ストレングスファインダー®をチームビルディングに活かす その10

今回は、
ストレングスファインダー®を
チームビルディングに
活用する上での大切なことを
総括してみたいと思います。


ざっくり言うと
お互いの強みに
フォーカスした
コミュニケーションの
促進です。


まとめ方が乱暴過ぎる??(笑)


でも、究極そこに
行き着くんですよねぇ。


で、大事なのは、
そうなるための仕組みが
きちんと
構築されているかです。


ストレングスファインダー®の
研修って
想像つくと思いますが
割と盛り上がります。


だから
一時的にはすごく皆さんの
モチベーションが
上がります。


上がったものは、
そのまま何もしなければ
当然下がります。


それが悪いのではなく
自然なことです。


その前提を踏まえて
下がり過ぎないように
できるだけ維持するのか
時々下がったものを
少し引き上げるのか
いずれにしても
その仕組みがないと
一旦下がったものは
そのままです。


だから、
継続的にストレングスを
共通言語とした
会話が交わされる仕組みが
必要なのです。


そこにはいろんな
アイディアが適用できると
思います。


まずは単純に
お互いの資質が
見えていることが
大事です。


それぞれの人の
資質の組み合わせなんて
いちいち覚えて
いられないですからね。


ここを
うまくやっている組織は
例えば名札に資質が
表示されていたり、
それぞれが使うPCに
表示されていたりとの
工夫がされています。


そうすると
日常の中でおそらく
こういう
会話が交わされるように
なると思います。


例えば会議、
打ち合わせの場だと、


「お、いいねぇ、
そのアイディア。
『着想』が生きてるね!」


「おっと、◯◯さんは
『内省』持ってたよね。
じゃ、じっくり
考えてくれていいからさ。
後でまた聞かせてね!」


なんて会話が
自然と交わされるように
なるでしょう。


もちろん場合によっては
ついついネガティブな
使い方にも
なりかねないので
そこには注意が必要だし
あくまで強みに
フォーカスするための
工夫も必要です。


例えば
今自分が関わっている
組織の例でいうと
朝礼、昼礼のたぐいで
誰か他者の良いところを
発見したら
それを報告し合う(褒め合う)と
いったようなことです。


そうやって
組織全体の意識づけとして
より強みに
目を向けていけるように
仕組みづくりをしていく。


こうなると理想的だし
その仕組みづくりを
していく過程で
お互いが強みを活かし合う
実体験をしていくことにも
つながるのではないかと
思います。


そして
そういう部分に情熱を持ち
推進してくれる人がいる
そんな組織は強いですね。



本メルマガへのご意見、感想。ストレングスファインダー®に関するご意見、ご質問等を随時募集します。ご質問に対しては、随時メルマガで取り上げ回答します。

 交流会&ミニセミナー@東京
 3/20(水)の夜に、ストレングスファインダー®ファンの皆さんの交流会&ミニセミナーを開催します。

仕事帰りにでも、どうぞお気軽にご参加ください。

日時:2019年3月20日(水) 19:00-21:00
場所:秋葉原駅近くの会議室
参加費:3,000円


 ストレングスファインダー活用術ワークショップ@東京
こちらでは、終日のワークショップで、ご参加の皆さんの才能が開花するようにがっつり関わります。

日時:2019年4月7日(日) 9:15-16:45
場所:秋葉原駅近くの会議室
参加費:9,000円


 ストレングス&自己基盤ワークショップ in くまもと
毎年恒例となっている、近藤真樹コーチを熊本にお招きしての二日間のワークショップです。

初夏の阿蘇は、一年で最も美しい季節でもあります。熊本観光を兼ねて是非ご参加ください!

日時:2019年5月18日(土) 9:30-16:30 / 5月19日(日) 9:30-16:00
場所:くまもと森都心プラザ
参加費:二日間通し:15,000円 / 一日のみ:8,000円


 3ヶ月集中プログラム
何も自分を変えることなく、自分が既に持っている才能を磨き、活かし方を身につけることで人生が劇的に変化します。

まずは、30分お試しコーチングからいかがですか?



直近で卒業された方から、感想を頂きました。

こちらです。

オンライン資質理解講座
毎回二つの資質を取り上げて対比させながら、資質の理解を深めていきます。

次回は、2019年3月19日(火) 21:00より「活発性」と「規律性」を扱います。

単発での参加や、録画版の購入も可能です。

公式ブログ「ストレングスファインダー®をチームビルディングに活かす その9」
画像をクリックするとブログが開きます。

--------------------

理想的なのは、自分が相手の言動に対しどんな感情をいだいたのか、そしてそれは自分のどういう価値観に基づくものなのかを併せて伝えることです。 
編集後記

昨夜は嫁さんと
スーパー銭湯に。


温泉に浸かった後
そこに併設された
レストランで夕食。


何となく
口の中が
カレーだったので(笑)
券売機の写真で
肉がごろごろ
入っているように見えた
ビーフカレーを注文。


でも実際出てきたのは
全然違うもの。


ルーをすくえども
すくえども、
かたまりの肉がない!(^_^;)


完全に騙されました。


人によっては
こういう時はっきりと
クレームを
つけるのでしょうが、
どうしても
その先の面倒くささを
考えると避けてしまう。
(by 「調和性」)


それにしても
食べ物で裏切られると
落胆が大きいんですよねぇ。(笑)


株式会社ハート・ラボ・ジャパン

代表取締役 知識 茂雄



いつもご購読ありがとうございます!

本メルマガは、無許可で転載OKです。

大したことは書いてませんが、ここで書いたことを自分の考えのように喋ってもらってももちろん構いません。(私自身も多くの方に影響を受け、自分のものとして書いています。)

で、このメルマガが気に入ったら他の方にご紹介いただけると、とっても嬉しいです。私の「自我」が涙を流して喜びます。(笑)

メルマガの登録は、こちらから。
http://heart-lab.jp/mailmagazine/

そして、感想など頂けようものなら、飛び上がって喜びます。

ご質問も歓迎します。もしメルマガ中で匿名で取り上げてよければ、その旨書いておいていただけると大変助かります。きっと多くの他の読者の方にも参考になると思いますので。
Facebook
Website
メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック
本メールは chishiki@kyf.biglobe.ne.jp よりchishiki@kyf.biglobe.ne.jp 宛に送信しております。
〒861-5262 熊本県熊本市南区浜口町19-2


全てのメーリングリストから配信を停止する。 配信停止 | 登録情報更新 | このメールを転送する | 迷惑メールと報告する