「学習欲」の効果的な活かし方

今回は、
「学習欲」を
効果的に活かす方法
について
書きます。


「学習欲」は、
文字通り“学び”に対して
大きなモチベーションが
あります。


知的好奇心という意味で
共通点のある「収集心」と
区別しづらいところが
あると思いますが、
「収集心」は
自分の知らないことがあると
何でも情報として
集めておきたい資質です。


一方「学習欲」は
自分の知らなかったことが
少しずつわかっていく、
その感覚を楽しみます。


つまり、
「知らない」から
「知っている」に
変遷していく
プロセスそのものを
楽しむ資質です。


“資格コレクター”と
言われることも多い
「学習欲」ですが、
「学習欲」上位の人にとって
資格を取得すること
そのものよりも、
そこに至るまでの
プロセスが大事なのです。


そのため、傍から見ると
直接的に役に立たないような
資格を取得しているのを見て
「何のために
学んでいるんだろう?」
と思われることが
多いかもしれません。


それでも、
学んだこと自体が
まったく役立たないことでは
ないと思いますし、
学んでいる時点で
目的が明確でなくとも
後追いで役立っている感が
出てくることも
あると思いますので
何かを学ぶことで
誰かに迷惑を掛けたり
いたずらに時間とお金を
浪費しない限りは
存分に学べば良いと思います。


もしくは、
自分が学ぶ“プロセス”に
重きを置いていることを
自覚できれば、
それを踏まえて
より直接的に
将来につながるような
学びを選択するということも
できますよね。


「学習欲」は、
上述した意味合いで
新たな経験、体験に対しても
とてもオープンです。


すなわち、
何かしら新しい体験を
することは
むしろ好物です。


例えば、
環境、状況の変化により
職場や所属するコミュニティで
大きな変革が必要な時、
「学習欲」上位の人は
「ここから
何が学べるだろう?」と、
むしろある種のワクワク感も
ありながら
前向きに進んでいくでしょう。


そういう変化に対する
オープンな姿勢が
周囲の人にも
ポジティブな影響を
与えると思います。


特に、
「ポジティブ」を
併せ持っていると
新しい環境に
躊躇なく飛び込んでいける
感じだと思います。


逆に言えば、
まったく何の変化もない
環境に居続けると
「学習欲」にとっては
栄養不足になってしまうので
“学び”という栄養を
与え続けることを
意識しましょう。


どれだけ学んでも、
まだまだ学ぶことがあると
思っている「学習欲」の人は
ある意味“謙虚さ”を
失わない人でもあります。


どんな人に対しても
その人から学ぶことがあると
思えるそのフラットな姿勢は
ある種の
人間関係構築力としても
働くでしょう。


具体的には、
「学習欲」の人は
質問上手と言われます。


自分の好奇心を
目の前の相手に向け、
学ばせて欲しいとの姿勢で
相手に質問していくことで
相手から見たら
自分に対してフラットに、
そして興味を持って
接してくれていると
思ってくれるわけです。


別の意味で言えば、
学びの場というと
そこには多くの知らない人が
いると思います。


つまり
学びの場にいるだけで
勝手に多くの知らない人と
つながっていくことに
なるのです。


これは
いつも私が
言っていることですが
そういう意味では
「学習欲」は
「社交性」代わりにも
使えるのです。


それから、
「最上志向」を
併せ持っている人は、
自分を高める意味でも
最高の環境で
学び続ける人でもあります。


一方、
いつまで経っても
ついつい、
「まだまだ…」と
思ってしまうので
どれだけ学んでも
現状に満足感がなく
次に向けてのステップを
なかなか
踏み出せないところが
あるかもしれません。


そういう人は、
時々後ろを振り返り
自分がどれだけの学びを
積み上げてきたかを
確認してみると良いと
思います。


それから、
同じような理由で
せっかく自分が学んだことを
アウトプットして
周囲の人に
教えるということを
なかなかしないかも
しれません。


それはいかにも
勿体ないですよね。


学びがいかに
人生を豊かにしてくれるかを
含めて
自分の学びを
積極的に
アウトプットして
いきましょう。

本メルマガへのご意見、感想。ストレングスファインダー®に関するご意見、ご質問等を随時募集します。ご質問に対しては、随時メルマガで取り上げ回答します。
 3ヶ月集中プログラム
何も自分を変えることなく、自分が既に持っている才能を磨き、活かし方を身につけることで人生が劇的に変化します。



直近で卒業された方から、感想を頂きました。

こちらです。

オンライン資質理解講座
毎回二つの資質を取り上げて対比させながら、資質の理解を深めていきます。

次回は、2019年2月19日(火) 21:00より「成長促進」と「包含」を扱います。

単発での参加や、録画版の購入も可能です。

公式ブログ「ストレングスファインダー®の資質「内省」をより効果的に活かす その2」
画像をクリックするとブログが開きます。

--------------------

前回書いたように、「内省」の思考の深め方は“自問自答”です。 

すなわち、自分にどんな問いを投げかけるかで思考を深める方向性が変わってきます。 

編集後記
今日は夕方から
地元の銀行支店での
ストレングスファインダーの
研修です。


以前担当した
支店まるごとでの研修が
好評で
リピートしてもらいました。


今回声を掛けてもらったのも
地方にも少しずつ
ストレングスが
浸透しつつあると
いうことでもあると思います。


もっともっと浸透し
広がっていくように
頑張ります!

株式会社ハート・ラボ・ジャパン

代表取締役 知識 茂雄



いつもご購読ありがとうございます!

本メルマガは、無許可で転載OKです。

大したことは書いてませんが、ここで書いたことを自分の考えのように喋ってもらってももちろん構いません。(私自身も多くの方に影響を受け、自分のものとして書いています。)

で、このメルマガが気に入ったら他の方にご紹介いただけると、とっても嬉しいです。私の「自我」が涙を流して喜びます。(笑)

メルマガの登録は、こちらから。
http://heart-lab.jp/mailmagazine/

そして、感想など頂けようものなら、飛び上がって喜びます。

ご質問も歓迎します。もしメルマガ中で匿名で取り上げてよければ、その旨書いておいていただけると大変助かります。きっと多くの他の読者の方にも参考になると思いますので。
Facebook
Website
メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック
本メールは chishiki@kyf.biglobe.ne.jp よりchishiki@kyf.biglobe.ne.jp 宛に送信しております。
〒861-5262 熊本県熊本市南区浜口町19-2


全てのメーリングリストから配信を停止する。 配信停止 | 登録情報更新 | このメールを転送する | 迷惑メールと報告する