mm_titleimage_1502
2018年7月24日(火)#255

様        (会員ID:  )

【管理人のひとこと】
 皆さま、ここしばらく酷暑の日々が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
 まだ7月、夏休みは始まったばかりです。『夏』と言えば今後8月9月と続くはずですが、しかし今の時点でここまで暑いと「ただただ恨めしい」としか表現しようがありません。
 会員の皆さまにおかれましては、くれぐれも、くれぐれも自分の身、そしてお子さんの身を守るよう心掛けて過ごされますようお願い致します。みんなで無事に今年の夏を乗り越えていきましょうね。


メルマガ内リンク
出演予定 | 新刊書情報 | スクラップブック今月のドナー様 | ファンクラブからのお知らせ

※引き続き池上彰ファンクラブでは、サイトメンテナンスのため皆さまにカンパをお願いしております。詳細につきましては 「カンパとは」 をご一読いただけますと幸いです。皆さまのお力添えによりこのファンクラブが成り立っております。どうぞよろしくお願い致します。




<番組出演>

●7月29日(日)20時54分~22時42分(テレビ東京) NEW!!
日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の現代史を歩く
第6回 ベトナム戦争 小国はなぜ大国アメリカに勝った?

池上彰が宮崎美子、相内優香(テレビ東京アナウンサー)とともに、ベトナムへ。
日本からの観光客も多く、経済成長著しいベトナムの今を、ベトナム戦争をテーマに読み解く。 好評、プレゼントが当たる「池上彰の現代史クイズ」も必見!
(1) 活気あふれるベトナムの街を歩く 急成長を続ける南部の都市・ホーチミン。庶民の台所である市場で池上が見たものとは!?
(2) ベトナムはこうしてアメリカ兵と戦った 池上一行が実際の戦地に赴き、当時の戦いぶりを実体験。宮崎は今も密林に残る無数のトンネルに・・・なぜアメリカは勝てなかったのか?答えの一つがここにあった。
(3) 世界的に有名なあの写真 知られざる秘話 日本人カメラマン・沢田教一がベトナムで撮影し、ピュリツァー賞を受賞した有名な一枚「安全への逃避」。写っていた子供たちが語る写真撮影後の知られざる後日談とは!?
(4) ベトナム戦争が日本にもたらしたもの ベトちゃんドクちゃん、反戦運動、ボートピープル・・・私たちの生活や政治に及ぼした影響とは。

<レギュラー番組>

●4時55分~8時00分(テレビ朝日)
グッド!モーニング「池上彰のニュース大辞典」
毎週月曜~金曜の朝の情報まとめ番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日)の人気コーナー「池上彰のニュース知恵袋」が、今週から「池上彰のニュース大辞典」にリニューアル!通常、番組終盤の7時55分頃から5分程度放送。
短いけれど、エッセンスがギュッとつまってしっかり学べる、忙しい朝にピッタリの内容です!

●毎週(土)19時54分〜(テレビ朝日)
池上彰のニュースそうだったのか!!
最近大きな話題となっているニュースの数々、そして今さら「知らない」とは恥ずかしくて言えないニュースの数々を池上彰が基礎から分かりやすく解説します!

●不定期(日)16時00分~17時15分(テレビ東京)
「日曜夕方の池上ワールド」~池上彰と行く”歴史と本”の旅
日曜夕方、池上彰の自称“解説部屋”にゲストを招いて展開する解説ショー。
ジャーナリストというだけでなく、大学の特別講師の肩書も持つ池上彰が、スタジオ、教室、歴史の現場と様々な角度から世界の現代史を紐解きます。

<イベント・登壇など>※現時点で締め切り期日に間に合うものだけを掲載しています。

●9月3日(月)10:00~16:10 
信州大学「池上彰特任教授による集中講義の一般聴講」
 NEW!!
信州大学では、本年も、池上彰 本学特任教授による「現代史基礎」の夏季集中講義を行います。
本講義は、経法・経済学部の学生の授業(集中講義)として実施するものですが、講義初日に限り、一般の方向けの聴講席をご用意します。聴講を希望される方は、以下の要領でお申し込みください。(聴講は無料です)
■日時: 平成30年9月3日(月)、第2時限から第4時限(10:00~16:10)
■場所: 信州大学経法学部 第2講義室
■受講費: 無料
■応募方法: 往復はがきで、7月30日(月)12:00 必着
申込み方法など、詳しくは  こちらをご覧下さい。

●9月3日(月) 開演17:30~

読売松本セミナー「ニュースから世界を見る」
読売新聞が読者への感謝イベントとして開くセミナーシリーズ。専門家や人気ジャーナリストが、紙面では語りつくせない各界の諸事情を全国主要都市にて講演・解説しています。
■ 日時: 2018年9月3日月曜日 開演17:30(開場17:00)~終了予定19:00
■ 場所: 松本大学 講堂(長野県松本市新村)
■ 申込み: 「読売セミナー」サイトからweb申込み。
セミナーの詳細やお申込みについては、 こちら をご覧ください。

●10月8日(月・祝)
徳島新聞社 女性クラブ 会員特典イベント 池上彰講演会
女性限定の会員制組織「徳島新聞社 女性クラブ」(徳島市)会員限定のイベントです。池上さんの講演は10月で、まだだいぶ先ですが、2018年度の第5期会員募集中とのことですので以下の通りお知らせします。
<徳島新聞社 女性クラブ webサイト より抜粋>
徳島のまちやひとが大好きで、徳島での暮らしを謳歌したい、そんな女性たちが集う徳島新聞女性クラブ。前向きで好奇心旺盛な女性のこれからに応えます!
入会について:「徳島新聞 女性クラブ」は第5期会員募集中!!
【期 間】2018年4月~2019年3月
【対 象】18歳以上の女性
【年会費】10,800円(税込)*徳島新聞カルチャーセンター受講生の方は9,720円(税込)
【活 動】年間4回、文化、芸能、スポーツ、経済など多方面で活躍中の著名人をお招きし、会員限定の講演会、トークショーを開催します。
※ 年間4回のうちの第3回目は池上さんの講演!2018年10月8日(月・祝)開催予定です。
[各回共通]12:00〜 開場 / 13:00〜 開演 / 16:00 閉場予定
※ 詳しくは、⇒ こちら(「徳島新聞社 女性クラブ」のwebサイト)をご覧ください。

●第40回 全国公民館研究集会 東京大会 初日11月1日(木) 池上彰基調講演
公民館がひらく日本の未来 ~地域性・個別性を活かした新しい公民館活動を!
<主催者(公益社団法人 全国公民館連合会)の告知ページより>
※ 公民館関係者、教育委員会関係者、社会教育関係者、市町村関係者、学校教育関係者、県民・教育・スポーツ・文化・NPO関係者、公民館利用者、自治会関係者 等を対象とした、公民館の未来について考える研究集会です。
池上彰さんを迎え、公民館と日本の未来を熱く討議します。みなさまのご参加を心よりお待ちしています。
■ 大会名:第40回全国公民館研究集会 東京大会
■ 大会テーマ: 公民館がひらく日本の未来 ~地域性・個別性を活かした新しい公民館活動を!
■ 開催地: 日本青年館ホール(東京都新宿区霞ヶ丘町)
■ 開催日:平成30年11月1日~11月2日 ※池上さんの基調講演は11月1日(木)です。
■ 参加費: 3000円
※申込み方法や参加費の詳細等は 主催者(公益社団法人 全国公民館連合会)の告知ページ内の 「開催概要(pdf)」をご覧ください。





池上彰の「天皇とは何ですか?」 NEW!!
(7/20発売、1,512円)
生前退位の意向を表明された天皇陛下。
2019年4月の退位を前に、そもそも、天皇陛下とは、皇室とはどういうものか。
日本人なら知っておきたい「天皇」にまつわる話について宮内庁の取材経験もある、池上彰氏が解説。
・「天皇制」はいつできたのか?
・「生前退位」は何年ぶりに行われる?
・「宮家」って何ですか?
・「国民統合の象徴」ってどんな意味?
・これからの「天皇」と「皇室」はどうなる?
いまさら聞けない「天皇」の話が、この一冊ですべてわかる!

池上彰のマンガでわかる経済学〈2〉 ニュースがわかる NEW!!
(7/25発売、1,404円)
◇『池上彰のやさしい経済学2 ニュースがわかる』をマンガ化しました。
◇基になっている単行本は、実際に大学で行われた経済学の基礎講座をベースにしており、経済学とは縁遠い学生にも理解できるようにやさしく解説しています。マンガ版では、この講義のエッセンスを紹介しながら、オリジナルストーリーのマンガを展開しています。
【2巻ストーリー】母校の特別講義で経済学を学びはじめた、AI広告社入社2年目の安西啓太 (23) と中江このみ (23)。経済のしくみを理解した二人は、その知識とコンビの良さで営業成績を順調に伸ばしていく。講義も後半に入り、日々のニュースで飛び交うデフレ、国債、円高、年金、産業の空洞化など、いま私たちが直面する経済や社会の問題を、過去の経済政策や情勢を題材に学んでいく。そして最終講義のあと、啓太はこのみへの想いを打ち明けるのだが……
☆一巻はこちら ⇓
池上彰のマンガでわかる経済学〈1〉 経済のしくみ編 (6/21発売、1,404円)

池上彰の世界を知る学校
(7/13発売、918円)
今を読み解くキーワード、グローバリズムを正しく理解できる最強の教科書!
歴史をさかのぼりニュースを読み解き、世の中の様々なことが見えてくる。
2段仕立ての第1弾は「欧米・中東を知る」。
米国、EU、ロシア、中東を解説。







世界から核兵器がなくならない本当の理由
(7/6発売、 864円)

核を知ることが、核なき世界への1歩になる
外交カードとしての核。抑止力としての核。ビジネスとしての核。
核兵器をめぐるさまざまな実情や、核兵器誕生の歴史を知ることで、核なき世界への長い道のりの1歩になる!
2017年11月、北朝鮮は核弾頭装着が可能とされた新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行い、過去最高高度およそ4500キロまで到達。金正恩委員長は「核武力完成の歴史的大業を果たした」と実験が成功に終わったと宣言しました。また、アメリカの北朝鮮研究機関が、もしも北朝鮮が核攻撃を仕掛けてきたら、その死者数は210万人になるという試算結果も出しています。
核なき世界は実現するのか?
池上さんが本書に込めた思いとは!?
知られざるさまざまな事実や現在の情報をわかりやすく解説し、私たちに、今、大事なことを投げかけます。

もっと深く知りたい!ニュース池上塾
(7/1発売、1,296円)
「予算委員会なのに、予算以外のことばかり 話し合うのはなぜ?」(高2男子)
「いい質問ですねぇ。」
政治問題から国際関係まで、池上さんが思わず感心した高校生の疑問。
ズバリ答えます!
中日新聞の大好評連載を1冊に。
素朴な疑問は、本質を突いている。
簡単そうで難しい。あなたは正確に・わかりやすく答えられますか?

知の越境法 「質問力」を磨く 
(6/13発売、864円)

すべては“左遷"から始まった。
素朴なギモンは貴重な情報源/人に説明して自分の理解を深める/異分野の知恵を借りて停滞を破る/想定外の問いで本音を引き出す
「専門を決めない」学びのススメ
世界で起こる問題を誰もが分かる言葉で解説し、総選挙後には政治家への突撃取材でお馴染みの池上彰。
しかし、その八面六臂の活躍も、NHK時代の〝左遷〟から始まった。記者としてのキャリアを順調に積み重ねてきたが突如、「週刊こどもニュース」キャスターへの異動を命じられる。それでも腐らず、複雑なニュースを小学生にも分かるように噛み砕く語り口が好評を得て、ついに国民的番組に押し上げる。この成功体験から、分かりやすさは武器になり、専門を持たないことは分野の垣根を越える強みだと気づき心機一転、フリージャーナリストの道へ――。 異動、転身とは、現状を脱し新天地に飛び込むという意味で「越境」であり、積極的な行為だ。幾多の領域を跨いで学び続ける著者が、その効用と実践法を説く越境のススメ。




●日本経済新聞電子版:コラム 池上彰の現代史を歩く(7月23日朝刊)
「『知らない』に気づくため 学び続ける意味(上) 」
もはや災害レベルの猛暑・・・とも言われるこの夏、夏休みに突入の学生の皆さんは、ホッと一息つける時でしょうか。旅行にアルバイト、勉強、読書など、過ごし方は様々でしょうが、せっかくの夏休み、何か「学びにつながる発見があるといいですね」ということで、今回と次回のコラムでは池上さんの取材経験をのぞきながら学び続ける意味について考えます。学生でない我々も、暑さに負けずに貪欲に何かを学びたいものです。
※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)

●文藝春秋:夜間授業(オンライン講義)
池上彰の「“戦後”に挑んだ10人の日本人」
池上彰が戦後日本の代表的人物10人を選び、彼らを通して「戦後」を読み直す、連続講義。この度オンラインにて開講です。会場講義を収録した動画(講義1回分)を本WEBサイトよりご覧いただけます。第一回『田中角栄』は6月26日開講。受講料は864円となっております。〈夜間授業〉は全10回の予定ですが、今後のスケジュール、人物は未定です。決まり次第、順次告知致します。

●東洋経済オンライン:意外と知らない、そもそも「おカネ」とは何か(7月12日掲載)
池上彰が教える、”大人のための”教養教室
「常識」のはずなのに、説明してみようとすると・・・あれっ? という経験、ありますよね。「あれっ?」のままで終わらせたくない大人の皆さんを、わかりやすい解説で応援してくれる池上さん。今回は「東洋経済オンライン」で、「おカネ」のそもそもを解説中!イラスト入りでお子さんも楽しめそうな内容です。どうぞご一読ください。




 ☆その他、匿名の皆様

 池上彰ファンクラブの理念とカンパ制に深いご高察を頂戴しており、誠にありがとうございます。
 匿名の方が多く、定期的にカンパをしてくださっている方もいらっしゃいます。
 次世代のために完全無料制を貫くこのプロジェクトをみんなで支え合ってまいりましょう!

 ※ カンパ制についてのご説明




◆次回のメルマガ定期便は8月7日(火)の予定です。(原則隔週火曜日)
緊急の出演情報等があればその都度、臨時便をお届けします。

『池上彰ファンクラブ』では、ウェブデザイナーを募集しております。
 IT・ネット環境が目覚ましい進化を遂げている昨今、PHP言語が多少理解でき、WordPressでサイト構築できるスタッフを求めています。⇒気になる方はまず【member@akiraikegami.com】までメールにてお問い合わせくださいね。

◆池上さんの最新情報は、公式ファンサイトの 新着情報コーナーでも随時更新しています。この更新は Twitter Facebook でも受け取ることができます。
 またTwitter,Facebookでは出演番組のリマインド(番組開始の数時間前にお知らせ)も実施していますので、ご活用ください。
 できるだけ多くの池上さん情報を集めるようにしていますが、特に直前の生出演や地域的な講演会・特番等は見逃してしまうこともあります。まだ掲載されていない情報を見つけた方は、ぜひ池上彰ファンクラブ【member@akiraikegami.com】までメールにてお知らせくださいね。

 



★こんな下段まで目を通してくださるのはおそらくほんの少数のコアな会員さんだと思います。そのほんの少数の人たちと触れ合いたいがためのコーナー。
【管理人のあとがき】
 前回に引き続き 「国会議員たちは『議員定数を減らす』と公約していなかったかな」に触れたいと思います。
 最近とある議員の寄稿文が炎上しているのをご存知ですか? 「『LGBT』支援の度が過ぎる」杉田水脈氏。これにはメディアをはじめ沢山の方が噛み付いていますよね。ひとつ取り上げるとすればこれでしょうか。 杉田水脈議員の寄稿文、何が問題だったのか。LGBTは「生産性がない」に相次ぐ批判。
 個人的な話で恐縮ですが、管理人は独身で婦人科系の病気があり、今後子供を持つことは無いと思っています。この寄稿の文脈を当て嵌めれば「生産性がない」ということになりますね…。と、皮肉のひとつも言ってみたくなるような記事なんですが、私が突きたいのはそこではありません。蛇足ですが、この杉田議員、衆議院の比例代表選出だということをとりあえずここに記しておきます。
 さて、仮に管理人がこの議題(LGBT)で何かを論じる場合、恐らく四方に配慮した文を寄稿すると思うんですね。デリケートな問題です。その後方には誰よりも自分で自分を責めてきた人が存在すると思うのです。自分の主張と相容れないことがあったとしても、それはそれ、これはこれ、です。しかしながら、この杉田氏の寄稿はその後ろに居る人々を配慮した文に仕上がっていません、なぜなのか。
 故意に炎上を狙っているという可能性もありますが、管理人が見るところおそらくこれは自民党自体の教育が行き届いていないのだと推察しています。
 今回の 二階幹事長の反応でそれは確信に変わりつつあります。 「人それぞれ人生観ある」文字だけ見れば本当にそのとおりなのですが、しかし、その人生観を掲げ、「少数派であれ傷つく人が存在するかもしれない」との想像力を働かせることができない議員を税金で賄えるほど日本国民に余裕があるとも思えないのですが。
 何が言いたいのかと言えば、前回のあとがきと同じです。『易い方へ流されているようにしか見えない国会議員の頭数が増えることに何の意味があるのだろう』ということです。自身の発言でどのような波紋が起こるか見越すこともできない、つまり、教育が行き届かない議員の頭数が増えることに何の意味があるのだろうかと。
 ということで、とある会員さんより、「池上彰ファンクラブでアンケートを取ってみられては?」との提案がありました。そのうち現政権に関するアンケートを実施してみようかと思っています。興味のある方はアンケートの質問内容などをこのメルマガに返信する形でお送りくださると嬉しいです。たまには交流したいですよね(笑

☆皆さまも日々の暮らしの中でふと『知』を見つけたら、管理人へお知らせくださると嬉しいです。小さなやりとりから大きなうねりができるといいなと妄想している今日このごろです。 メールはこちら⇒ member@akiraikegami.com

公式サイトリンク
新規会員登録(無料)マイ・アカウントQ&A

 
このメールをお子様やご家族、生徒さんたちにも転送してあげて「知」のパワーを広めませんか?
転送の方法は簡単! こちらをクリック してアドレスを記入するだけ!
ご自分のメッセージも書き加えられます。

                
  

今後とも池上彰ファンクラブをよろしくお願いします。
www.akiraikegami.com