==========================================================
和ごよみと暮らしによりそう工芸品のお店
   暮らしのほとり舎 MAIL NEWS -------2016.03.27 配信
==========================================================

こんにちは、暮らしのほとり舎です。
いつも当店のメールマガジンをご購読いただきありがとうございます。

■ 新商品のご案内

菜の花ろうそく サイズバリエーション <高澤ろうそく店>
○ 七尾和ろうそくの老舗・高澤ろうそく店の「菜の花ろうそく」に新しく”豆サイズ”が加わりました。
「菜の花ろうそく」は、菜種油を主な原料としたろうそくで、火を消したあとの臭いが少ないのが特長です。
菜の花の香りはしませんので、食卓でも安心してお使いただけます。
ひょうたん箸置き <岩本清商店>
金沢桐工芸の老舗・岩本清商店「ひょうたん箸置き」
素朴な天然木の素材感と相まって愛嬌のある佇まい。木の風合いも、ひとつずつ、少しずつ異なります。
無垢の素材ならではの温もりが感じられるひと品となっています。
天然木口盆 <岩本清商店>
○ 金沢桐工芸の老舗・岩本清商店「天然木口盆」
天然の素材が生み出す美しい木目が全面に出た木口盆は、経年による木の模様に味わいがあり、ただそこにあるだけで大きな存在感。
お盆としてはもちろん、お店やお部屋の小物などを並べる収納道具にも。無垢の素材は艶やかな表情で、載せたモノを気品ある姿へと印象付けてくれます。
エコバッグ PLECO タテプリーツ <knaplus クナプラス>
○ クナプラスのエコバッグ「タテプリーツ」
バッグ全体にプリーツ加工を施すことで、優れた収納性と携帯性を兼ねそなえた「タテプリーツ」は、荷物を出すと自然に細長いプリーツに戻るので、簡単に素早くコンパクトに折りたためます。
春らしいお色が加わり、全10色となりました。

■ 再入荷商品のご案内

角鍋(すき焼き鍋・鉄鍋)<鈴木盛久工房>
○ 南部鉄器の老舗・鈴木盛久工房「角鍋 / すき焼き鍋(小・大)」
高温で溶かした鉄を型に流し込んで作られる鋳鉄鍋は、厚手で畜熱性や熱伝導率が高く、油なじみがよいのが特徴です。
こうした肉厚の鉄鍋は、一度熱すると鍋の温度を一定に保ってくれるので、継ぎ足して食材を入れても温度が下がりにくく、すき焼きにぴったりです。
茶筒 karmi カルミ(釜)<我戸幹男商店>
○ 山中漆器の老舗・我戸幹男商店我戸幹男商「Karmi カルミ(釜)」
シンプルで柔らかなフォルムが手に馴染むこちらの茶筒は卓越した技を持つ石川県山中の職人が、木地の表面に鉋を当てて一本一本丁寧にろくろ挽きしています。
この等間隔に挽き出された筋は、山中独自の技術である「加飾挽き」のひとつで、美しいだけでなく、滑り止めの役割も果たしています。
銅おろし金 羽子板(両面)4番・6番 <大矢製作所>
○ 大矢製作所の銅のおろし金(箱型・羽子板型)が再入荷しました。
何度も何度も叩いて締めた硬い銅の板に、鏨(たがね)と呼ばれる道具と金槌を使い、手作業でひと目ずつ刃を掘り起こして作るおろし金は、ちゃんと目が立っているので切れ味が鋭く、繊維を潰すのではなく細かく切っているので程よく水分を含んだまま。簡単にふんわりみずみずしい大根おろしが出来上がります。
本物志向の方におすすめのおろし金です。

■ 「鈴木盛久工房・南部鉄瓶」の”入荷のお知らせ優先配信”の受付を始めました

南部鉄瓶(日の丸形鉄瓶)<鈴木盛久工房>


○ 400年続く南部鉄器の老舗・鈴木盛久工房の鉄瓶は、全国伝統的工芸品展「内閣総理大臣賞」受賞など、数々の輝かしい実績を持ち国内外から大変な人気があり、数ある鉄瓶の多くが現在、発注してから納品まで2~3年待ちとなっております。
かねてより、お問い合わせをいただいておりました鈴木盛久工房の南部鉄瓶の入荷時期の”目安”を暮らしのほとり舎HPへ掲載いたしました。
合わせて、入荷した際に当店からのご案内をご希望されるお客様向けに、「配信登録フォーム」を作成いたしました。
お問い合わせ、またはご登録いただいた順番に優先して入荷のご案内を差し上げております。
入荷数が非常に少なく、お問い合わせ数の方が多いため、ご希望の鉄瓶のご購入をお約束できるものではありませんが、ご購入希望のお客様へはご登録をおすすめしております。
「配信登録フォーム」設置ページは こちら(別ウィンドウで開きます)

■ 季節のお便り

ただいまの二十四節気は「 春分(しゅんぶん)」です。
昼と夜の長さがほぼ同じになる頃で、この日を境に夏至までの間、徐々に日脚が伸びていきます。ヨーロッパなどでは、春分をもって春の始まりとしているそう。
桜の開花情報が聞かれるのもこの頃からで、いよいよ本格的な春の到来です。

春分以降は「暑さも寒さも彼岸まで」という言葉があるように、寒気もようやく和らぎ、
春らしく暖かな日が多くなります。とはいえ花冷えや寒の戻りがあるので油断は禁物。
4月4日から二十四節気は、「清明(せいめい)」へと変わり、万物が清らかに明るく感じられる春の盛りがやってきます。

※メールマガジンの配信、解除以外のお問い合わせは、
info@kurashi-no-hotorisya.jp まで、お願いいたします。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
発行元:暮らしのほとり舎
〒399-6461 長野県塩尻市大字宗賀1298-239 
URL : http://www.kurashi-no-hotorisya.jp
Yahoo!店 : http://store.shopping.yahoo.co.jp/kurashi-no-hotorisya
E-mail : info@kurashi-no-hotorisya.jp
Blog : http://kurashi-no-hotorisya.juno.weblife.me/wlwp1
Twitter : https://twitter.com/k_hotorisya
Facebook : https://www.facebook.com/kurashino.hotorisya
Instagram : https://www.instagram.com/kurashi_no_hotorisya
NAVERまとめ : http://matome.naver.jp/mymatome/暮らしのほとり舎
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

南部鉄瓶(日の丸形鉄瓶)<鈴木盛久工房>
南部鉄瓶(日の丸形鉄瓶)<鈴木盛久工房>

大字宗賀1298-239, 塩尻市, 長野県 399-6461, Japan


配信停止
メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック