mm_titleimage_1502
2019年3月19日(火)#288

様        (会員ID:  )

【管理人のひとこと】
 ひと雨ごとに桜の便りに近づきつつあるこのごろですが、皆さまいかがお過ごしですか。今週末から花見の予定がちらほら入っていると言われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
 今日のメルマガは特番情報はありませんが、講演や新刊、そしてコンペ等の情報で盛り沢山な内容となっていますのでじっくりお目通しくださいね。
 皆さま良い春をお迎えくださいませ。

メルマガ内リンク

出演予定 | 新刊書情報 | スクラップブック今月のドナー様 | ファンクラブからのお知らせ

※引き続き池上彰ファンクラブでは、サイトメンテナンスのため皆さまにカンパをお願いしております。詳細につきましては「カンパとは」をご一読いただけますと幸いです。皆さまのお力添えによりこのファンクラブが成り立っております。どうぞよろしくお願い致します。




<番組出演>

今回は特番のお知らせはありません。
情報が入り次第臨時便にてお知らせします。

<レギュラー番組>

●4時55分~8時00分(テレビ朝日)
グッド!モーニング「池上彰のニュース大辞典」
毎週月曜~金曜の朝の情報まとめ番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日)の人気コーナー「池上彰のニュース知恵袋」が、今週から「池上彰のニュース大辞典」にリニューアル!通常、番組終盤7時55分頃から5分程度放送。短いけれど、エッセンスがギュッとつまってしっかり学べる、忙しい朝にピッタリの内容です!

●毎週(土)19時54分〜(テレビ朝日)
池上彰のニュースそうだったのか!!
最近大きな話題となっているニュースの数々、そして今さら「知らない」とは恥ずかしくて言えないニュースの数々を池上彰が基礎から分かりやすく解説します!

<コンペ・コンテスト>
●2019年3月1日~4月21日 <エントリー受付期間> NEW!!
【アイデア募集!】池上彰が決勝大会審査員に!
「若者が難民問題に挑むアイデアコンペ」

■「未来ドラフト2019 ~わたしと難民がつながるアイデア・コンペティション~」
概要「未来ドラフト2019」
課題テーマ:
ビディビディ*に住む子どもたちにとって、”一生忘れられない授業”を考えてください
授業のテーマ:平和を築く上で大切なこと
授業形態/教科:自由
授業にかけてよい費用:10万円以内目安
*ビディビディ:南スーダン難民が暮らすウガンダにある世界最大の難民居住地
<エントリー受付期間>2019年3月1日(金)~4月21日(日)
詳しくは→ こちら

●2019年7月1日 <エントリー締切り> NEW!!
「第26回新聞配達に関するエッセーコンテスト」

日本新聞協会は「新聞配達の日・新聞少年の日【10月20日(日)】」に向け、「第26回新聞配達に関するエッセーコンテスト」を実施します。今回はジャーナリストの池上彰さんが特別審査員を務めます。
新聞配達や新聞販売所に関するちょっといい話、販売所スタッフとの心温まるエピソード、新聞配達での経験などを400字程度にまとめ、応募フォーム(web)、はがき、封書、ファクス、電子メールでご応募ください。
■ 応募方法: Web応募フォーム、はがき、封書、ファックス、Eメールで受付。
■ 記入事項:新聞配達に関するエッセー(400字程度)
※ 応募作品は事実に基づいた内容で、自分自身が聞いた・感じた内容の未発表の作品に限ります。
※ 応募作品は返却しません。
・郵便番号・住所(都道府県名から)、氏名(よみがな)、生年月日、性別、職業(児童・生徒の方は学校名)、電話番号(日中連絡がとれる番号)、新聞配達経験の有無 をご記入の上、ご応募ください。
■ 締め切り: 2019年7月1日(月)(当日消印有効)
※ その他の詳細情報(審査や発表、賞金など)、および応募用紙のダウンロードや応募フォームなど、詳しくは→ こちらをご覧下さい。

<イベント・登壇など>
※現時点で締め切り期日に間に合うものだけを掲載しています。

●2019年4月7日【日】 Amazon Japan本社(東京) NEW!!
「KD TOKYO 2019ー難⺠問題はじぶんごと?」
池上彰がビデオメッセージで難民問題を解説!

”未来を担う一人一人が当事者に” 
高校生団体K-Diffusionorsは、同世代の学生たちと一緒に難⺠問題について考えるイベント”KD TOKYO 2019ー難⺠問題はじぶんごと?ー” を4月7日(日)にAmazon Japan 本社にて開催致します。
イベント概要 「KD Tokyo 2019 ー難⺠問題は、じぶんごと?ー」
■日時 2019 年 4 月 7 日(日)13:00-16:30 (12:30 開場)
■会場 アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 目⿊アマゾン新オフィス 21F
■対象 中学生、高校生、大学生、一般 ■定員 300 名 ■参加費 無料
■登壇者
・安田 菜津紀さん (フォトジャーナリスト)
・忍足 謙朗さん (元国連 WFP アジア地域局長)
※池上さんはビデオメッセージのみです。登壇はありません。
■内容
12:30 会場 13:00 オープニング
13:10~14:00 登壇者講演(キーノートスピーチ)
14:10~15:00 池上彰さんよりビデオメッセージ 難⺠問題についての解説
15:00~15:25 高校生渡航者からのトークセッション ~実際にウガンダの難⺠居住地を訪問 してきて~
15:00~15:25 交流会・スポンサー様紹介
15:30~16:10 ワークショップ (VR 動画による疑似体験、ディスカッション)
16:10~16:25 エンディング
■申込み: まずはこの記事(ニコニコニュース)で詳細をご確認の上、サイト内の申込みリンクからお申込み下さい。
■共催:開成高等学校K-Diffusionors、特定⾮営利活動法人ワールド・ビジョンジャパン
※ その他の詳細情報は→ こちらをご覧下さい。

●2019年4月23日【火】「日経プレミアムゼミナール in 名古屋」 NEW!!
◆池上彰氏特別講演会◆
ジャーナリストの池上彰氏を講師としてお招きし、「日経プレミアムゼミナールin名古屋」を開きます。入場無料。皆様のご応募をお待ちしております。
【日時】2019年4月23日(火) 18:00~20:50(開場17:30)
【開場】名古屋市公会堂(愛知県名古屋市昭和区鶴舞)【定員】800名
【主催】日本経済新聞社販売局【受付締切】2019年4月12日(金)正午
※応募者多数の場合は抽選となります。
※当選発表は招待券発送あるいはメール送信をもってかえさせていただきます。
【プログラム・講師】
■ 第一部 効率的に情報収集をしたい人のための「日本経済新聞の読み方」講座
講師:日本経済新聞社販売局マーケット開発部上席担当部長 日経読み方マスター 山野茂樹
■ 第二部・特別講演 「ニュースを読み解く(仮題)」
ジャーナリスト・東京工業大学 特命教授 池上彰氏
【申込方法】 お知らせページ内の「申込み」から
※ 申込みサイト等、詳しくは →こちら(日経をヨクヨムためのナビサイトnikkei4946 お知らせページ)

●2019年5月23日【木】東京、5月30日【木】名古屋 NEW!!
「JB Groupと創る ITの未来展 2019」

JBグループは「JB Groupと創るITの未来展」を開催いたします。「JB Groupと創るITの未来展」では “手探りだからワクワクする つながりで明日を拓く” をテーマにお客様と一緒に創る未来をJBグループおよびパートナー各社と共にセッションや展示を通じて具体的にご紹介いたします。
基調講演には、池上 彰氏(東京・名古屋)、辛坊 治郎氏(大阪)をお迎えいたします。
ご多忙中とは存じますが、ぜひご来場承りますよう、お願い申し上げます。
また、期間限定でFacebookページを開設、5月の開催に向けた準備の模様や見どころなど、事務局メンバーがタイムリーに発信してまいります。公式サイトとあわせて、ぜひご覧ください。
【開催日時】
東 京︰5月23日(木)ザ・プリンス パークタワー東京  時間:11:30~18:00
名古屋︰5月30日(木)ヒルトン名古屋 時間:11:30~18:00
【基調講演】東京、名古屋: 池上 彰 氏【構成】 基調講演、セッション、展示
<公式サイト>
<Facebookページ 期間限定アカウント> (期間:2019年3月5日~ 6月30日)

●2019年6月1日【土】信州大学創立70周年 旧制松本高等学校100周年記念式典 NEW!!
池上彰氏トークセッション「信州の高等教育黎明期」
■ 日時: 2019年6月1日(土) 13:30~15:50
■ 会場: まつもと市民芸術館 主ホール
■ 料金: 入場無料 ※要事前申込、入場には事前に送付する入場券が必要です。
※応募者多数の場合は、抽選となります。
■ 主な内容:
第1部:セレモニー/名誉博士称号授与など
第2部:池上彰氏トークセッション「信州の高等教育黎明期」
ジャーナリスト・信州大学経法学部特任教授 池上彰氏
信州大学副学長(学術情報担当) 附属図書館長 渡邉匡一
信州大学ビジョン2030発表 大学歌完成披露コンサート
■ 主催:国立大学法人 信州大学、共催:信濃毎日新聞社
■ 申込み:web「信毎読者サイト なーのちゃんクラブ」のお知らせページ、
「お申込み」ボタンから。
※ その他の詳細は →こちら をご覧ください。

●2019年3月26日【火】18:15 受付開始 
第4回サイエンスカフェ「サイエンスとポピュリズム」
定量研発足1周年記念として、第4回サイエンスカフェはサイエンスとポピュリズムをテーマに4名(古田彩さん、稲垣雄也さん、白髭克彦先生、池上彰先生)に語っていただきます。あのSTAP事件から5年が経とうとしています。研究の現場では事件の前後で何が変わったのか、何が残ったのか、検証していきます。乞うご期待。
■ 概要
司会進行:池上 彰(東京大学 定量生命科学研究所 客員教授)
講演者: 古田彩(日経サイエンス・編集長)、稲垣雄也(NHK・科学文化部記者)、白髭克彦(東京大学 定量生命科学研究所・所長
■ 対象: 専門知識は必要ありません。おおむね大学生以上が対象ですが、高校生以下でも保護者同伴であればOKです。
■ 日時: 2019年3月26日(火曜日)18:15 受付開始
■ 場所: クルーズクルーズ(東京都新宿区新宿3-5-4 レインボービレッジ8・9F、 http://ginza-cruise.jpn.org/shinjuku/
■ 参加費(ソフトドリンク飲み放題付き): 学生 2,000円 一般共に 3,000円
※先着順(定員を超えた場合は先着順とさせて頂きます。)
■ 事前に参加登録が必要です。 必ず→こちら の「事前登録」から登録して下さい。※定員を超えた場合は先着順です。

●2019年3月28日【木】 18:30 開場/19:00 授業開始 株式会社文藝春秋

「池上彰さんの〈夜間授業〉『”戦後”に挑んだ10人の日本人』」
第10回「天皇陛下と美智子さま」

池上彰さんが戦後日本の代表的人物10人を選び、彼らを通して「戦後」を読み直す、連続講義。いよいよ最終回となりました。
最終回は『平成』という時代に、また『象徴』とのお立場に、誰よりも誰よりも真摯に向き合ってこられた「天皇陛下と美智子さま」です!どうぞご期待ください!
☆教室=文藝春秋西館地下ホール 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23
☆受講料=一般6,480円、学生3,240円(いずれも税込) 全席自由席/車椅子席アリ
☆申込み方法 ①メール bunshunlive@bunshun.co.jp ②FAX 03-3239-5481
③郵便 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 ①②③のいずれも、株式会社文藝春秋メディア事業局「池上彰さんの〈夜間授業〉」係まで
☆主催 文藝春秋 申し込み詳細⇒「お名前」「郵便番号」「ご住所」「メールアドレス」「緊急時のご連絡先(携帯・固定電話番号等)」「ご同伴者がいる場合は総人数」「ご希望の回(「第10回)」を明記してお申し込みください。「学生」でお申し込みの方はその旨お書き添えいただき、当日学生証をご提示ください。
希望多数の場合は抽選を行います。ご当選者には事前に受講料をお振込みいただき、お支払い確認後受講券をお送りいたします。〈夜間授業〉は全10回の予定です。
本授業の模様は後日「夜間授業オンライン」にて有料配信いたします。
☆問い合わせ先=bunshunlive@bunshun.co.jp

●2019年4月17日【水】18時30分~19時30分
「あいちトリエンナーレ2019」プレイベント
『池上彰のアートそうだったのか!! ~国際芸術祭と地域創生~』

いよいよ8月に開幕する「あいちトリエンナーレ2019」のプレイベントとして、ジャーナリストの池上彰氏をゲストに迎え、国際芸術祭が地域にどのようなレガシーを残すことができるのかなどをテーマに、津田大介芸術監督との対談を行います。
■ 日時: 平成31年4月17日(水)午後6時30分から午後7時30分まで(開場午後6時)
■ 会場: 那古野小学校 体育館(名古屋市西区那古野二丁目)
■ 参加費: 無料(要事前申込・先着順)
■ 定員: 300名
■ 対談者: 池上 彰(ジャーナリスト)、津田大介(「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督)
■ 申込方法: イベント申込フォームからお申込み下さい(参加希望者ごとにお申込みをお願いいたします)。
■ 申込締切:4月15日(月)※先着順で、定員に達し次第、申込みを締め切ります。
・当日は午後6時25分までのご着席にご協力をお願いいたします。
・会場内での写真・動画撮影、録音はご遠慮下さい(プレス関係者は除きます)。
・当日、記録のために会場の様子の写真撮影を行います。後日あいちトリエンナーレ公式webサイト等に掲載する可能性がありますのでご了承下さい。
※ 詳細については →こちらを必ずご確認下さい。イベント申込みフォームも同ページにあります。

●2019年6月2日【日】開演 14:00
秦野市文化会館 池上彰 講演会「ニュースを読み解く」~新しい元号を迎えて~
■ 公演日時: 2019年6月2日(日曜日)開演 14:00(開場 13:30)
■ 場所: 秦野市文化会館 大ホール
■ 料金: 全席指定 一般2,200円 学生(25歳以下)1,000円
※ 未就学児の入場はご遠慮ください
■ 発売日:2019年3月3日(日曜日)午前10時発売(電話予約は午後1時から)
※チケット購入は、インターネット、電話、プレイガイドで。
■ 主催・お問い合わせ: 秦野市文化会館事業協会 0463-81-1211
※チケットの購入方法など、詳しくは →こちら を必ずご覧ください。





ライブ!現代社会 2019 NEW!!
(3/11発売、940円)
●巻頭特集では、池上彰×小島瑠璃子の対談「18歳の政治参加」を設置!
●池上彰が解説する多彩な特設「池上ライブ」
●大迫力の最新写真による「ライブ感」
●「日本・世界のニュース」および各ページの導入資料は、2018年の最新情勢を踏まえて更新。
●臨場感のある導入写真→池上彰監修の解説→まとめ の理解しやすい紙面構成

池上彰と考える「民主主義」(3) 日本の民主主義はどうなのか? NEW!!
(3/12発売、3,132円)
池上彰さんが「民主主義」をやさしく解説!
「世界民主主義指数」で日本は23位!日本はなぜ低いのか。
北欧諸国はなぜ上位なのか。選挙や憲法改正の問題等も含め、池上彰さんと一緒にこれからの日本を考えましょう。

メディアは誰のものか―「本と新聞の大学」講義録  NEW!!
(3/15発売、929円)
テレビ、新聞、出版、ソーシャルメディアの最前線で活躍する識者が総結集。
「メディア不信」を乗り越える道を探る!
今あらためて気付かされるのは、エスタブリッシュメントとなった新聞などの活字メディアと、キー局を中心とするテレビ・メディアの「斜陽化」であり、ネットの仮想空間も含めて、メディアの恐ろしいほどの多様化が進み、アナーキーなほど無秩序に真偽不明の情報が飛び交っているにもかかわらず、同時に人々の言動がステレオタイプ化しつつある奇妙な現実である。
このジョージ・オーウェルの「1984」的世界をどう読み解いたらいいのか。(姜尚中「まえがき」より)

生! 池上彰×山里亮太 深読みニュース道場 NEW!!
(3/23発売、1,512円)
山ちゃんの「目のつけどころ」に「池上解説」がブラックに答える!
旬のニュースに対する山ちゃんの「目のつけどころ」に、「池上解説」がブラックに答える――。
MBSの人気深夜生放送番組が待望の書籍化。新聞のニュースが「読まなきゃいけないもの」から「読みたいもの」にきっと変わる一冊。
8つの大きなテーマとともに、気になるニュースの問答集も。池上×山里の対談形式での読みやすさとわかりやすさに、深夜生放送ならではの深読み・裏読みがさえる。

速すぎるニュースをゆっくり解説します Fast News,Slow Journalism
(3/8発売、918円)

就活、そして2020年型入試に必須の「考える力」を!
慌ただしい日々のニュースの塵を払ってゆっくり解説しなければ、世界の変化の本質は見えません。ここ数年の情報がわかるお得な一冊!








池上彰と考えるフェイクニュースの見破り方1「正しい情報」って、なに? (1)
(2/22発売、3,456円)

池上彰と考えるフェイクニュースの見破り方2 インターネットのしくみ (2)
(3/1発売、3,456円)

フェイクニュースをテーマに、ニセの情報を受け取らない、出さないためにはどうすればよいか考えるシリーズ。
1巻は、「デマ」の広がり方含め、「デマ」とは何かを理解し、「正しい情報」とは何かを各メディアの特徴とともに考える。
2巻は、インターネットで情報を獲得する際の手段の種類や特徴を説明し、ネットの情報の真偽を判断の仕方を簡明に解説。

新版 政治と経済のしくみがわかるおとな事典 
(2/21発売、1,620円)
【「大人としての最低限の知識」が身につく】
新社会人としてスタートしたときに、最低これだけは知っておきたい政治と経済、国際情勢のしくみとその裏側を、池上彰氏監修で、わかりやすくイラスト図解。漫画とチャートが満載で、ポイントがひと目で理解できます。

君たちの日本国憲法 (単行本) 
(2/26発売、1,512円)
憲法の本質や日本国憲法の特徴、そして、憲法がどれほど国民の生活と密接かを池上彰が事例をまじえて解説する。そして、それを護り、また変えていくには、どのような議論が必要なのかを導きだす。遠い存在に思えて、じつは身近な憲法。池上彰が高校生を対象に、実際に講義をした内容だからわかりやすい。






マンガ 僕たちの日本国憲法 (単行本) 
(2/26発売、1,512円)
高校3年生の彩、和久、ひかるの3人は都内の私立高校に通っている。この日は、学校で開かれた、ジャーナリスト池上彰さんによる特別講義「君たちの日本国憲法」に参加していた。憲法と法律の違い、現行憲法の成り立ち、立憲主義とはなにか、国民の権利と義務――。講義を聴いた3人は、これまで漠然としか理解していなかった憲法という存在に俄かに関心を抱く。池上さんの「考えていくのは君たちなんだ」という言葉を胸に、親や祖父母に話を聞き、ときに級友たちと意見を交わしていく。そして、自分たちの社会について理解を深め、積極的に関わろうとするようになる。池上さんの講義のエッセンスと憲法の歴史、現役高校生の素朴な疑問や感想をもとにストーリーを構成。解説のわかりやすさだけでなく、ドラマとしての面白さも追求した、日本国憲法を身近なものにさせる漫画作品。同じ講義から生まれたテキスト版とマンガ版、対をなす2冊の同時刊行。

ニュース年鑑2019 
(2/26発売、3,780円)
巻頭でも特集する異例づくめだった天候をはじめとして、大阪北部地震、西日本豪雨、北海道地震など、大規模な自然災害が目立った2018年。
本書は、2018年1月から12月に起きたニュースのうち、代表的なものを88取り上げ、写真と図版も使ってわかりやすく紹介した本です。時事問題特有のむずかしい言葉も、用語解説でわかりやすく解説しており、ニュースの理解を助けます。
監修は本シリーズでもおなじみとなり、多方面のメディアで活躍する池上彰氏がつとめます。

わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方: 池上流「知る力」の鍛え方
(2/15発売、864円)
どうすればホンモノの“情報”や“知識”を得られるのか?
「わかりやすさ」の開拓者が、行き過ぎた“要約”や、出所不明の“まとめ”に警鐘を鳴らし、真の情報探索術を伝授する。








 



●日本経済新聞電子版:コラム 池上彰の現代史を歩く (3月18日朝刊)
「米ハリウッド 赤狩りとの戦い」 
アメリカ・ハリウッドと言えば映画の都。華やかなイメージの一方で、そこには分断の歴史がありました。東西冷戦のころ、共産主義者を狙い撃ちにした”赤狩り”の嵐はハリウッドにも吹き荒れたのです。ジャーナリズムにも通底する、表現の自由と伝える責任。その意義の大きさ故の覚悟を、映画人たちはどうつないできたのか。池上さんの取材を振り返ります。
※ 日本経済新聞電子版コラム「池上彰の現代史を歩く」は、テレビ東京系列で放映中の同名番組との連携企画です。「池上彰の現代史を歩く」掲載時は、「池上彰の大岡山通信 若者たちへ」はお休みとなります。
※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)



 ☆その他 匿名の皆様

 池上彰ファンクラブの理念とカンパ制に深いご高察を頂戴しており、誠にありがとうございます。
 匿名の方が多く、定期的にカンパをしてくださっている方もいらっしゃいます。
 次世代のために完全無料制を貫くこのプロジェクトをみんなで支え合ってまいりましょう!

 ※ カンパ制についてのご説明




◆次回のメルマガ定期便は4月2日(火)の予定です。(原則隔週火曜日)
緊急の出演情報等があればその都度、臨時便をお届けします。

◆池上さんの最新情報は、公式ファンサイトの新着情報コーナーでも随時更新しています。この更新は Twitter でも受け取ることができます。

★なお、現在 公式Twitter にて、こまめに出演番組のリマインド(番組放送数時間前のお知らせ)を実施しておりますので、そちらを活用くださいませ。
今後の池上彰ファンクラブは、ファンクラブホームページ・メルマガ・Twitter、この3つに注力して運営してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

★できるだけ多くの池上さん情報を集めるようにしていますが、特に直前の生出演や地域的な講演会・特番等は見逃してしまうこともあります。まだ掲載されていない情報を見つけた方は、ぜひ池上彰ファンクラブ【member@akiraikegami.com】までメールにてお知らせくださいね。

公式サイトリンク
新規会員登録(無料)マイ・アカウントQ&A

 
このメールをお子様やご家族、生徒さんたちにも転送してあげて「知」のパワーを広めませんか?
転送の方法は簡単!こちらをクリック してアドレスを記入するだけ!
ご自分のメッセージも書き加えられます。

              
  

今後とも池上彰ファンクラブをよろしくお願いします。
www.akiraikegami.com

★こんな下段まで目を通してくださるのはおそらくほんの少数のコアな会員さんだと思います。そのほんの少数の人たちと触れ合いたいがためのコーナー。
【管理人のあとがき】
 今日のメルマガは盛り沢山で、これ以上メルマガが長くなるのは憚れますのでお休みします。皆さま良い一週間を☆

☆皆さまも日々の暮らしの中でふと『知』を見つけたら、お知らせくださると嬉しいです。小さなやりとりから大きなうねりができるといいなと妄想している今日このごろです。
メールはこちら⇒ member@akiraikegami.com