建築事務所に所属している一級建築士の表

 

【サウナ・温泉にも使えるJUPITA!】

超高温&水がかりでもOKな間接照明が初登場!

 

 

みなさんこんにちは!JUPITAチームの三輪です。

 

今回は、石膏ボードメーカーのチヨダウーテ㈱が、販売する水廻りに強い力を発揮する

セメント板「AQUAPANEL®」アクアパネルを基材に間接照明装置を製作しました!

 

アクアパネルは、水廻りや高温環境にも耐えることのできる優れた耐水性の材料で、

カビにも強く、タイル、石張り、塗装下地に最適な不燃材です。

 

ここ最近、サウナや温泉向けの間接照明装置について、お問合せが重なりました。

 

各照明メーカーの商品を調べたところ、とあるメーカーで超高温のサウナ・水がかりの温泉でも使うことのできる専用の間接照明LEDが販売されてたのです!

 

考えてみますと、空間に高級感や癒しを演出できる間接照明をサウナや温泉、大浴場に採用する選択は、集客を目的とするホテルとしてもライバルに施設で差の付く戦略の一つです。

 

また、ホテルに対する満足度は、温泉施設の充実が大きく影響し、リピーターにつながると考えられます。

 

主役の間接照明が導入可能となったら、次に考えるのは搭載する最適な間接照明装置で、それに紐付いてJUPITAへのご相談が続いたのではないか?と推測しました。

 

装置試作については、従来のJUPITA製作方法とは違い、切り離された各面ごとに板状を貼り合わせが手間のかかる作業でしたが、問題なく作れることを確認できました。

 

販売されているLED器具が場所柄で、明るさを優先としない雰囲気を大事にした20~30角程度の小型サイズとなりますので、JUPITA装置も器具に合わせた小型サイズの設計は、ラッキーかもしれません。※セメント系で小型でもめちゃくちゃ重い!

 

経済も困難な時期にアフターコロナを見据えたサウナ・温泉の間接照明導入といった攻めの演出を設計に取り入れていただけることは、間接照明に密接に携わる我々の励みになりました。

 

ユニットの軽量化は、今後の課題にもなりますが、JUPITAはひとつずつ難題を攻略してきた実績がございますので、どうぞご期待ください!

 

補強となるスチールと各面ごとに裁断されたアクアパネルです。

強力なウレタン系の接着剤を塗布し、スチールへ貼り合わせます。

強力なクランプで各面をしっかり固定し、乾燥を待ちます。

結露でたまる水滴を想定して、穴あけのリクエストにも準備万端です。

AQUAPANEL®の印字が表面です。水がかりの他、耐火間仕切やR壁にも採用可能な優れた内装材です。

施工事例一覧
製品一覧
フルオーダー制作

誰もが設計者になり、誰でも自分でリフォーム出来る世界!

 

誰もが設計者になって、自分でリフォームが出来るような世の中に、本当になるんだろうか。そんな世界つくりにコミットメントしている2社のスタートアップを今回は紹介します。
 
1社は、以前本メルマガでも紹介したVUILD(ビルド)。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d0e859c7b87b0dee649e4305c55965670f66cfcb?page=1
 
作りたい建築のデータをもとに加工機でプレカットし、現地で組み立てて、作るという世界観であって、みんなが作れる世界観を作ろうとチャレンジしている。

詳しくはnoteでも公開されているので、興味がある人がいれば。
https://note.com/vuild
 
次はOutfit(アウトフィット)という、自分でリフォームができるように支援するためのスタートアップだ。どういうリフォームをしたいのか?と予算をアプリに入れることで、リフォームに必要な道具や材料ややり方を教えてくれるというものだ。

Y Combinatorからの支援も受けており、いま注目のアメリカのスタートアップである。
 
ただ日本で本当に流行るためには、「なぜ」自分たちが作るのか?という自分で作るモチベーションが必要にも思ってて、自分で作る新たな価値観の提示もまた必要には思っています!(例えば、自分たちで作ることによって、こんなペインが解決されるみたいな)
 
それでも作る部分にフォーカスされたスタートアップが出てくるのは良きことで、選択が多いことは嬉しいので(価格が透明化となり、価格競争が起こると思うので)頑張って欲しいです。

 

出典元:techcrunch

 

 

建築事務所に所属している一級建築士の表

JUPITAとは

石膏ボードや下地を特殊な加工をすることで、従来では作ることができなかった施工を可能にし、現場でのボードカットや、金属加工などが発生しないため事故を減らすことができます。

これまでにない、短納期、工期短縮、高品質を実現する新しい事業です。

こんにちは、木下です。

 

僕は、毎日が楽しく良い一日になれるように毎日を点数化しているのですが、以前の僕は減点式だったので、良くない一日と思うことが多かったのですね。

 

そこで最近は「減点式」をやめて、毎日100点スタートで「加点だけ式」にしてから、「毎日150点!」と思える日々になりました!

 

これからも自分に甘くがんばります!

 

正しく表示されない場合はこちら
本メールは info@nikken-st.co.jp よりinfo@nikken-st.co.jp 宛に送信しております。
〒124-0022 東京都葛飾区奥戸6丁目23番3号


配信停止 | このメールを転送する