について。 ガリレオが空港で見つけたスペリングミスを指摘・解説し、正しい英単語学習の考え方まで論じています。 ぜひ、ご一読ください。 ※それにしても、ある意味、最近はやりのチアシード (chia seed)より強そうだ… proseedって… seedというからには、何か生えてくるのか(ー ー;) この英語(?)を書いた当人の頭の中には、 proseedから育った花が咲き放題なのかもしれんが。 一応、発音とスペリングの関係性からすれば「ありえない間違い」ではないにせよ、空港でこんなミスを見てしまうと、やはり日本人の平均的な英語レベルの低さが露呈されているように思われる。 こういったミスは、英単語をむやみに丸暗記しようとするから起こる。スペリング全体をなんとなく記憶し

May 08 2016 Email (May 2016)
課題シェアシステム #5 【それでも地球は動かない】 ガリレオ研究室 生徒の皆さん この度、学生向け Skypeレッスン「 本物の高校英語」を継続受講してくれている生徒が、4月末に行われた学校の英語弁論大会のオーディションに合格して学年代表に選ばれました!(詳細は blog ことば の みかた をご覧ください。) 今回は、オーディション本番後に振り返りとして送った復習用課題をシェアします。自然な英語の文章では、接続詞が明示されていなくとも、文と文のつながりを頭の中で補って理解していくことが大切です。 このような「話の筋」を追っていく読解力を鍛えることによって、接続詞を無駄打ちしすぎることのない自然な英文で論理的な文章を書く力も養われていきます。 ぜひ、取り組んでみてください。 Q. 下線部を文意に即した日本語に訳しなさい。 (背景情報):1930年代、アメリカ南部のイチゴ畑で、農民たちがイチゴ摘みで忙しくしている様子を説明したシーン They slept in barns (納屋) or any place they

Apr 29 2016 Email (Apr 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた 最新記事 パワプロってpawapuro? ガリレオ研究室オフィシャルブログ「 ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 今回の記事は「ローマ字表記」について。 もちろん、どう表記しようが勝手という問題ではあるのですが、こういったことに違和感を覚え、思考を巡らせていくことが、表層的な英会話力を超えた「ことばの力」を育んでいくのでしょう。 ぜひ、ご一読ください。 Lineの新着スタンプの一覧に「実況パワフルプロ野球」があったのですが、そのタイトル(英語表記)とLine ID名の pawapuroが、どうにも気になる。 パワフルプロ野球を英語で書くなら powerful professional baseballだろうが、これを略すなら powerproと表記すれば良いのではないか。 まず「パワ」の部分は power-fulの power部分と一致しており、音節数もpow-er | paʊ·ər | と2音節なので問題な

Apr 26 2016 Email (Apr 2016)
ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル 新着動画レッスンのご案内です。 ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル Galileo's English Lab 最新動画 【言語現象には理由がある】 I drink {much / a lot of} coffee. ←より自然な英語なのは? ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル 最新動画レッスン公開! 英文法・語法の現象を支える仕組みを理解することによって 「実に面白い」ことばの世界が見えてくる。 今回の動画では、muchの用法と音象徴(表象)について解説しています。 ★リクエスト・英語の疑問・質問大歓迎!★ ‪ #‎モノマネ芸‬ ‪#‎ではない‬ ‪#‎Take52‬ ‪#‎それでも最後ビミョーに噛む‬ ‪#‎音象徴‬ ‪#‎英文法‬ ‪#‎言語現象‬ ‪ #‎ことばの仕組み‬ Galileo's English Lab ガリレオ研究室 YouTubeチャンネル ←チャンネル登録は左の画像リンクから!

Apr 24 2016 Email (Apr 2016)
【ガリレオ研究室】レッスンスケジュールのお知らせです。 GWおよび5月のレッスンスケジュール ガリレオ研究室 生徒のみなさん 標記の期間のスケジュールをご案内いたします。 ご確認宜しくお願いします。 GW 4/29 (金・祝), 5/1 (土) → お休みをいただきます。 5/3 (月) ~ 5/7 (土) → 帰省:予約状況に合わせて予定を組みます。 5/9 (月) → 移動日:20時以降(日本時間)レッスン可能です。 帰省期間はレッスン提供可能日時が変動しやすいため、なるべくお早めのご予約をお願いいたします。通信環境が異なるため、スカイプが音声通話のみとなる可能性があります。また、実家にはホワイトボードがないのでご了承くださいm(_ _)m 5/16 (月) ~ 21 (土) 上記期間は、ガリレオが「Londonことば・文化探訪」に出かけてきます(・ω・)ノ それに伴いまして、スケジュールは以下の通り予定しています: 16 (月) & 21 (土) → 移動日のため、お休みとさせていただきます。 17 (火) ~

Apr 22 2016 Email (Apr 2016)
課題シェアシステム #4 【それでも地球は動かない】 ガリレオ研究室 生徒の皆さん 本日も#3の続きとして、Oxford University Pressの人気EFL教材 English File (3rd ed.) からリスニング課題をお届けします。 今回のテスティング・ポイントは、リンキング(発音のつながり)とリズムです。数語連続して空所にすることで、実際には繋がって聞こえてくる音声を正しく分析して理解する力を養うことを目指しています。 今回の解答には、ガリレオによる音声上の解説もつけてあります。答え合わせをした後に改めて音声を聞き、発音が見える(音声と文字・意味がつながる)ことを確認してください! 【Dictation】文法確認編 ■Vocabulary attractive: 魅力的な [good-looking] quite: かなり・相当に [fairly, pretty] have ~ in common: 〜を共通に持つ generous: 気前の良い go out wit

Apr 21 2016 Email (Apr 2016)
課題シェアシステム #3 【それでも地球は動かない】 ガリレオ研究室 生徒の皆さん 課題シェアシステム第3回目の今回は、Oxford University Pressの人気EFL教材 English File (3rd ed.) から文法・リスニング課題をお届けします。 前回の dictationは、「内容把握編」として意味理解のために聞き逃せないキーワードを中心に出題しました。 今回は「文法確認編」です。正しい英語を話すためには重要なポイントであり、なおかつリスニングにおいては文強勢を受けないために聞き取りの難しい【機能語】(特に冠詞・前置詞・接続詞)に焦点を当ててトレーニングしていきましょう。 【Dictation】文法確認編 【背景情報】 In this experiment (実験), Charlotte Ramirez, a single (独身の), 25-year-old web designer, asks her mother and her best friend to help her fi

Apr 18 2016 Email (Apr 2016)
ことば の みかた最新記事情報です。 Blog: ことば の みかた 最新記事 【決定版】thanに続く代名詞の格について ガリレオ研究室オフィシャルブログ「ことば の みかた」最新記事をメルマガにて配信します。 日本の受験英語を中心とした世界では、未だに1970年以前の英文法がまことしやかに教え込まれ、現代英語の実情と乖離してしまっている現状(惨状)があります。 不毛な文法解説には「カタを付ける」というつもりで、ガリレオが【決定版】として正しい文法分析を展開し、それに基づいて 学習者が覚えるべき形を提言しました。 ぜひ、ご一読ください。 ■ than Iは than meより「正しい」のか? 「彼は私より年上です。」を英語で言うとき、以下の (1) を正解とする…などという時代遅れの英文法問題は、流石に最近では姿を消したのかと思いきや、「全国の学習塾関係者が一堂に会して、年に1回行われる模擬授業の全国大会」たるものの 2015年版の 動画で、未だに 1970年代の英文法教育が行われている惨状を目にしてしまった。 (1

Apr 14 2016 Email (Apr 2016)
課題シェアシステム #2 【それでも地球は動かない】 ガリレオ研究室 生徒の皆さん 課題シェアシステムの第2回目として、 BBC Learning Englishの人気コンテンツ The Flatmetesを題材にしたリスニング強化エクササイズを配信します。 今回の dictationのテスティング・ポイントは、「会話の流れを把握するために聴き逃せないキーワード」を中心に問うています。したがって、音声とスクリプトを照らし合わせながら、空所になっている (1) ~ (17)の語をしっかりとキャッチできるように取り組んでいきましょう。 【手順】 Listenボタンをクリックすると、別ウィンドウで音声ファイルのリンクが開きます。 放っておくと音声は最初から最後まで流れ続けてしまうため、2画面を左右に並べると取り組みやすいと思います(PCのみ)。 Windowsの場合 Macの場合 【Dictation】内容把握編 ■Vocabulary hand O in (to ~): Oを(〜に)提出する [su

Apr 10 2016 Email (Apr 2016)
課題シェアシステム #1 【それでも地球は動かない】 ガリレオ研究室 生徒の皆さん かねてよりアイディアとして持っていたのですが、 Skypeマンツーマンレッスンとしての利点は最大限活用しつつ、 ガリレオ研究室で学ぶ生徒同士の「学習コミュニティ」を育てていく というプランを動かしていこうと考えています。 その一環として、授業ごとに各生徒に送っている「復習用課題」を継続受講生内で共有できるように配信していきます。 もちろん、授業内での解説があった上で取り組むのと、課題だけを見るのとでは全く違うので、できるだけ課題のみでも完結できるような形に修正していきます。 今回、第1回目として、英文の並べ替え問題を配信しますので、取り組んでみてください! 【並べ替え問題】 以下の 1~10の英文について、語句を正しく並べ替えなさい。 文頭は大文字で始めること。 1. コーヒーを一杯飲みたい。 (having) / a cup / coffee / feel / I / like / of 解答 2.




ガリレオ研究室

Galileo's English Lab: http://language-lovers-lab.jimdo.com/
ニュースレターに登録