mm_titleimage_1502
2019年2月5日(火)#283

様        (会員ID:  )

【管理人のひとこと】
 寒暖差の著しい最近ですが、皆さま体調など崩されていないでしょうか。
 さて、微々たるあゆみではありますがリニューアル中の我がファンクラブ、今回は 公式ツイッターの画像・背景を刷新致しました。デザインはもちろん我らがスタッフイラストレーター i,chiaki によるものです。素敵に仕上げてくれました!!
 スクラップブックに掲載していますが、今週の日経新聞『若者たちへ』の中で池上さんは、 ≪「知らない」を前提に≫ との内容で執筆されています。スタッフである私達はその池上さんの想いとパフォーマンスを皆さまにお届けするべく尽力する次第ですので、これからも池上彰ファンクラブの HP ツイッター、そしてこのメルマガとのお付き合いをよろしくお願い致します。

メルマガ内リンク

出演予定 | 新刊書情報 | スクラップブック今月のドナー様 | ファンクラブからのお知らせ

※引き続き池上彰ファンクラブでは、サイトメンテナンスのため皆さまにカンパをお願いしております。詳細につきましては 「カンパとは」 をご一読いただけますと幸いです。皆さまのお力添えによりこのファンクラブが成り立っております。どうぞよろしくお願い致します。




<番組出演>

●2019年2月9日(土)18時56分~20時54分(テレビ朝日) NEW!!
池上彰のニュースそうだったのか!!2時間スペシャル!
池上彰が、今「注目すること」「話題のこと」「知っておくべき世の中のこと」を分かりやすく徹底解説!家族みんなで考える、難しいだけじゃないニュースをお届けします。
日本と韓国はどうしてこんなにモメるのか?日ロ交渉で北方領土問題はどうなるのか?ファーウェイや貿易問題で揺れる米中関係はどうなっていくのか?
<番組内容>
(1) どうしてこんなにモメる?徴用工についての判決はなにがどう問題なのか、これまでも日韓でどんなことでモメてきたのか、そしてこれからはどうなるのか、基礎の基礎からわかりやすく解説!
(2) 日ロ関係はいい?悪い?北方領土は結局どうなりそうなのか、解説します!
(3) 貿易・ファーウェイ問題で揺れる米中関係。日本にはどんな影響が?基礎から解説!

●2019年2月10日(日)夜7時54分~9時48分(テレビ東京) NEW!!
日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の現代史を歩く
~Walking through Modern History~
第15回 今、世界で暗躍!スパイの知られざる世界

アメリカ、中国、ロシア・・・大国同士の知られざるスパイ合戦の全貌に迫る!
今、ニュースで世界をにぎわせている「スパイ」に注目。そもそもスパイとは?どんな人物なのか?そして何をするのか?知っているようで知らないスパイの世界に迫る! アメリカ、ロシア、中国など、大国同士の知られざるスパイ合戦の全貌とは? 池上は映画「007シリーズ」で有名なイギリスの諜報機関MI6や、“スパイ天国”と呼ばれるオーストリア・ウィーンを訪れ、スパイの現代史を徹底解説する。
美しすぎるロシア人スパイのその後とは!?イギリスの閑静な街で起きたスパイ暗殺未遂「ノビチョク事件」の現場を直撃!実は日本にもある秘密のスパイ組織とは!?

<レギュラー番組>

●4時55分~8時00分(テレビ朝日)
グッド!モーニング「池上彰のニュース大辞典」
毎週月曜~金曜の朝の情報まとめ番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日)の人気コーナー「池上彰のニュース知恵袋」が、今週から「池上彰のニュース大辞典」にリニューアル!通常、番組終盤の7時55分頃から5分程度放送。
短いけれど、エッセンスがギュッとつまってしっかり学べる、忙しい朝にピッタリの内容です!

●毎週(土)19時54分〜(テレビ朝日)
池上彰のニュースそうだったのか!!
最近大きな話題となっているニュースの数々、そして今さら「知らない」とは恥ずかしくて言えないニュースの数々を池上彰が基礎から分かりやすく解説します!

<イベント・登壇など>※現時点で締め切り期日に間に合うものだけを掲載しています。
●2019年3月3日(日)開場 12:30/開演 13:30 NEW!!
いわきトラック事業協同組合 創立50周年 公益社団法人福島県トラック協会
創立70周年 記念講演会 池上彰「世界を動かすエネルギー事情」

いわきトラック事業協同組合創立50周年、公益社団法人福島県トラック協会創立70周年を記念した講演会です。
池上彰さんが、「世界を動かすエネルギー事情」と題してお話しします。
【開催日】平成31年3月3日(日)
【時 間】開場:おひる12時30分/開演:午後1時30分
【場 所】いわき芸術文化交流館 アリオス 中劇場
【入場料】無料(定員300名、先着順)※要事前申込み、定員になり次第締切り
【申込み・問い合わせ】 いわきトラック事業協同組合
【申込み締切り】平成31年2月21日(木)
※ 申込み先「いわきトラック事業協同組合」の連絡先など、詳細は → こちらをご覧ください。

●株式会社文藝春秋 池上彰〈夜間授業〉“戦後”を作った10人の日本人
第9回「池田大作と創価学会」2019年2月8日(金) 開場18:30 授業開始19:00
池上彰さんが戦後日本の代表的人物10人を選び、彼らを通して「戦後」を読み直す、連続講義。都度受講生を募集致しますので、ご興味のある回に申込みいただけます。
「池上彰さんの〈夜間授業〉『”戦後”に挑んだ10人の日本人』」
☆教室=文藝春秋西館地下ホール 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23
☆受講料=一般6,480円、学生3,240円(いずれも税込) 全席自由席/車椅子席アリ
☆申込み方法 ①メール bunshunlive@bunshun.co.jp ②FAX 03-3239-5481
③郵便 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 ①②③のいずれも、株式会社文藝春秋メディア事業局「池上彰さんの〈夜間授業〉」係まで
☆主催 文藝春秋 申し込み詳細⇒「お名前」「郵便番号」「ご住所」「メールアドレス」「緊急時のご連絡先(携帯・固定電話番号等)」「ご同伴者がいる場合は総人数」「ご希望の回(「第9回・池田大作と創価学会」など)」を明記してお申し込みください。「学生」でお申し込みの方はその旨お書き添えいただき、当日学生証をご提示ください。
希望多数の場合は抽選を行います。ご当選者には事前に受講料をお振込みいただき、お支払い確認後受講券をお送りいたします。〈夜間授業〉は全10回の予定です。
第10回は、2019年3月28日(木)19:00授業開始です(人選未定)。以降のスケジュール、人物は決まり次第告知いたします。本授業の模様は後日「夜間授業オンライン」www.yakanjugyou.comにて有料配信いたします。
問い合わせ先=bunshunlive@bunshun.co.jp

●2019年2月9日(土) 14時00分〜18時30分
東京「地方紙4社合同記者セミナー」池上彰特別講演『記者になりたい』
「全国紙と地方紙の違いは?」「地方紙記者のやりがいって?」・・・。
人々の暮らしに密着しながら足元で起きている問題を丹念に追い、世に問い掛ける。世界や全国で起きている課題を地域に引き付けて問題提起し、他人事でなく我が事として考えてもらう。そうした中で読者の反響をダイレクトに実感できるのが地方紙記者の大きな魅力です。新聞記者が向き合うべき「現場」は、霞が関や永田町ではなく、人々の息遣いが感じ取れる地域にこそあるのです。
地方紙4社合同記者セミナーでは、分かりやすいニュース解説でおなじみのジャーナリスト池上彰さんが、記者の面白さや社会の中で果たす役割を解説します。東北、信州、中国、四国を拠点にそれぞれの地方紙で活躍する若手・中堅記者たちも、日々の取材を熱く語ります。皆さんのご質問に、各社の記者や採用担当者がお答えします。記者になりたい、地方紙についてもっと知りたいという学生の皆さん、地方紙記者のやりがいをぜひ感じて取ってください。
【日時】 2019年2月9日(土) 14時~18時30分
【会場】 イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区内幸町)
【主催】 河北新報社、信濃毎日新聞社、中国新聞社、高知新聞社
【対象者】 新聞記者を目指す大学生、大学院生
【参加料】 無料
【内容】● 特別講演「記者になりたい」 講師・池上 彰氏
● パネル討論「地方紙の現場から」 パネリスト・4新聞社の記者
● 各社ごとの会社説明(4社のブース設置)
【申し込み等】事前エントリーが必要。各社のホームページからお申し込みください。会場の都合により先着順。
申し込みや詳細情報は、下記各社のページをご覧ください。
信濃毎日新聞社 ⇒ 高知新聞社 ⇒ 河北新報社(pdfが開きます)





僕たちはなぜ働くのか(上巻): これからのキャリア、生き方を考える本
僕たちはなぜ働くのか(下巻): これからのキャリア、生き方を考える本
(2/12発売、4,860円)NEW!!
「仕事とは何か?」「幸せに働くには?」こうした観点から「仕事」を扱ったこれまでのものとは一味ちがうキャリア教育本。子どもが自分自身に問いかけながら読み進めることができる!豊富なマンガと図解で、小中学生の仕事観・働く意識の養成をサポート。


わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方: 池上流「知る力」の鍛え方  NEW!!
(2/15発売、864円)
どうすればホンモノの“情報”や“知識”を得られるのか?
「わかりやすさ」の開拓者が、行き過ぎた“要約”や、出所不明の“まとめ”に警鐘を鳴らし、真の情報探索術を伝授する。









会社のことよくわからないまま社会人になった人へ【第3版】 
(2/4発売、1620円)
ベストセラー・池上彰の「社会人」シリーズ改訂版!
・「会社」ってどんな組織?
・「会社」を見極めるポイントは?
・「会社で働く」ってどういうこと?
2005年に刊行した『会社のことよくわからないまま社会人になった人へ』。
テレビでも活躍するジャーナリスト・池上彰さんが、今更聞けない「会社のこと」を徹底解説します!今回の改定では、今話題の前澤友作氏が代表を務める「zozo」の話や、2019年より順次施行される予定の「働き方改革」など、最新の情報を盛り込みました。社会人になるための基礎知識が身につく、就活生や新社会人必読の一冊です。

経済のことよくわからないまま社会人になった人へ【第4版】 
(2/4発売、1620円)

・「アベノミクス」の効果はどうなっているの?
・2020年のオリンピック。その後の景気は?
・年金、ちゃんともらえるの?
2004年に刊行した『経済のことよくわからないまま社会人になった人へ』。
テレビでも活躍するジャーナリスト・池上彰さんが、今更聞けない「経済のこと」を徹底解説します!今回の改定では、2020年に迎えるオリンピックに関する問題や、
外国人労働者の受け入れ拡大、年金や消費税のことなど、前回の改定以降の最新の情報を盛り込みました。

政治のことよくわからないまま社会人になった人へ【第4版】 
(2/4発売、1728円)
・「選挙制度」のしくみは?
・法律はどのように作られる?
・「集団的自衛権」って何?
2008年に刊行した『政治のことよくわからないまま社会人になった人へ』。
テレビでも活躍するジャーナリスト・池上彰さんが、今更聞けない「政治のこと」を徹底解説します!今回の改定では、「一票の格差」問題や「モリカケ問題」、アメリカのトランプ政権など、前回の改定以降の最新の情報を盛り込みました。

池上彰と考える 「民主主義」 (2) 民主主義の国、そうでない国 
(1/31発売、3,132円)

☆池上彰さんが「民主主義」をやさしく解説!
民主主義を知る上で大切な、憲法、三権分立、選挙などを解説。いまの世界の民主主義の国と、民主主義でない国のことも考えます。いろんな国の実例も多数紹介。
☆出版社からのコメント
民主主義の重要な要素である、憲法や、選挙など…
しかしこれがあるのにとても民主主義とはいえない国が
世界にはたくさんあります。
ニュース、新聞、社会科の授業、必ず出てくる「民主主義」という言葉。しかしそのことに関して解説する本は意外にありません。
この3冊を読めば、「民主主義」がなぜ大切なのかがよくわかります。

3 難民って、なに?どうして困っているの?
(シリーズ:池上彰が解説したい!国民・移民・難民)

(1/15発売、3,024円)
ニュースでよく聞く「難民」。じつは日本にとっても大問題なんです!
第3巻は世界各地でますます増え続ける難民の現状とその未来を考えます。

池上彰と考える 「民主主義」 (1) 民主主義ってなに?
(12/21発売、3,132円)
池上彰さんが「民主主義」をやさしく解説!
「民主主義」という言葉はよく聞くけれども、うまく説明できる人はどのくらいいるでしょうか?池上彰さんが先生となって、わかりやすく解説してくれる本です。

 



●日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ(2月4日朝刊)
「話す力を磨く(上) ~『知らない』を前提に」
話す力を磨くには?池上さんでさえ「いまも悩んでいる」と言うのですから、すぐに役立つコツや近道は無さそうです。しかし、わかりやすさをとことん追求してきた池上さんが大切にしているポイントは2つあるとのこと。「なるほど」と深く頷けるこの2つには、他の人への基本的な「思いやり」が通底している気がします。
※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)



 ☆その他 匿名の皆様

 池上彰ファンクラブの理念とカンパ制に深いご高察を頂戴しており、誠にありがとうございます。
 匿名の方が多く、定期的にカンパをしてくださっている方もいらっしゃいます。
 次世代のために完全無料制を貫くこのプロジェクトをみんなで支え合ってまいりましょう!

 ※ カンパ制についてのご説明




◆次回のメルマガ定期便は2月19日(火)の予定です。(原則隔週火曜日)
緊急の出演情報等があればその都度、臨時便をお届けします。

◆池上さんの最新情報は、公式ファンサイトの 新着情報コーナーでも随時更新しています。この更新は Twitter でも受け取ることができます。

★なお、現在 公式Twitter にて、こまめに出演番組のリマインド(番組放送数時間前のお知らせ)を実施しておりますので、そちらを活用くださいませ。
今後の池上彰ファンクラブは、ファンクラブホームページ・メルマガ・Twitter、この3つに注力して運営してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

★できるだけ多くの池上さん情報を集めるようにしていますが、特に直前の生出演や地域的な講演会・特番等は見逃してしまうこともあります。まだ掲載されていない情報を見つけた方は、ぜひ池上彰ファンクラブ【member@akiraikegami.com】までメールにてお知らせくださいね。

公式サイトリンク
新規会員登録(無料)マイ・アカウントQ&A

 
このメールをお子様やご家族、生徒さんたちにも転送してあげて「知」のパワーを広めませんか?
転送の方法は簡単! こちらをクリック してアドレスを記入するだけ!
ご自分のメッセージも書き加えられます。

               
  

今後とも池上彰ファンクラブをよろしくお願いします。
★こんな下段まで目を通してくださるのはおそらくほんの少数のコアな会員さんだと思います。そのほんの少数の人たちと触れ合いたいがためのコーナー。
【管理人のあとがき】
 管理人、本来は結構な毒舌でありまして(笑、その刃を人様に向けぬよう自らを戒めつつ過ごす日々ですが、最近、12年前から今までの風景がやけにフラッシュバックしてきて仕方ないのです。
 「なぜなら…」と、言うまでもないですね、連日報道されている 統計不正問題です。で、その問題の核心に触れるべく前進しようものなら、さらなる『?』に出くわすというのはもうパターン化しているような気がしなくもないですが、それを声高に突き上げるのは この記事この記事に任せることにして、管理人が個人的に思うのは、1月7日付日経新聞の記事 『亥年選挙にシシは出るか(大機小機)』内のシシなるもの、これってこの統計不正問題が該当することになってくるんだろうなぁ、と。
 ここ数日の報道を眺めていると、ニュースオタクの管理人は12年前の暗雲垂れ込めた景色が頭の中に舞い戻ってきてしまいます。当時、筑紫哲也ニュース23が放送されており(晩期)、 消えた年金問題が叫ばれ、自民党が転げ落ちていくさまを目の当たりにして「この国はどうなるのだろう」との不安に苛まれたことを思い返さずにいられません。
 それから今までの間に、国民である私たちは 政権交代を経験し、 東日本大震災を経験し、その他さまざまな経験をして経験値は上がっているはずですが、その12年前の自民党の瓦解のきっかけとなった 官庁自体が体質やシステムをアップデートできていないのであれば、現段階でもおそらく、伏せられた不正が何処かの官庁に潜んでいるだろうなと想像してしまうのは管理人の邪推が過ぎるのかもしれませんね。
 そして、さらに残念な事実があります。現時点で政権を任せたい野党が見当たらないのです。 消えた年金問題時に「ミスター年金」と言われた長妻氏ですが、民主党による政権交代時の厚労相であり、水面下で統計が「不適切」処理されていた時期の厚労大臣であった事実は消えません。また、「先ず与党を突き上げる姿勢ありき」で声高に発言する野党の姿は、有権者として見ていて辛いものがあります。
 今回のあとがきは『亥年選挙』と吹聴されている今年の参院選を踏まえてネガティブ要素を拾い集めてみました。現実に向き合うことは成長のひとつの要素であります。
 この問題を糧とできるのか、それとも足を引っ張られ崩れゆくのか。日本という国の中枢を動かす人たちの足腰の強さを信じたいものです。
☆皆さまも日々の暮らしの中でふと『知』を見つけたら、管理人へお知らせくださると嬉しいです。小さなやりとりから大きなうねりができるといいなと妄想している今日このごろです。 メールはこちら⇒ member@akiraikegami.com
www.akiraikegami.com