mm_titleimage_1502
2019年4月30日(火)#292

様        (会員ID:  )

【管理人のひとこと】
 平成も今日が最後ですね。この日に皆さまにメルマガをお届けできる巡り合わせに感謝するばかりの管理人です。…とはいうものの、10連休のほぼ中日となっている今日という日を、皆さまはどのように過ごされていらっしゃるのでしょうか。
 さて、今日は平成から令和を迎えるにあたって深夜特番が目白押しです。もちろん、我らが池上さんもライブ特番を控えておられます。皆さまぜひお見逃しなく!!
 皆さまの令和時代も良い時代となりますように…。

メルマガ内リンク

出演予定 | 新刊書情報 | スクラップブック今月のドナー様 | ファンクラブからのお知らせ

※引き続き池上彰ファンクラブでは、サイトメンテナンスのため皆さまにカンパをお願いしております。詳細につきましては「カンパとは」をご一読いただけますと幸いです。皆さまのお力添えによりこのファンクラブが成り立っております。どうぞよろしくお願い致します。




<番組出演>

●2019年4月30日(火)22時00分~(テレビ東京) 本日!!
池上彰の改元ライブ 平成から令和・・・新時代を見に行く!
平成が終わりを迎える4月30日、テレビ東京では夜10時より『池上彰の改元ライブ 平成から令和…新時代を見に行く!』を生放送。天皇退位のニュースを詳しく伝えながら、テレビ東京らしく「池上解説・経済中心」でしっかり平成を振り返りつつ、令和の新時代を見通します。

●2019年5月2日(木)22時00分~23時00分 BS日テレ  NEW!!
深層NEWS「初対談『池上彰×前田裕二』新時代の“学び方” ・・・2人が描く未来とは?
インターネットやSNS・・・様々な情報が溢れる新時代の“学び方”とは?ジャーナリスト池上彰氏と次世代を担う注目経営者・前田裕二氏が徹底討論!2人が描く未来は
視聴者の皆さんが怒りを感じたり不安を抱いている問題、そして我々が伝えたいと考える問題。“いま世の中で起きている”様々な問題について、視聴者の思いを代弁するキャスターと当事者や専門家が熱い議論を行います。 さらに読売新聞社と報知新聞社の編集部を生中継でつなぎ、“夜10時に実際に起きていること”を生き生きと伝えます。

●2019年5月4日(土)18時56分~20時54分(テレビ朝日) NEW!!
「池上彰のニュースそうだったのか!!」2時間スペシャル!
日の丸は「赤」じゃない!?「うがった見方」「なし崩し」正しく使えていますか?・・・実は知らない日本のこと、徹底解説!
▼ 実は知らない連休…端午の節句の端午って何?鯉のぼりの意味とは?日の丸・君が代はいつから使われている?
▼ 実は知らない日本語…そもそも元号はなぜあるの?「うがった見方」「憮然」意味を分かって正しく使ってますか?
▼ 「EUを作った目的」「キャッシュレス推進の意味」「消費税を10%にするわけ」20文字で説明できますか? 他

<レギュラー番組>

●4時55分~8時00分(テレビ朝日)
グッド!モーニング「池上彰のニュース大辞典」
毎週月曜~金曜の朝の情報まとめ番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日)の人気コーナー「池上彰のニュース知恵袋」が、今週から「池上彰のニュース大辞典」にリニューアル!通常、番組終盤7時55分頃から5分程度放送。短いけれど、エッセンスがギュッとつまってしっかり学べる、忙しい朝にピッタリの内容です

●毎週(土)19時54分〜(テレビ朝日)
池上彰のニュースそうだったのか!!
最近大きな話題となっているニュースの数々、そして今さら「知らない」とは恥ずかしくて言えないニュースの数々を池上彰が基礎から分かりやすく解説します!

<コンペ・コンテスト>
●2019年7月1日 <エントリー締切り> 
「第26回新聞配達に関するエッセーコンテスト」

日本新聞協会は「新聞配達の日・新聞少年の日【10月20日(日)】」に向け、「第26回新聞配達に関するエッセーコンテスト」を実施します。今回はジャーナリストの池上彰さんが特別審査員を務めます。
新聞配達や新聞販売所に関するちょっといい話、販売所スタッフとの心温まるエピソード、新聞配達での経験などを400字程度にまとめ、応募フォーム(web)、はがき、封書、ファクス、電子メールでご応募ください。
■ 応募方法: Web応募フォーム、はがき、封書、ファックス、Eメールで受付。
■ 記入事項:新聞配達に関するエッセー(400字程度)
※ 応募作品は事実に基づいた内容で、自分自身が聞いた・感じた内容の未発表の作品に限ります。
※ 応募作品は返却しません。
・郵便番号・住所(都道府県名から)、氏名(よみがな)、生年月日、性別、職業(児童・生徒の方は学校名)、電話番号(日中連絡がとれる番号)、新聞配達経験の有無 をご記入の上、ご応募ください。
■ 締め切り: 2019年7月1日(月)(当日消印有効)
※ その他の詳細情報(審査や発表、賞金など)、および応募用紙のダウンロードや応募フォームなど、詳しくは→ こちらをご覧下さい。


<イベント・登壇など>
※現時点で締め切り期日に間に合うものだけを掲載しています。

●2019年5月15日(水)18:30~20:00 名古屋 中日新聞  NEW!!
特別講演「ニュースから世界を読む」
■ 特 別講演: 5月15日(水)「ニュースから世界を読む」
■ 開講日: 2019年5月15日(水)18:30~20:00
■ 講師: ジャーナリスト 池上 彰
■ 内容: アメリカのトランプ政権の「アメリカ・ファースト主義」は世界に波紋を広げ、世界各国で「自国第一主義」が広がっています。その背景には何があるのか。日々のニュースを読み解き、世界のこれからを考えます。
■ 受講料: 3,700円(税別)
■ 会場: 栄中日文化センターではない別の会場を予定しております。詳しくはお問い合わせください。
※ お問い合わせ先他、詳細は →こちら をご覧下さい。

●2019年6月14日(金) 平成31年度 福島市仏教青年会特別事業 ~法話を聞く会 NEW!!「聞法会(もんぽうえ)400回記念」池上彰特別講演会
[講師] 池上 彰 氏
[演題]ニュースから世界を読む
[日時] 2019年6月14日(金) 開場17時、開演18時
[場所] とうほう・みんなの文化センター 大ホール (福島県文化センター: 福島県福島市春日町)
[参加費] 1,000円
※ チケット購入方法他、詳細は →こちら をご覧下さい。

●2020年2月11日【火・祝】「みやざきレディース倶楽部グレイス」
宮崎の女性のための文化講演会 会員限定・第4回講座
2020年2月11日(火・祝) 13:30〜 池上彰「ニュースから未来が見える」

みやざきレディース倶楽部グレイスは、宮崎に暮らす女性を応援する企画として1999年にスタートした女性限定の会員制講座です。会員の皆さまには、宮崎ではなかなか目にすることができない各界で活躍中の著名人による年4回の講演会(トークショーやコンサートも含む)を提供させていただいています。
年会費6,480円で年間4回の講座(ミニコンサート・講演・お楽しみ抽選会)に参加できます。18歳以上の女性であれば、どなたでもご入会いただけますので、母娘で家族でお友達と一緒にちょっぴり優雅な時間を過ごしていただけると幸いです。
■ 期間: 2019年4月から2020年3月までの1年間
■ 対象: 18歳以上の女性。※定員になり次第締め切らせていただきます。
■ 会費: 6,480円(2019年度内の4回の受講料) ※一旦入金された年会費は返金いたしかねます。
◆ 第4回講座の2020年2月11日(火・祝)は、「ニュースから未来が見える」のテーマで池上さんが講演します。会場はメディキット県民文化センターです。
■ 入会や各講座の内容など、詳しくは → こちら をご覧ください。

●2019年5月23日【木】東京、5月30日【木】名古屋 
「JB Groupと創る ITの未来展 2019」

JBグループは「JB Groupと創るITの未来展」を開催いたします。「JB Groupと創るITの未来展」では “手探りだからワクワクする つながりで明日を拓く” をテーマにお客様と一緒に創る未来をJBグループおよびパートナー各社と共にセッションや展示を通じて具体的にご紹介いたします。
基調講演には、池上 彰氏(東京・名古屋)、辛坊 治郎氏(大阪)をお迎えいたします。
ご多忙中とは存じますが、ぜひご来場承りますよう、お願い申し上げます。
また、期間限定でFacebookページを開設、5月の開催に向けた準備の模様や見どころなど、事務局メンバーがタイムリーに発信してまいります。公式サイトとあわせて、ぜひご覧ください。
【開催日時】
東 京︰5月23日(木)ザ・プリンス パークタワー東京  時間:11:30~18:00
名古屋︰5月30日(木)ヒルトン名古屋 時間:11:30~18:00
【基調講演】東京、名古屋: 池上 彰 氏【構成】 基調講演、セッション、展示
<公式サイト>
<Facebookページ 期間限定アカウント> (期間:2019年3月5日~ 6月30日)

●2019年6月1日【土】信州大学創立70周年 旧制松本高等学校100周年記念式典
池上彰氏トークセッション「信州の高等教育黎明期」
■ 日時: 2019年6月1日(土) 13:30~15:50
■ 会場: まつもと市民芸術館 主ホール
■ 料金: 入場無料 ※要事前申込、入場には事前に送付する入場券が必要です。
※応募者多数の場合は、抽選となります。
■ 主な内容:
第1部:セレモニー/名誉博士称号授与など
第2部:池上彰氏トークセッション「信州の高等教育黎明期」
ジャーナリスト・信州大学経法学部特任教授 池上彰氏
信州大学副学長(学術情報担当) 附属図書館長 渡邉匡一
信州大学ビジョン2030発表 大学歌完成披露コンサート
■ 主催:国立大学法人 信州大学、共催:信濃毎日新聞社
■ 申込み:web「信毎読者サイト なーのちゃんクラブ」のお知らせページ、
「お申込み」ボタンから。
※ その他の詳細は →こちら をご覧ください。

●2019年6月2日【日】開演 14:00
秦野市文化会館 池上彰 講演会「ニュースを読み解く」~新しい元号を迎えて~
■ 公演日時: 2019年6月2日(日曜日)開演 14:00(開場 13:30)
■ 場所: 秦野市文化会館 大ホール
■ 料金: 全席指定 一般2,200円 学生(25歳以下)1,000円
※ 未就学児の入場はご遠慮ください
■ 発売日:2019年3月3日(日曜日)午前10時発売(電話予約は午後1時から)
※チケット購入は、インターネット、電話、プレイガイドで。
■ 主催・お問い合わせ: 秦野市文化会館事業協会 0463-81-1211
※チケットの購入方法など、詳しくは →こちら を必ずご覧ください。





おとなの教養 2―私たちはいま、どこにいるのか?
(4/10発売、918円)

教養とは、「立ち止まって考える力」です。
AIとビッグデータ、キャッシュレス社会、民族紛争に地政学、ポピュリズムから日本国憲法まで─。
いま知っておきたい6つのテーマについて、歴史や経済、政治学の教養をベースに、わかりやすい解説で問題のみなもとにまで迫る。32万部突破『おとなの教養』(NHK出版新書)の第2弾、満を持して登場。新聞やテレビの報道が、より深く理解できるようになる!



教育激変-2020年、大学入試と学習指導要領大改革のゆくえ
(4/6発売、907円)

2020年度、教育現場には「新学習指導要領」が導入され、新たな「大学入学共通テスト」の実施が始まる。なぜいま教育は大改革を迫られるのか。文科省が目指す「主体的・対話的で深い学び」とはなにか。
自ら教壇に立ち、教育問題を取材し続ける池上氏と、「主体的な学び」を体現する佐藤氏が、日本の教育の問題点と新たな教育改革の意味を解き明かす。巻末には大学入試センターの山本廣基理事長も登場。入試改革の真の狙いを語りつくした。



池上彰が聞く韓国のホンネ
(4/5発売、1,404円)
徴用工問題にレーダー照射問題……。
なぜ日本と韓国はここまでこじれてしまったのか?
そして日本はどう付き合っていけばいいのか。
現地を歩き人々の話を聞いて初めてわかった、韓国の頭の中。
朝鮮半島の複雑な歴史背景もまるわかり!





生! 池上彰×山里亮太 深読みニュース道場 
(3/22発売、1,512円)
山ちゃんの「目のつけどころ」に「池上解説」がブラックに答える!
旬のニュースに対する山ちゃんの「目のつけどころ」に、「池上解説」がブラックに答える――。
MBSの人気深夜生放送番組が待望の書籍化。新聞のニュースが「読まなきゃいけないもの」から「読みたいもの」にきっと変わる一冊。
8つの大きなテーマとともに、気になるニュースの問答集も。池上×山里の対談形式での読みやすさとわかりやすさに、深夜生放送ならではの深読み・裏読みがさえる。

 



●日本経済新聞電子版:池上彰の大岡山通信 若者たちへ NEW!!
平成から令和へ 自国主義に揺れる世界
改元を挟んだ10連休、皆様はいかがお過ごしでしょうか。考えてみれば、今回の改元は天皇陛下のご高齢とお気持ちを鑑みての特例法による生前退位。そのこと自体が時代の変化を象徴しているように思えます。さて、今日は平成を送り令和を迎える「池上彰の改元ライブ」も放送されます。年末年始よりも大きなスパンで、日本と世界、そしてご自身の「時代」を池上さんと一緒に振り返ってみませんか。(4月29日朝刊)

●朝日新聞デジタル:池上彰の新聞ななめ読み NEW!!
スリランカのテロ 犯行組織像、どう書くか
紅茶、スパイス、宝石、アーユルヴェーダ製品などの名産品、そして、手先が器用で勤勉な人材の豊富さは、日本の有名陶器メーカーが現地に絵付け工房を進出させたほど。内戦終結後は、元来の魅力がますます注目されていただけに、今回のスリランカでのテロ事件は世界に衝撃を与えました。各紙の伝え方には、現地の情報が極めて少ない事情もあり、少々でこぼこが見られたようです。新聞は複数を読み比べて見えてくることもあるのですね。(4月26日朝刊)

●東洋経済オンライン:
池上彰×佐藤優 「2020年教育改革で起きること」 NEW!!

2020年度、教育現場には「新学習指導要領」が導入され、新たな「大学入学共通テスト」の実施が始まる。なぜ今、日本の教育は大改革を迫られているのか。今回の教育改革の目玉の1つ「アクティブ・ラーニング」とは何か。
自ら教壇に立ち、教育問題を取材し続けるジャーナリストの池上彰氏と、「主体的な学び」を体現する作家・佐藤優氏が、日本の教育の問題点と新たな教育改革の意味を解き明かす。(4月22日掲載)

池上彰×佐藤優「大学で遊んだだけの人」が会社で行き詰まる訳〜今の大学生が学ぶべきこと」 NEW!!
2020年度、教育現場には「新学習指導要領」が導入され、新たな「大学入学共通テスト」の実施が始まる。AI時代を生き抜ける人材を育成するため――ともいわれるが、本当にそんな能力をつけてくれるのか。はなはだ心もとない。
自ら教壇に立ち、教育問題を取材し続ける池上彰氏と、「主体的な学び」を体現する佐藤優氏が、日本の教育の問題点と新たな教育改革の意味を解き明かし、「学生時代には、こんなことをしておけ」と具体的に提言する。(4月27日掲載)

●幻冬舎 GOLD ONLINE:親子で学ぶ!お金をかしこく使うための特別授業
『池上彰のはじめてのお金の教科書』より
【第1回】子どもに説明できる?世の中に「株式会社」が多いのはなぜ?
【第2回】株主が一番えらくなる?株式会社をつくる「株」のすごいしくみ
【第3回】小学生に「株式投資でもうけるコツ」を聞かれたら、こう答える
【第4回】 「為替のしくみ」「税金の意味」…子どもに教えたいお金の話 
【第5回】子どもたちも払う「消費税」が増税される本当の理由 NEW!!

「あなたの財産を『守る』『増やす』『残す』ための総合情報サイト」幻冬舎 GOLD ONLINE に、池上さんの著書「池上彰のはじめてのお金の教科書」を引用した連載が展開中です!



 ☆その他 匿名の皆様

 池上彰ファンクラブの理念とカンパ制に深いご高察を頂戴しており、誠にありがとうございます。
 匿名の方が多く、定期的にカンパをしてくださっている方もいらっしゃいます。
 次世代のために完全無料制を貫くこのプロジェクトをみんなで支え合ってまいりましょう!

 ※ カンパ制についてのご説明




◆次回のメルマガ定期便は5月14日(火)の予定です。(原則隔週火曜日)
緊急の出演情報等があればその都度、臨時便をお届けします。

◆池上さんの最新情報は、公式ファンサイトの新着情報コーナーでも随時更新しています。この更新は Twitter でも受け取ることができます。

★なお、現在 公式Twitter にて、こまめに出演番組のリマインド(番組放送数時間前のお知らせ)を実施しておりますので、そちらを活用くださいませ。
今後の池上彰ファンクラブは、ファンクラブホームページ・メルマガ・Twitter、この3つに注力して運営してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

★できるだけ多くの池上さん情報を集めるようにしていますが、特に直前の生出演や地域的な講演会・特番等は見逃してしまうこともあります。まだ掲載されていない情報を見つけた方は、ぜひ池上彰ファンクラブ【member@akiraikegami.com】までメールにてお知らせくださいね。

公式サイトリンク
新規会員登録(無料)マイ・アカウントQ&A

 
このメールをお子様やご家族、生徒さんたちにも転送してあげて「知」のパワーを広めませんか?
転送の方法は簡単!こちらをクリック してアドレスを記入するだけ!
ご自分のメッセージも書き加えられます。

              
  

今後とも池上彰ファンクラブをよろしくお願いします。
www.akiraikegami.com

★こんな下段まで目を通してくださるのはおそらくほんの少数のコアな会員さんだと思います。そのほんの少数の人たちと触れ合いたいがためのコーナー。
【管理人のあとがき】
 今日は平成最後の日。
 このような歴史の節目の日にメルマガを発行できることに感謝して、もちろん今回のあとがきの主役は今上天皇、この選択肢以外あり得ないですよね(笑
 管理人がまだウォッチャーだった2年前、『象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(平成28年8月8日)』以降の特番で天皇についてレビューしているのですが、冒頭で取り上げている写真があります。個人的な思い入れで申し訳ないのですが、この写真を共有してもらえたらと思い、今回紹介させてください。
パラオ・ペリリュー島訪問時のアンガウル島への拝礼
 この澄み渡った空を背景に、真摯に拝礼されている天皇皇后のお姿、管理人はこのレビュー以後もこれ以上に心を打つ写真に巡り合ったことがありません。
 おそらく会員の皆さまもここ数日の特番で、現在に至るまでの天皇皇后の足跡を目にされたと思うのですが、ひとつひとつのエピソードが感慨深く、ただただ、平成という30年が今上天皇を戴いた時代であったこと、本当に幸せだったと表現する以外の方法が無いように思えるのです。
 さて、なんだかんだ言ってもゴールデールデンウィーク中です。長ったらしい蘊蓄はここまでにして、今日のメインイベント、天皇陛下 最後のおことば を最後に掲載して、このあとがきを締めくくりたいと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。
ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に深く謝意を表します。
即位から三十年、これまでの天皇としての務めを国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。
象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。
明日(あす)から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ちなみに、管理人は今上天皇の笑顔がとても好きで、最近ではそのお姿を拝見するだけで自然と涙が流れるのですが、それはおそらくその祈りが私たちに届いているからじゃないかと思っています。天皇とは国の安寧を祈り、国民の幸せを祈る人。それは元日午前5時半に行われる天皇の「四方拝」からも明らかです。
 平成最後となる今日の夜は、明日から上皇となられる今上天皇の「今後の長寿と健やかな日々」を、感謝とともに国民の側から祈ってもいいのではないか、など思う管理人でありました。
☆皆さまも日々の暮らしの中でふと『知』を見つけたら、お知らせくださると嬉しいです。小さなやりとりから大きなうねりができるといいなと妄想している今日このごろです。
メールはこちら⇒ member@akiraikegami.com