mm_titleimage_1502
2018年8月21日(火)#260

様        (会員ID:  )

【管理人のひとこと】
 今日は皆さま高校野球に釘付けでしょうか。この暑い最中に必死に頑張る高校生を見るだけで胸にこみ上げてくるものがありますが、さて今日はどんなドラマが繰り広げられるのでしょう、神さまはどちらに微笑むのでしょうか…。
 その一方で、今夏は恒例となりました台風が近づいてきています。今回はふたつやってくるとのことで、明日から台風の影響が予想されていますので、皆さまどうぞお気を付けくださいね。

メルマガ内リンク
出演予定 | 新刊書情報 | スクラップブック今月のドナー様 | ファンクラブからのお知らせ

※引き続き池上彰ファンクラブでは、サイトメンテナンスのため皆さまにカンパをお願いしております。詳細につきましては 「カンパとは」 をご一読いただけますと幸いです。皆さまのお力添えによりこのファンクラブが成り立っております。どうぞよろしくお願い致します。




<番組出演>

●8月26日(日)19時54分~21時54分(テレビ東京) NEW!!
独占スクープ!池上彰 VS オウム6人の証言者

オウム真理教、そして麻原彰晃と向き合った「6人の証言者」に池上彰が鋭く切り込む!オウム事件の教訓とは何だったのか?独自取材を交えて徹底検証します。
突然の死刑執行で、すべてが解決したかのような「オウム真理教事件」。しかし“オウム問題”は今も終わっていなかった・・・。番組では、捜査当局が「戦争」と呼んだオウム真理教との闘いの記録を入手。また、“オウムを知り尽くす男”が緊急出演!さらに“死刑の採点表”ともいえる当局の極秘資料を分析。未曾有の犯罪に担当者がどのように向き合ったのか、スタジオで池上がインタビューする。

<レギュラー番組>

●4時55分~8時00分(テレビ朝日)
グッド!モーニング「池上彰のニュース大辞典」
毎週月曜~金曜の朝の情報まとめ番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日)の人気コーナー「池上彰のニュース知恵袋」が、今週から「池上彰のニュース大辞典」にリニューアル!通常、番組終盤の7時55分頃から5分程度放送。
短いけれど、エッセンスがギュッとつまってしっかり学べる、忙しい朝にピッタリの内容です!

●毎週(土)19時54分〜(テレビ朝日)
池上彰のニュースそうだったのか!!
最近大きな話題となっているニュースの数々、そして今さら「知らない」とは恥ずかしくて言えないニュースの数々を池上彰が基礎から分かりやすく解説します!

●不定期(日)16時00分~17時15分(テレビ東京)
「日曜夕方の池上ワールド」~池上彰と行く”歴史と本”の旅
日曜夕方、池上彰の自称“解説部屋”にゲストを招いて展開する解説ショー。
ジャーナリストというだけでなく、大学の特別講師の肩書も持つ池上彰が、スタジオ、教室、歴史の現場と様々な角度から世界の現代史を紐解きます。

<イベント・登壇など>※現時点で締め切り期日に間に合うものだけを掲載しています。

●9月17日(月・祝) 池上彰さんと考える日本の科学と君の未来 NEW!!
「国際科学オリンピック日本開催」シンポジウム
世界の仲間と出逢い、競い合う「国際科学オリンピック」。2023年までに情報、生物学、化学、物理、数学と5つの国際大会が日本で開催! 世界の「知」がここ日本に集結します。各分野で活躍中のオリンピック出場者を招き、科学オリンピックに参加したことでかなった夢、世界を体感して感じたことなど、お話が聞けるチャンスです!
【内容】
★ 第1部 講演・パネルディスカッション(13:45~15:45)
モデレーターの池上彰さんと、科学オリンピックと科学に挑戦する君たちの可能性を追求しましょう。
★ 第2部 ワークショップ/サイエンスショー(16:00~17:00)
※ 参加申込にあたっての注意事項
第1部、第2部通しての参加となります。第2部のみの参加はご遠慮ください。
第1部終了後のご退出は自由です。
第2部サイエンスショーは、小学生はじめ、どなたでもご参加いただけます。
第2部ワークショップは「中学・高校生」対象です。申込多数の場合抽選となります。
■ 日時: 2018年9月17日(月・祝) 開場13:00、開演13:45、終演17:00
■ 会場: 東京大学 本郷キャンパス 伊藤謝恩ホール(東大赤門そば)
■ 申込み: webで応募、申込多数の場合は抽選。
■ 主催/国立研究開発法人 科学技術振興機構
■ 共催/日本科学オリンピック委員会
※ 詳しい内容や応募については→ こちら をご覧ください。

●10月14日(日) 厚木市文化会館開館40周年記念事業 文化講演会 NEW!!
池上彰 「ニュースから世界を見る」

厚木市文化会館の開館40周年を記念して、出版、放送等、各メディアにおいて活躍する池上彰さんをお招きして講演会を開催します!
■ 開催日時: 平成30年10月14日(日曜日)14:00から15:30まで(予定)
■ 主催: 厚木市・公益財団法人厚木市文化振興財団
■ 対象者: 厚木市在住の方(中学生以上)
■ 定員: 1,300人
■ 入場料: 無料
■ 申込み方法: 往復はがき、応募者多数の場合は抽選
■ 応募締切: 平成30年9月7日(金曜日)必着
■ その他: 手話通訳・要約筆記があります。
※ 往復はがきの記入内容、その他の詳細は → こちらをご覧ください。

●第4回 9月11(火)・第5回 10月11日(木) 18:30開場 19:00開演 株式会社文芸春秋
池上彰〈夜間授業〉“戦後”を作った10人の日本人
第4回「中内㓛」 第5回「渡邉恒雄」
 
池上彰さんが戦後日本の代表的人物10人を選び、彼らを通して「戦後」を読み直す、連続講義。
都度受講生を募集いたしますので、ご興味のある回にお申し込みいただけます。
「池上彰さんの〈夜間授業〉『”戦後”に挑んだ10人の日本人』」
第4回「中内㓛」 2018年9月11日(火)18:30開場/19:00開演
第5回「渡邉恒雄」 2018年10月11日(木) 18:30開場/19:00開演
☆教室=文藝春秋西館地下ホール 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23
☆受講料=一般6,480円、学生3,240円(いずれも税込)
☆申込先 ①メール bunshunlive@bunshun.co.jp ②FAX 03-3239-5481
③郵便 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 ①②③のいずれも、株式会社文藝春秋メディア事業局「池上彰さんの〈夜間授業〉」係まで
☆申込時に、必ず「第4回・中内㓛希望」「第5回・渡邉恒雄希望」「第4回、第5回・両方とも希望」などご希望の回を明記してください。
また、「お名前」「ご住所」「メールアドレス」「そのほかの緊急時のご連絡先(携帯・固定電話番号など)」「ご同伴者がいる場合は総人数(4人まで)」を必ずお書きください。「学生」でお申し込みの方はその旨お書き添えいただき、当日学生証をご提示ください。
会場の都合上、受講者数は250名までとし、ご希望多数の場合は抽選を行います。ご当選者には事前に受講料をお振込みいただき、お支払いを確認後受講券をお送りいたします。
☆その他詳細は ⇒ こちらでご確認ください。

●10月8日(月・祝)
徳島新聞社 女性クラブ 会員特典イベント 池上彰講演会
女性限定の会員制組織「徳島新聞社 女性クラブ」(徳島市)会員限定のイベントです。池上さんの講演は10月で、まだだいぶ先ですが、2018年度の第5期会員募集中とのことですので以下の通りお知らせします。
<徳島新聞社 女性クラブ webサイト より抜粋>
徳島のまちやひとが大好きで、徳島での暮らしを謳歌したい、そんな女性たちが集う徳島新聞女性クラブ。前向きで好奇心旺盛な女性のこれからに応えます!
入会について:「徳島新聞 女性クラブ」は第5期会員募集中!!
【期 間】2018年4月~2019年3月
【対 象】18歳以上の女性
【年会費】10,800円(税込)*徳島新聞カルチャーセンター受講生の方は9,720円(税込)
【活 動】年間4回、文化、芸能、スポーツ、経済など多方面で活躍中の著名人をお招きし、会員限定の講演会、トークショーを開催します。
※ 年間4回のうちの第3回目は池上さんの講演!2018年10月8日(月・祝)開催予定です。
[各回共通]12:00〜 開場 / 13:00〜 開演 / 16:00 閉場予定
※ 詳しくは、⇒ こちら(「徳島新聞社 女性クラブ」のwebサイト)をご覧ください。

●10月13日(土) 13:30 開演  碧南市
池上彰 講演会 「ニュースから読み解くいまと未来」
碧南市制70周年記念事業の一環のようです。
チケットは2018/9/1(土) 10:00より、チケットぴあで発売!発売までしばらくお待ちください。
■ 日時: 10月13日(土) 13:30 開演 (13:00 開場)
■ 会場: 碧南市文化会館 (愛知県)
■ 入場: 全席指定 1000円
■ チケット: チケットぴあ にて 9月1日(土)10:00 発売!
発売までしばらくお待ちください。
※予定枚数終了しだい発売終了。
※ チケットぴあ 公式サイト内の案内は ⇒ こちら

●10月28日(日) 長崎県大村市 鎮西学院創立137周年記念
池上彰氏講演会「池上彰のニュースから世界を読み解く」
長崎県大村市で池上さんが講演!政治学者で、現在、鎮西学院学院長を務める姜尚中氏との対談もあり!
■ 日時: 10月28日(日)14時~ (13時開場)
■ 会場: シーハットおおむらメインアリーナ
■ 入場: 無料
■ プログラム:
・13時00分 開場 ・14時00分 あいさつ ・14時10分 講演
・15時20分 対談(姜尚中鎮西学院学院長) ・15時50分 終演
■ 応募方法: web応募フォーム・はがき・ファクスのいずれか。1回の申し込みにつき、1人です(全席自由)。
■ 申込期間:8月1日(水)~10月5日(金) ←お間違いなく!
※応募者多数の場合は抽選。当選者へは10月中旬頃に聴講券を発送。
※ 詳細は、大村市の広報誌 「くみつけ 8月号」(pdfファイルが開きます)、
または こちらをご覧ください。

●第40回 全国公民館研究集会 東京大会 初日11月1日(木) 池上彰基調講演
公民館がひらく日本の未来 ~地域性・個別性を活かした新しい公民館活動を!
<主催者(公益社団法人 全国公民館連合会)の告知ページより>
※ 公民館関係者、教育委員会関係者、社会教育関係者、市町村関係者、学校教育関係者、県民・教育・スポーツ・文化・NPO関係者、公民館利用者、自治会関係者 等を対象とした、公民館の未来について考える研究集会です。
池上彰さんを迎え、公民館と日本の未来を熱く討議します。みなさまのご参加を心よりお待ちしています。
■ 大会名:第40回全国公民館研究集会 東京大会
■ 大会テーマ: 公民館がひらく日本の未来 ~地域性・個別性を活かした新しい公民館活動を!
■ 開催地: 日本青年館ホール(東京都新宿区霞ヶ丘町)
■ 開催日:平成30年11月1日~11月2日 ※池上さんの基調講演は11月1日(木)です。
■ 参加費: 3000円
※申込み方法や参加費の詳細等は 主催者(公益社団法人 全国公民館連合会)の告知ページ内の 「開催概要(pdf)」をご覧ください。





知らなきゃよかった 予測不能時代の新・情報術
池上彰・佐藤優(8/20発売、896円)
累計70万部の最強コンビが放つ最新作!
プーチン、習近平、エルドアン…独裁がトレンドとなり、「自国ファースト」と「自国ファースト」がぶつかり合い、フェイクニュースと資料改竄がまかり通る現代の世界。
知れば知るほど「知らなきゃよかった」と思えることばかり……。
知りたくなかった、しかし目を逸らせないリアルな情報と英知がここにある。
・米朝トップ会談とカジノの怪しい関係
・日本にはびこる「ハレンチ学園」と「暴力教室」
・なぜ官僚の劣化は止まらないのか?
・トランプ政権は「宮廷陰謀」の世界
・中国、ロシア、トルコ 独裁者たちの目指すもの
・国家を弱らせるのは欠陥教育だ など
新しい常識をインストールできた者だけが生き残る!

池上彰のマンガでわかる経済学〈2〉 ニュースがわかる
(7/25発売、1,404円)
池上彰のマンガでわかる経済学〈1〉 経済のしくみ編

(6/21発売、1,404円)
◇『池上彰のやさしい経済学2 ニュースがわかる』をマンガ化しました。
◇基になっている単行本は、実際に大学で行われた経済学の基礎講座をベースにしており、経済学とは縁遠い学生にも理解できるようにやさしく解説しています。マンガ版では、この講義のエッセンスを紹介しながら、オリジナルストーリーのマンガを展開しています。
【2巻ストーリー】母校の特別講義で経済学を学びはじめた、AI広告社入社2年目の安西啓太 (23) と中江このみ (23)。経済のしくみを理解した二人は、その知識とコンビの良さで営業成績を順調に伸ばしていく。講義も後半に入り、日々のニュースで飛び交うデフレ、国債、円高、年金、産業の空洞化など、いま私たちが直面する経済や社会の問題を、過去の経済政策や情勢を題材に学んでいく。そして最終講義のあと、啓太はこのみへの想いを打ち明けるのだが……

池上彰の「天皇とは何ですか?」
(7/20発売、1,512円)
生前退位の意向を表明された天皇陛下。
2019年4月の退位を前に、そもそも、天皇陛下とは、皇室とはどういうものか。
日本人なら知っておきたい「天皇」にまつわる話について宮内庁の取材経験もある、池上彰氏が解説。
・「天皇制」はいつできたのか?
・「生前退位」は何年ぶりに行われる?
・「宮家」って何ですか?
・「国民統合の象徴」ってどんな意味?
・これからの「天皇」と「皇室」はどうなる?
いまさら聞けない「天皇」の話が、この一冊ですべてわかる!

池上彰の世界を知る学校
(7/13発売、918円)
今を読み解くキーワード、グローバリズムを正しく理解できる最強の教科書!
歴史をさかのぼりニュースを読み解き、世の中の様々なことが見えてくる。
2段仕立ての第1弾は「欧米・中東を知る」。
米国、EU、ロシア、中東を解説。











●日本経済新聞電子版:コラム 池上彰の現代史を歩く(8月20日朝刊)
「香港は誰のものか 揺らぐ一国二制度」
今回の現代史の現場は、イギリスによる返還から21年を迎えた香港。7月に放送された内容を改めて振り返ります。外交と軍事を除く高度な自治、行政長官の普通選挙、言論・集会の自由の保証・・・返還時に約束された「一国二制度」の今を探ります。「自由にものを言えること」がこれほどまでに困難なものかと失望に近い気持ちを抱いてしまいそうになる一方、そんな中でも逞しく生き抜く人々の強さから学べることもありそうです。
※ 日本経済新聞電子版コラム「池上彰の現代史を歩く」は、テレビ東京系列で放映中の同名番組との連携企画です。「池上彰の現代史を歩く」掲載時は、「池上彰の大岡山通信 若者たちへ」はお休みとなります。
※ 記事を読むには日本経済新聞 電子版への会員登録が必要です。(1ヶ月10記事まで無料)

●文春オンライン : 池上彰「WEB 悪魔の辞典」
テレビ東京の選挙特番「池上彰の総選挙ライブ」で大きな反響を呼んだ「政界 悪魔の辞典」。池上彰さんが鋭い風刺を交えて政治や選挙に関する用語を解説。「新用語」や深堀り情報を加筆した文春オンラインバージョンでお届けします。
☆そういえば、小池都知事が語っていた“アウフヘーベン”の本当の意味って?
【アウフヘーベン・あうふへーべん】

より高い極みを実現することだが、単に「あっちもこっちも」というレベルに堕することも。
☆「国のトップを自分たちで選べない」首相公選論の功罪とは?
【首相公選・しゅしょうこうせん】

首相になりたい人が唱え、なってしまうと言わなくなる政治改革のこと。
☆池上彰氏から見た岸田政調会長「良き常識人では権力闘争に勝てないのです」
【派閥・はばつ】
親分を総理大臣にして自分も甘い汁を吸おうとする政治家集団のこと。

●文藝春秋:夜間授業(オンライン講義)
池上彰の「“戦後”に挑んだ10人の日本人」 第2回 江副浩正

池上彰さんが戦後日本の代表的人物10人を選び、彼らを通して「戦後」を読み直す連続講義。第2回『江副浩正』の配信がスタート致しました。
会場講義を収録した動画(講義1回分)を本WEBサイトよりご覧いただけます。
受講料:864円(税込)
どうぞご期待ください。

☆画像は文藝春秋さんよりご提供いただきました!




 ☆その他 匿名の皆様

 池上彰ファンクラブの理念とカンパ制に深いご高察を頂戴しており、誠にありがとうございます。
 匿名の方が多く、定期的にカンパをしてくださっている方もいらっしゃいます。
 次世代のために完全無料制を貫くこのプロジェクトをみんなで支え合ってまいりましょう!

 ※ カンパ制についてのご説明




◆次回のメルマガ定期便は9月4日(火)の予定です。(原則隔週火曜日)
緊急の出演情報等があればその都度、臨時便をお届けします。

『池上彰ファンクラブ』では、ウェブデザイナーを募集しております。
 IT・ネット環境が目覚ましい進化を遂げている昨今、PHP言語が多少理解でき、WordPressでサイト構築できるスタッフを求めています。⇒気になる方はまず【member@akiraikegami.com】までメールにてお問い合わせくださいね。

◆池上さんの最新情報は、公式ファンサイトの 新着情報コーナーでも随時更新しています。この更新は Twitter Facebook でも受け取ることができます。
 またTwitter,Facebookでは出演番組のリマインド(番組開始の数時間前にお知らせ)も実施していますので、ご活用ください。
 できるだけ多くの池上さん情報を集めるようにしていますが、特に直前の生出演や地域的な講演会・特番等は見逃してしまうこともあります。まだ掲載されていない情報を見つけた方は、ぜひ池上彰ファンクラブ【member@akiraikegami.com】までメールにてお知らせくださいね。

公式サイトリンク
新規会員登録(無料)マイ・アカウントQ&A

 
このメールをお子様やご家族、生徒さんたちにも転送してあげて「知」のパワーを広めませんか?
転送の方法は簡単! こちらをクリック してアドレスを記入するだけ!
ご自分のメッセージも書き加えられます。

                
  

今後とも池上彰ファンクラブをよろしくお願いします。
 



★こんな下段まで目を通してくださるのはおそらくほんの少数のコアな会員さんだと思います。そのほんの少数の人たちと触れ合いたいがためのコーナー。
【管理人のあとがき】
 先日の『開腹』との言葉で、お見舞いのメールを沢山頂戴しました。本来ならおひとりおひとりにお返事差し上げたいのですが、まだその元気がございませんで、、、こちらでお礼をさせてください。皆さまのお心遣いに感謝しきりです。ありがとうございます。
 そう!本来であれば、今回の 池上彰「WEB 悪魔の辞典」に絡めて自民党総裁選について書きたかったのですが、やはりその気力がありません…。
 ただ、最近面白い記事を読みました。 週刊文春 2018年8月16日・23日夏の特大号『小泉純一郎を池上彰が直撃「安倍首相は経産省の虜になった」』。 池上さんが小泉元総理にインタビュー、というか懇談しています。管理人的には「小泉さんは総理経験者でありながら自由でアグレッシブでいいなぁ」というのが率直な感想です。
 今までの経緯を見れば、安倍さんを引き上げたのは間違いなく小泉氏なのですが、この記事では総裁選前のこのタイミングで、ちくりちくりと「鈍感というか、鈍いというかね」と安倍総理を揶揄しています。先達として素敵な役割を果たしていらっしゃると素直に思ったんですが、安倍総理からすれば、権力の中枢に鎮座していたらそんな言葉も耳に入らなくなるのかもしれません。
 なにはともあれ9月の総裁選については、これからしばらく見届ける必要がありそうです。
※ちなみに、先日の政治アンケートより今回のお見舞いの方が反応が多かったです。ここは優しい方が多いのだと感激したことを付言しておきます。

☆皆さまも日々の暮らしの中でふと『知』を見つけたら、管理人へお知らせくださると嬉しいです。小さなやりとりから大きなうねりができるといいなと妄想している今日このごろです。 メールはこちら⇒ member@akiraikegami.com

www.akiraikegami.com