====================================================================
   和ごよみと暮らしによりそう工芸品のお店
     暮らしのほとり舎 Mail Magazine #38 -------  �� 2019.1.20 配信 ��
====================================================================

 

こんばんは。暮らしのほとり舎です。
いつも当店のメールマガジンをご覧頂き、誠にありがとうございます。

冬至を過ぎて、はや1ヵ月。

ついこの間までは、夕方5時にはもう辺りは真っ暗でしたが、確実に日足が伸びてきていますね。

今が一年で最も寒さが厳しくなる頃ということですが、今日の日中などはとても暖かく、もうこのまま春を迎えるのでは、と思わせる陽気でした。

しかし、カレンダーをあらためて見れば、まだ1月!
まだまだ冬の真っ只中だという現実に引き戻されます��

まもなく立春ではありますが、4月(本音では5月)に入るまでは、長野の冬は安心出来ません。

■ 再入荷商品のお知らせ


南部鉄器の老舗・鈴木盛久工房の「角鍋」が、再入荷しました。
 
高温で溶かした鉄を型に流し込んで作られる鋳鉄鍋は、厚手で蓄熱性や熱伝導率が高く、油なじみがよいのが特徴です。
 
こうした肉厚の鉄鍋は、一度熱すると鍋の温度を一定に保ってくれるので、継ぎ足して食材を入れても温度が下がりにくく、すき焼きにぴったり。
 
サイズは「小」と「大」の2種類。「小」は1~2人用に、「大」は3~4人用でのご使用がおすすめです。
 
保温性に優れた鉄鍋ですので、すき焼きだけでなくグリル鍋としても◎。
 
IH調理器でもお使い頂けます。


 

日本で唯一のイチョウ材専門店・双葉商店の「イチョウのまな板」が、再入荷しました。
 
サイズは、「小・中・大・特大」の4種類。どのサイズも厚みはたっぷりの3cm。
 
角やふちは丁寧に面取りされていて、丸みのあるフォルムが優しい手触り。
 
双葉商店のイチョウのまな板は、全て無垢の”一枚板”から作られています。
 
天然の優れた抗菌性に加え、包丁にやさしく、木のまな板ならではの温もりと、切った時のトントンという心地よい響きが人気の理由です。

 

■ 暮らしのほとり舎 Blog

❚ 二十四節気「大寒」 1/20 ~ 2/3

 

二十四節気が小寒から大寒に変わり、一年で最も寒さが厳しくなる頃となりました。
 
大寒は冬の季節の最後の節気。
 
春は目前ながら、ますます寒さ厳しいこの頃は、寒稽古や寒垢離 (かんごり)、寒念仏 (かんねぶつ) などの寒行が行われます。

 
(ブログへ続く)

❚ 二十四節気「大寒」の七十二候

季節の楽しみいろいろ

商品の新入荷のお知らせや、再入荷のお知らせ等、よりリアルタイムでのお知らせをご希望の方は、各種SNSについてもお気軽にご登録ください。
※メールマガジンの配信、解除以外のお問い合わせは、当店までメールにてご連絡ください。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
発行元:暮らしのほとり舎
〒391-0213 長野県茅野市豊平4734-3255
E-mail :  info@kurashi-no-hotorisya.jp

URL : https://www.kurashi-no-hotorisya.jp
Blog : https://www.kurashi-no-hotorisya.jp/blog/
Twitter : https://twitter.com/k_hotorisya
Facebook : https://www.facebook.com/kurashino.hotorisya
Instagram : https://www.instagram.com/kurashi_no_hotorisya
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Website
南部鉄瓶(日の丸形鉄瓶)<鈴木盛久工房>
南部鉄瓶(日の丸形鉄瓶)<鈴木盛久工房>
Instagram

豊平4734-3255, 茅野市, 長野県 391-0213, Japan


配信停止
メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック