mm_titleimage_1502
2018年11月27日(火)#273

様        (会員ID:  )

【管理人のひとこと】
 12月を目前にしている割には暖かい日が続いているように思える今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 今朝は関東地方で地震がありましたね、皆さまご無事でしたか?強めの地震だったとのことなので、ここ数日はどうぞ用心してお過ごしくださいね。
 気が付けば今年も残すところあと1か月ちょっと、何気ない日々を大切に過ごしてまいりましょうね。


メルマガ内リンク

出演予定 | 新刊書情報 | スクラップブック今月のドナー様 | ファンクラブからのお知らせ

※引き続き池上彰ファンクラブでは、サイトメンテナンスのため皆さまにカンパをお願いしております。詳細につきましては 「カンパとは」 をご一読いただけますと幸いです。皆さまのお力添えによりこのファンクラブが成り立っております。どうぞよろしくお願い致します。




<番組出演>

●2018年12月2日(日)19時54分~21時54分(テレビ東京) NEW!!
日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~
第12回 激動アメリカがもっと分かる! 第2弾 ハリウッドの光と赤狩り

「激動のアメリカがもっと分かる!」の第2弾!“映画の都”ハリウッドを池上流で歩く!ハリウッド女優&日系人俳優を直撃!変わるハリウッドの現実とは?
トランプ大統領の登場で国民の間に亀裂が生じ、分断社会になったと評されるアメリカ。実は1940~1950年代のアメリカも、現在のように分断が加速していた。共産主義者などをアメリカの敵として、強引なやり方で社会から排除しようとする“赤狩り”旋風が吹き荒れ喜劇王のチャールズ・チャップリンもその被害者に・・・そんな赤狩りは今のアメリカに何をもたらしたのか?意外な影響を池上彰が徹底解説!
▼ ハリウッドが“映画の都”になった3つの理由 池上一行が映画のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオへ!
▼ 観光名所“ウォーク・オブ・フェイム”を歩く なぜハリウッドスターに交じってトランプ大統領のプレートが?責任者を直撃!
▼ 「赤狩り旋風」とは何だったのか?赤狩りに立ちあがった一人のジャーナリストの人生に迫る。
▼ ハリウッドと格闘した日系人俳優。変わるハリウッドの現実を日系人俳優が語る。

<レギュラー番組>

●4時55分~8時00分(テレビ朝日)
グッド!モーニング「池上彰のニュース大辞典」
毎週月曜~金曜の朝の情報まとめ番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日)の人気コーナー「池上彰のニュース知恵袋」が、今週から「池上彰のニュース大辞典」にリニューアル!通常、番組終盤の7時55分頃から5分程度放送。
短いけれど、エッセンスがギュッとつまってしっかり学べる、忙しい朝にピッタリの内容です!

●毎週(土)19時54分〜(テレビ朝日)
池上彰のニュースそうだったのか!!
最近大きな話題となっているニュースの数々、そして今さら「知らない」とは恥ずかしくて言えないニュースの数々を池上彰が基礎から分かりやすく解説します!

<イベント・登壇など>※現時点で締め切り期日に間に合うものだけを掲載しています。
●2019年1月19日(土):氷見市・名城大学農学部 連携協定締結記念講演会 NEW!!
池上彰 「ニュースから世界と日本を考える」
■ 日時: 平成31年1月19日(土曜日)15:00~17:00 [開演14:30]
■ 会場: 氷見水産センター2階(氷見市比美町)
大会議室(講演会場)および小会議室(中継会場)
■ 対象者: 氷見市民
■ 定員: 350人(申し込みが定員を超える場合は抽選)
■ 主催: 氷見市、名城大学農学部/共催 氷見市・名城大学農学部連携協議会
■ 申込方法: ハガキ または web(氷見市 webサイトのお知らせページ内)、いずれかの方法で2名まで。
申込み時、会場について次のいずれかを選択 → (大会議室を希望 / 小会議室を希望 / どちらでも構わない)
※小会議室は大会議室の隣の部屋で、大会議室での講演を中継して講演を聴講いただきます。
■ 申込締切: 平成30年12月14日(金曜日)(ハガキの場合は必着)
概ね12月27日(木曜日)までに入場整理券を郵送します。(2名での申込みの場合は代表者の方に郵送。)
※ 申し込み方法等、詳しくはこちら
※ このイベントに関する北國新聞の記事は⇒ こちら

●2018年12月15日(土)~16日(日):NHKカルチャー青山教室

池上彰の「おとなの教養part2 ~『世界のいま』を早わかり~」
AIからビットコインにブロックチェーンまで、複雑な国際情勢から憲法問題まで。今ぜひとも知っておきたい6つのテーマについて、本質的理解をめざします。
・機械と人間──AIはあなたの仕事を奪うのか?
・お金と人間──仮想通貨・ブロックチェーンの本質とは何か?
・戦争と人間──民族紛争はなぜ起こるのか?
・日本国憲法──いま何が焦点になっているのか?
・ポピュリズム──トランプ現象とEUのいまをどう読むか?
・地政学──北朝鮮から中東、アメリカまで。地図から見えてくる各国のホンネとは?
■ 日程:
・ 2018/12/15(土) ・機械と人間 ・お金と人間  16:00~18:00
・ 2018/12/16(日) ・戦争と人間 ・日本国憲法  10:00~12:00
・ 2018/12/16(日) ・ポピュリズム ・地政学   13:30~15:30
※2日間の集中講義で3回講座で1セットです。1コマごとの受講はできません。
■ 受講料(税込み):会員 10,789円、一般(入会不要) 12,830円
■ 場所: NHKカルチャー青山教室(東京都港区南青山)
■ 申し込み・詳細情報は、 こちら でご確認ください。

株式会社文藝春秋 池上彰〈夜間授業〉“戦後”を作った10人の日本人
 
第7回「村上世彰と堀江貴文」2018年12月21日(金)  開場 18:30 授業開始 19:00
第8回「石原慎太郎」2019年1月18日(金)  開場 18:30 授業開始 19:00
池上彰さんが戦後日本の代表的人物10人を選び、彼らを通して「戦後」を読み直す、連続講義。都度受講生を募集致しますので、ご興味のある回に申込みいただけます。
「池上彰さんの〈夜間授業〉『”戦後”に挑んだ10人の日本人』」
☆教室=文藝春秋西館地下ホール 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23
☆受講料=一般6,480円、学生3,240円(いずれも税込) 全席自由席/車椅子席アリ
申込み方法 メール bunshunlive@bunshun.co.jp ②FAX 03-3239-5481
③郵便 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 ①②③のいずれも、株式会社文藝春秋メディア事業局「池上彰さんの〈夜間授業〉」係まで
☆主催 文藝春秋 申し込み詳細⇒「お名前」「郵便番号」「ご住所」「メールアドレス」「緊急時のご連絡先(携帯・固定電話番号等)」「ご同伴者がいる場合は総人数」「お申し込みの回(「第7回・村上と堀江」「第8回・石原慎太郎」「第7回、第8回両方希望」など)を明記してお申し込みください。「学生」でお申し込みの方はその旨お書き添えいただき、当日学生証をご提示ください。
希望多数の場合は抽選を行います。ご当選者には事前に受講料をお振込みいただき、お支払い確認後受講券をお送りいたします。〈夜間授業〉は全10回の予定です。
第9回は、2019年2月8日(金)19:00授業開始です(人選未定)。以降のスケジュール、人物は決まり次第告知いたします。本授業の模様は後日「夜間授業オンライン」www.yakanjugyou.comにて有料配信いたします。
問い合わせ先=bunshunlive@bunshun.co.jp
☆11月2日(金)開催の第6回「堤清二」に関しては⇒ こちらでご確認ください。

●2019年2月3日(日)
セキスイハイム東海Presents 池上彰 特別教室
~池上解説でわかる2019年の世界と国内情勢のここがポイント~

【講演内容】
・池上彰さん「一気に分かる!2019年はここがポイント 世界と日本」
・林マヤさん「マヤマヤ的エンジョイライフ!」
・池上彰さん・林マヤさん 質問コーナー
【主催】静岡朝日テレビ 【特別協賛】セキスイハイム東海株式会社
■ 日時: 2019年2月3日(日曜日) 開場18:30 開演19:00 終了予定21:00
■ 会場: 静岡市民文化会館 中ホール (静岡市葵区駿府町)
■ 人数: 900名をご招待
■ 応募方法: WEB またはハガキで応募。当選者にのみ招待状を発送。
■ 応募締切り: 2019年1月7日(月)必着
※ 詳細とWeb応募は → こちら をご覧ください。






1 国民って、なに?どういうこと? (池上彰が解説したい!国民・移民・難民 1) NEW!!
(11/26発売、3,024円)

ニュースでよく聞く「難民」。
じつは日本にとっても大問題なんです!
移民との違い、そもそも国民とは何かまで、池上彰さんがイチからまるっと解説します。









ニュースの“そもそも” 池上彰の「どうしてこうなった?」
(11/14発売、1,512円)
トランプの迷走、世界の紛争、日本政治の混迷……。
様々なニュースを池上さんが“そもそも”から解説、現代の見取り図が描ける一冊。










池上彰の世界の見方 ロシア: 新帝国主義への野望
(11/14発売、1,512円)
謎の多い国ロシアの実像を池上彰が解説
「おそろしあ」という言葉がある。「恐ろしい」と「ロシア」を合体させた造語。
イギリスに亡命していた元ロシア軍のスパイの男性が毒ガスで殺されかかったり、国際紛争への介入を繰り返したり。そんなニュースを見ると、「怖い国」と思いがちだがロシアにはそれなりの事情と論理がある、と池上彰は語る。隣の大国でありながら、ロシアのことを私たちはどこまで知っているだろうか。
北方領土問題をめぐるロシアの言い分と日本の主張の食い違いは何か?建国当初は世界の期待も大きかったソ連型社会主義はなぜ崩壊したのか?
今のロシアはソ連の時代と同じなのか、違うのか?
絶大な権力を握るプーチン大統領はロシアをどこへ持っていきたいのか?
ロシアという国の基礎基本から、今後ロシアがどのような方針を打ち出しそうかまで、渋谷教育学園渋谷中学校・高等学校、同幕張中学校・高等学校の生徒たちに行った渾身の授業をもとに構成。

THE ALMIGHTY DOLLAR  1ドル札の動きでわかる経済のしくみ
(11/14発売、1,836円)
ダーシーニ・デイヴィッド (著),
池上彰 (監修), 花塚恵 (翻訳)

読み物として面白く、国際情勢が理解でき、経済学も学べる。ドルに焦点を当てることで、これほどまでに世界経済が見えてくるとは。
本書の優れた点は、ドルを主役にして世界を回りながら、それぞれの国が抱えている経済問題を浮き彫りにすることです。と同時に、アダム・スミスの分業論や
デヴィッド・リカードの比較優位論など 経済学の基礎理論が具体的に学べることです。
(監訳者:ジャーナリスト・池上 彰)





●日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ【11月26日朝刊】
「グローバル時代に学ぶ(下) 仲間と議論し、世界を広げて」
高校生、大学生を対象に開かれた講演についての最終回。「ユーチューバー」「パティシエ」「ゲームデザイナー」といった職業名の登場、さらにそれらが子どもに人気の職業ランキングにもあがるようになるとは、わずか10~20年ほど前には誰も予想しませんでした。AIが人間の仕事を奪うとの指摘に不安を感じる学生に対し、「いま存在しない仕事も生まれるかも」と答える池上さんの言葉から、そんなことを考えました。いつの時代にも変化や不安は付き物・・・その中を逞しく生き抜くために、「世界を知ること」が大きな力をくれそうです。
※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)

●マイナビニュース:「池上彰のニュースそうだったのか!!」担当Pの裏話!
「池上彰、大阪万博決定の新聞に興奮の理由」他

以前も紹介しました、テレビ朝日「池上彰のニュースそうだったのか!!」ご担当の丹羽敦子プロデューサーによる、番組作りの裏話シリーズ。今回の記事(11月26日)は、24日(土)の回が生放送となった事情やサウジアラビア解説についてのお話の他、池上さんの筋金入りの新聞オタクっぷりがうかがえるエピソードもあり、池上ファンの皆さまにはぜひご一読いただきたい内容です。どうぞ、のぞいてみて下さいね。




 ☆その他 匿名の皆様

 池上彰ファンクラブの理念とカンパ制に深いご高察を頂戴しており、誠にありがとうございます。
 匿名の方が多く、定期的にカンパをしてくださっている方もいらっしゃいます。
 次世代のために完全無料制を貫くこのプロジェクトをみんなで支え合ってまいりましょう!

 ※ カンパ制についてのご説明




◆次回のメルマガ定期便は12月11日(火)の予定です。(原則隔週火曜日)
緊急の出演情報等があればその都度、臨時便をお届けします。

『池上彰ファンクラブ』では、ウェブデザイナーを募集しております。
 IT・ネット環境が目覚ましい進化を遂げている昨今、PHP言語が多少理解でき、WordPressでサイト構築できるスタッフを求めています。⇒気になる方はまず【member@akiraikegami.com】までメールにてお問い合わせくださいね。

◆池上さんの最新情報は、公式ファンサイトの 新着情報コーナーでも随時更新しています。この更新は Twitter Facebook でも受け取ることができます。
 またTwitter,Facebookでは出演番組のリマインド(番組開始の数時間前にお知らせ)も実施していますので、ご活用ください。
 できるだけ多くの池上さん情報を集めるようにしていますが、特に直前の生出演や地域的な講演会・特番等は見逃してしまうこともあります。まだ掲載されていない情報を見つけた方は、ぜひ池上彰ファンクラブ【member@akiraikegami.com】までメールにてお知らせくださいね。

公式サイトリンク
新規会員登録(無料)マイ・アカウントQ&A

 
このメールをお子様やご家族、生徒さんたちにも転送してあげて「知」のパワーを広めませんか?
転送の方法は簡単! こちらをクリック してアドレスを記入するだけ!
ご自分のメッセージも書き加えられます。

                
  

今後とも池上彰ファンクラブをよろしくお願いします。
★こんな下段まで目を通してくださるのはおそらくほんの少数のコアな会員さんだと思います。そのほんの少数の人たちと触れ合いたいがためのコーナー。
【管理人のあとがき】
 先週からの話題といえば、大阪万博決定と日産のゴーン氏逮捕のニュースですね。今回のあとがきは、ちょっとひと癖あります(?)ので、加味して読み進めていただけますと幸いです。
 さて、大阪万博の決定ですが、東京五輪後の次なる重要イベントとして誘致成功を素直に喜びたいですよね。とはいえ、万博についてはひとつ思うところがあるのです。今回の 夢洲での開催を 『負の遺産=バブルの遺産』の再生と謳うのであれば、プレゼンの際、① 安倍首相が『OSAKA、KANSAI OSKA、KANSAI』と連呼し、②山中教授が 『世界のあらゆる場所からやってくる未来の科学者たちを魅了してやまない、驚きの実験室となるのです』とスピーチして、③ 万博のテーマが「いのち輝く未来社会のデザイン」となるのなら、 IRとの抱き合わせのみ喧伝するのではなく、 「けいはんな学研都市」への テコ入れも検討・考慮してもらえたらいいのにな、と。
 また、日産のゴーン氏の件ですが、現報道は日産からのリークに基づいて話が進んでいるので、現状管理人的に何も言うことはないのですが、特集などに目を通すと、解説の中で頻繁にこのフレーズが使われているのが印象的です。 ジョン・アクトン『権力は腐敗する、絶対的権力は絶対腐敗する』

 今回の件、 ルノーとの経営統合を嫌った経営陣によるクーデターとの見方が有力ですが、管理人が不思議に思うのは『人は権力を握るとどうして腐敗(していると思われるようなことを)してしまうのか』という一点です。今回の逮捕理由は 『有価証券報告書の虚偽記載』ですが、日産の内部事情(司法取引が成立しなければ明るみにはなっていないと思われ…)がどうであれ、ゴーン氏自身、 私的損失を日産に転嫁するなど、自らを躓かせかねない石をどうして自分の前に据えてしまったのだろう???と。
 話は飛びますが、管理人最近、改めて日本史を見返していて、歴史上では クーデターや内乱が頻繁に起こるのですが、権力者への不満からクーデターへという道筋がほぼパターン化しているのは抗いようのない事実なんですね。それを踏まえながらここ数日 『西郷どん』を見てその切なさに泣いているのですが(笑)、一方で アクトン卿が『権力は腐敗する、絶対的権力は絶対腐敗する』と書いたのは1887年4月5日とのことで、131年も前に指摘されていることが相変わらず現代でも散見されること自体、人類が学習していない証拠のように思えてならないのです(例えば前東京都知事など)。
 つまり何が言いたいか。権力者の腐敗は歴史上繰り返され、ある意味類型化しており、それを情緒的に受け流すのではなく、その習性そのものを人間における脳機能のバグとして解析・認定しても良いのではないか、将来的に医療技術が進めばそれに治療を施す形で未来に繋げることも可能なのではないか、と。
 今日の日経の一面に 『人工知能(AI)に関する7つの原則』との記事がありました。 AI社会の到来は間近です。AIはパターンを解析し、それを凌駕するパフォーマンスを提示してくるでしょう、そのとき「人類はまだこんなところで足踏みしているの??」と突っ込まれかねないんじゃないか、管理人はそんなことを想像してしまうのです。
 大阪万博のテーマである 「いのち輝く未来社会のデザイン」。健康長寿だけではなく、科学によってより良い社会を目指す視点も盛り込んでいけたら、、などと妄想を膨らませる今日このごろでありました。
☆皆さまも日々の暮らしの中でふと『知』を見つけたら、管理人へお知らせくださると嬉しいです。小さなやりとりから大きなうねりができるといいなと妄想している今日このごろです。 メールはこちら⇒ member@akiraikegami.com
www.akiraikegami.com