mm_titleimage_1502
2019年4月16日(火)#291

様        (会員ID:  )

【管理人のひとこと】
 平成という時代も残すところあと2週間となりました。
 今年の桜は例年より長く咲いているとのことで、桜の花も平成時代を名残惜しんでいるのかもしれませんね。
 ということで平成最後の日の特番情報が入ってきました!詳細はのちのち上がってくると思いますが、残り2週間を大切に過ごしつつ、新時代前日の特番を待ちたいと思っています。
 皆さまの残りの平成の日々が健やかなものでありますように。

メルマガ内リンク

出演予定 | 新刊書情報 | スクラップブック今月のドナー様 | ファンクラブからのお知らせ

※引き続き池上彰ファンクラブでは、サイトメンテナンスのため皆さまにカンパをお願いしております。詳細につきましては「カンパとは」をご一読いただけますと幸いです。皆さまのお力添えによりこのファンクラブが成り立っております。どうぞよろしくお願い致します。




<番組出演>

●2019年4月19日(金) 20時00分~21時55分(フジテレビ) NEW!!
金曜プレミアム・池上彰スペシャル
徹底解説!令和ニッポンを変える国民的三大イベント

いよいよ来月から始まる「令和」はどのような時代になるのか?「令和ニッポン」を変える国民的3大イベントを池上彰が徹底解説!
▼ まもなく新天皇に即位される皇太子さま。美智子さまによる“皇室初の子育て”のご様子など、海外メディアが報じた皇太子さまの幼少期からの貴重な映像を紹介。
▼ 東京オリンピック。このオリンピックで日本はどのように変わるのか?
▼ “日本のおもてなしの心”とは?
▼ 2025年に大阪での開催が決定した万博。1851年にイギリス・ロンドンで開催された初めての万博や1900年のパリ万博など、過去の万博を振り返り出展されていた驚きの未来の技術を紹介。
令和の時代に迎えるビッグイベントで日本はどう変わっていくのか。「令和のニッポン」の姿とは?池上彰が新元号「令和」について、その意味や海外の反応も含めて詳しく解説!

●2019年4月30日(火)22時00分~(テレビ東京) NEW!!
池上彰の改元ライブ 平成から令和・・・新時代を見に行く!
4月30日(火) 夜10時より「池上彰の改元ライブ 平成から令和・・・新時代を見に行く!」が放送されます!平成最後の日の放送です、皆さま是非お楽しみに!!

<レギュラー番組>

●4時55分~8時00分(テレビ朝日)
グッド!モーニング「池上彰のニュース大辞典」
毎週月曜~金曜の朝の情報まとめ番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日)の人気コーナー「池上彰のニュース知恵袋」が、今週から「池上彰のニュース大辞典」にリニューアル!通常、番組終盤7時55分頃から5分程度放送。短いけれど、エッセンスがギュッとつまってしっかり学べる、忙しい朝にピッタリの内容です

●毎週(土)19時54分〜(テレビ朝日)

池上彰のニュースそうだったのか!!
最近大きな話題となっているニュースの数々、そして今さら「知らない」とは恥ずかしくて言えないニュースの数々を池上彰が基礎から分かりやすく解説します!

<コンペ・コンテスト>
●2019年3月1日~4月21日 <エントリー受付期間> 
【アイデア募集!】池上彰が決勝大会審査員に!
「若者が難民問題に挑むアイデアコンペ」

■「未来ドラフト2019 ~わたしと難民がつながるアイデア・コンペティション~」
概要「未来ドラフト2019」
課題テーマ:
ビディビディ*に住む子どもたちにとって、”一生忘れられない授業”を考えてください
授業のテーマ:平和を築く上で大切なこと
授業形態/教科:自由
授業にかけてよい費用:10万円以内目安
*ビディビディ:南スーダン難民が暮らすウガンダにある世界最大の難民居住地
<エントリー受付期間>2019年3月1日(金)~4月21日(日)
詳しくは→ こちら

●2019年7月1日 <エントリー締切り> 
「第26回新聞配達に関するエッセーコンテスト」

日本新聞協会は「新聞配達の日・新聞少年の日【10月20日(日)】」に向け、「第26回新聞配達に関するエッセーコンテスト」を実施します。今回はジャーナリストの池上彰さんが特別審査員を務めます。
新聞配達や新聞販売所に関するちょっといい話、販売所スタッフとの心温まるエピソード、新聞配達での経験などを400字程度にまとめ、応募フォーム(web)、はがき、封書、ファクス、電子メールでご応募ください。
■ 応募方法: Web応募フォーム、はがき、封書、ファックス、Eメールで受付。
■ 記入事項:新聞配達に関するエッセー(400字程度)
※ 応募作品は事実に基づいた内容で、自分自身が聞いた・感じた内容の未発表の作品に限ります。
※ 応募作品は返却しません。
・郵便番号・住所(都道府県名から)、氏名(よみがな)、生年月日、性別、職業(児童・生徒の方は学校名)、電話番号(日中連絡がとれる番号)、新聞配達経験の有無 をご記入の上、ご応募ください。
■ 締め切り: 2019年7月1日(月)(当日消印有効)
※ その他の詳細情報(審査や発表、賞金など)、および応募用紙のダウンロードや応募フォームなど、詳しくは→ こちらをご覧下さい。

<イベント・登壇など>
※現時点で締め切り期日に間に合うものだけを掲載しています。

●2020年2月11日【火・祝】「みやざきレディース倶楽部グレイス」
宮崎の女性のための文化講演会 会員限定・第4回講座
2020年2月11日(火・祝) 13:30〜 池上彰「ニュースから未来が見える」

みやざきレディース倶楽部グレイスは、宮崎に暮らす女性を応援する企画として1999年にスタートした女性限定の会員制講座です。会員の皆さまには、宮崎ではなかなか目にすることができない各界で活躍中の著名人による年4回の講演会(トークショーやコンサートも含む)を提供させていただいています。
年会費6,480円で年間4回の講座(ミニコンサート・講演・お楽しみ抽選会)に参加できます。18歳以上の女性であれば、どなたでもご入会いただけますので、母娘で家族でお友達と一緒にちょっぴり優雅な時間を過ごしていただけると幸いです。
■ 期間: 2019年4月から2020年3月までの1年間
■ 対象: 18歳以上の女性。※定員になり次第締め切らせていただきます。
■ 会費: 6,480円(2019年度内の4回の受講料) ※一旦入金された年会費は返金いたしかねます。
◆ 第4回講座の2020年2月11日(火・祝)は、「ニュースから未来が見える」のテーマで池上さんが講演します。会場はメディキット県民文化センターです。
■ 入会や各講座の内容など、詳しくは → こちら をご覧ください。

●2019年5月23日【木】東京、5月30日【木】名古屋 
「JB Groupと創る ITの未来展 2019」

JBグループは「JB Groupと創るITの未来展」を開催いたします。「JB Groupと創るITの未来展」では “手探りだからワクワクする つながりで明日を拓く” をテーマにお客様と一緒に創る未来をJBグループおよびパートナー各社と共にセッションや展示を通じて具体的にご紹介いたします。
基調講演には、池上 彰氏(東京・名古屋)、辛坊 治郎氏(大阪)をお迎えいたします。
ご多忙中とは存じますが、ぜひご来場承りますよう、お願い申し上げます。
また、期間限定でFacebookページを開設、5月の開催に向けた準備の模様や見どころなど、事務局メンバーがタイムリーに発信してまいります。公式サイトとあわせて、ぜひご覧ください。
【開催日時】
東 京︰5月23日(木)ザ・プリンス パークタワー東京  時間:11:30~18:00
名古屋︰5月30日(木)ヒルトン名古屋 時間:11:30~18:00
【基調講演】東京、名古屋: 池上 彰 氏【構成】 基調講演、セッション、展示
<公式サイト>
<Facebookページ 期間限定アカウント> (期間:2019年3月5日~ 6月30日)

●2019年6月1日【土】信州大学創立70周年 旧制松本高等学校100周年記念式典
池上彰氏トークセッション「信州の高等教育黎明期」
■ 日時: 2019年6月1日(土) 13:30~15:50
■ 会場: まつもと市民芸術館 主ホール
■ 料金: 入場無料 ※要事前申込、入場には事前に送付する入場券が必要です。
※応募者多数の場合は、抽選となります。
■ 主な内容:
第1部:セレモニー/名誉博士称号授与など
第2部:池上彰氏トークセッション「信州の高等教育黎明期」
ジャーナリスト・信州大学経法学部特任教授 池上彰氏
信州大学副学長(学術情報担当) 附属図書館長 渡邉匡一
信州大学ビジョン2030発表 大学歌完成披露コンサート
■ 主催:国立大学法人 信州大学、共催:信濃毎日新聞社
■ 申込み:web「信毎読者サイト なーのちゃんクラブ」のお知らせページ、
「お申込み」ボタンから。
※ その他の詳細は →こちら をご覧ください。

●2019年6月2日【日】開演 14:00
秦野市文化会館 池上彰 講演会「ニュースを読み解く」~新しい元号を迎えて~
■ 公演日時: 2019年6月2日(日曜日)開演 14:00(開場 13:30)
■ 場所: 秦野市文化会館 大ホール
■ 料金: 全席指定 一般2,200円 学生(25歳以下)1,000円
※ 未就学児の入場はご遠慮ください
■ 発売日:2019年3月3日(日曜日)午前10時発売(電話予約は午後1時から)
※チケット購入は、インターネット、電話、プレイガイドで。
■ 主催・お問い合わせ: 秦野市文化会館事業協会 0463-81-1211
※チケットの購入方法など、詳しくは →こちら を必ずご覧ください。





おとなの教養 2―私たちはいま、どこにいるのか?
(4/10発売、918円)

教養とは、「立ち止まって考える力」です。
AIとビッグデータ、キャッシュレス社会、民族紛争に地政学、ポピュリズムから日本国憲法まで─。
いま知っておきたい6つのテーマについて、歴史や経済、政治学の教養をベースに、わかりやすい解説で問題のみなもとにまで迫る。32万部突破『おとなの教養』(NHK出版新書)の第2弾、満を持して登場。新聞やテレビの報道が、より深く理解できるようになる!



教育激変-2020年、大学入試と学習指導要領大改革のゆくえ
(4/6発売、907円)

2020年度、教育現場には「新学習指導要領」が導入され、新たな「大学入学共通テスト」の実施が始まる。なぜいま教育は大改革を迫られるのか。文科省が目指す「主体的・対話的で深い学び」とはなにか。
自ら教壇に立ち、教育問題を取材し続ける池上氏と、「主体的な学び」を体現する佐藤氏が、日本の教育の問題点と新たな教育改革の意味を解き明かす。巻末には大学入試センターの山本廣基理事長も登場。入試改革の真の狙いを語りつくした。



池上彰が聞く韓国のホンネ
(4/5発売、1,404円)
徴用工問題にレーダー照射問題……。
なぜ日本と韓国はここまでこじれてしまったのか?
そして日本はどう付き合っていけばいいのか。
現地を歩き人々の話を聞いて初めてわかった、韓国の頭の中。
朝鮮半島の複雑な歴史背景もまるわかり!





生! 池上彰×山里亮太 深読みニュース道場 
(3/22発売、1,512円)
山ちゃんの「目のつけどころ」に「池上解説」がブラックに答える!
旬のニュースに対する山ちゃんの「目のつけどころ」に、「池上解説」がブラックに答える――。
MBSの人気深夜生放送番組が待望の書籍化。新聞のニュースが「読まなきゃいけないもの」から「読みたいもの」にきっと変わる一冊。
8つの大きなテーマとともに、気になるニュースの問答集も。池上×山里の対談形式での読みやすさとわかりやすさに、深夜生放送ならではの深読み・裏読みがさえる。

 



●朝日新聞社「好書好日」:
ホーキング博士が人類に残した「ビッグ・クエスチョン」とは?
池上彰さん、落合陽一さんらが議論
 NEW!!

朝日新聞社の書籍紹介サイト「好書好日」に、池上さんがモデレーターを務めたシンポジウムの模様が掲載されました。
「車いすの天才物理学者」として知られ、2018年に亡くなったスティーヴン・ホーキング博士。彼が死の直前まで書き続けた遺作を読み解くシンポジウムが3月24日、都内で開かれた。ジャーナリストの池上彰さんが進行役を務めてパネルディスカッションが行われ、博士が人類に伝えたかった最後のメッセージに思いを巡らせた。

●幻冬舎 GOLD ONLINE:親子で学ぶ!お金をかしこく使うための特別授業
『池上彰のはじめてのお金の教科書』より
【第1回】子どもに説明できる?世の中に「株式会社」が多いのはなぜ?
【第2回】株主が一番えらくなる?株式会社をつくる「株」のすごいしくみ
【第3回】小学生に「株式投資でもうけるコツ」を聞かれたら、こう答える
【第4回】 「為替のしくみ」「税金の意味」…子どもに教えたいお金の話 NEW!!
「あなたの財産を『守る』『増やす』『残す』ための総合情報サイト」幻冬舎 GOLD ONLINE に、池上さんの著書「池上彰のはじめてのお金の教科書」を引用した連載が展開中です!




 えっ?4月12日期限じゃなかったっけ!?
「離脱するする詐欺も甚だしいよ…」と思わずにはいられない英国のEU離脱問題。
さてさて今回も!イギリス在住の我らがスタッフ、イラストレーター i,chiaki の現地レポートが届きました!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3度目のブレグジット延期が確定、混迷を極めるイギリス社会。
日本企業はいくつも撤退、金融業界の中枢も他国へ移り、市民は万が一のために食糧や水を備蓄し、人々は振り回されるばかりです。誰得でもないこの流れに、いい加減疲れてきました。
実はブレグジットは、世界を疲弊させ、破滅に向かわせる為の秘密結社イルミナティの陰謀だ!と信じちゃった方が楽になれるかも…。

NHK:教えてイギリス人の本音! EU離脱したいの?したくないの?
BBC:【寄稿】陰謀論――なぜこれほど大勢が信じるのか




















~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 陰謀論が先か市場の衰退が先か、イギリスの立ち位置は意外と水際まで来ているのかもしれません・・・



 ☆その他 匿名の皆様

 池上彰ファンクラブの理念とカンパ制に深いご高察を頂戴しており、誠にありがとうございます。
 匿名の方が多く、定期的にカンパをしてくださっている方もいらっしゃいます。
 次世代のために完全無料制を貫くこのプロジェクトをみんなで支え合ってまいりましょう!

 ※ カンパ制についてのご説明




◆次回のメルマガ定期便は4月30日(火)の予定です。(原則隔週火曜日)
緊急の出演情報等があればその都度、臨時便をお届けします。

◆池上さんの最新情報は、公式ファンサイトの新着情報コーナーでも随時更新しています。この更新は Twitter でも受け取ることができます。

★なお、現在 公式Twitter にて、こまめに出演番組のリマインド(番組放送数時間前のお知らせ)を実施しておりますので、そちらを活用くださいませ。
今後の池上彰ファンクラブは、ファンクラブホームページ・メルマガ・Twitter、この3つに注力して運営してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

★できるだけ多くの池上さん情報を集めるようにしていますが、特に直前の生出演や地域的な講演会・特番等は見逃してしまうこともあります。まだ掲載されていない情報を見つけた方は、ぜひ池上彰ファンクラブ【member@akiraikegami.com】までメールにてお知らせくださいね。

公式サイトリンク
新規会員登録(無料)マイ・アカウントQ&A

 
このメールをお子様やご家族、生徒さんたちにも転送してあげて「知」のパワーを広めませんか?
転送の方法は簡単!こちらをクリック してアドレスを記入するだけ!
ご自分のメッセージも書き加えられます。

              
  

今後とも池上彰ファンクラブをよろしくお願いします。
www.akiraikegami.com

★こんな下段まで目を通してくださるのはおそらくほんの少数のコアな会員さんだと思います。そのほんの少数の人たちと触れ合いたいがためのコーナー。
【管理人のあとがき】
 前回定期便から「次は何を書こう?」とニュースを眺めつつ過ごしていた最近ですが、管理人の目の前に『レームダック化(前兆1.5)』との文字がチラつき始めた安倍政権(地方選で大きく躓いた背景を持つ二人であるにもかかわらず、未だ麻生二階の党内力学が働くのであれば、それは学習能力の無さを露呈しているに他ならず…)に触れようかと思ったのですが(おっと今日の『池上さんに聞いてみた』でも取り上げられているようで…)、今回は、今まさに巷で話題となっているこのスピーチを。
 「がんばっても報われない社会が待っている」東京大学の入学式で上野千鶴子さんが読んだ祝辞
 東大名誉教授の上野千鶴子さん。おそらく毀誉褒貶あるでしょう。この祝辞に対する反応も例外ではないと思います。
 ですがこの祝辞、本当に名文です。まずは一度目を通していただければと思います。皆さまはこの祝辞にどのような想いを抱かれたでしょうか。
 管理人は目の前で何かがガラガラと崩れ落ちたような感覚に襲われました。ですが、それは絶望ではありません。圧倒的な希望が目の前に広がっている、そんな光に満ちた光景が思い浮かんだのです。
 なぜなら令和時代を迎える直前にこのスピーチが東大入学式で繰り広げられる、それ自体が新しい時代への号砲のようにも思えたからです。
 問題は問題として認識されることがなければ乗り越えることができないと管理人は思っています。
表面化しなければ(意識に上らなければ)それに立ち向かうことすらできません。前段、上野教授は沢山の問題のタネを認識させることに注力しています。
 此処で試されているのは『読み手がどこに着眼するか』です。前フリに噛み付く人はそれまでの常識に添って生きる人です。その一方で上野教授はその常識を破壊してきた(=闇を掻き分けて進んできた)からこそ『平成最後の東大入学式の祝辞を述べる』との大舞台が回ってきているのだと思います。
 疾走感あふれる文体で、教授はこう述べます。
「私が学生だったころ、女性学という学問はこの世にありませんでした。なかったから、作りました。(中略)...誰も調べたことがなかったから、先行研究というものがありません。ですから何をやってもその分野のパイオニア、第1人者になれたのです
「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください
「あなた方を待ち受けているのは、これまでのセオリーが当てはまらない、予測不可能な未知の世界です。これまであなた方は正解のある知を求めてきました。これからあなた方を待っているのは、正解のない問いに満ちた世界です
…そしてこう仕上げるのです。
「大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身につけることではなく、これまで誰も見たことのない知を生み出すための知を身に付けることだと、わたしは確信しています。知を生み出す知を、メタ知識といいます。そのメタ知識を学生に身につけてもらうことこそが、大学の使命です」

 この祝辞、何処を切り取るかでその人の資質が分かります。着眼点によっては、おそらくその後の人生も変わってくることでしょう。
 『人生100年時代』と謳われて久しい昨今、新入生だけではなく、令和時代を迎えるにあたり、人生の中途を走る世代も己の常識を破壊し新しい感性を積極的に取り入れる姿勢が必要かもしれないと奮起する管理人なのでありました。
☆皆さまも日々の暮らしの中でふと『知』を見つけたら、お知らせくださると嬉しいです。小さなやりとりから大きなうねりができるといいなと妄想している今日このごろです。
メールはこちら⇒ member@akiraikegami.com