夢ロープレ研究室情報発信メルマガアーカイブホーム
夢ロープレ研究室情報発信メルマガ
こちらは 夢ロープレ研究室情報発信メルマガ アーカイブホームです。これまで配信されたニュースレターを閲覧出来ます。定期購読希望の方はページ下にてご登録下さい。


夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第93号) (Feb 2024)
今日はシステマチックアプローチについて さて、メルマガ第93号をお送りします。   本日はシステマチックアプローチについてです。   システマチックアプローチについての問題は毎回の試験で2~4問出題されており、確実に点数をとる分野です。試験問題としては、なかなか難問を作りづらい内容なので、大筋を覚えておけば確実に得点可能です。   このシステマティックアプローチは、カナダ雇用移民の「個人雇用カウンセリング-システマティックアプローチ」の執筆を行ったベザンソン(Bezanson)とデコフ(Decoff)によって作られたものでです。ただ、この名前は出題されていないようです。 ◇システマティック・アプローチの流れ カウンセリングの開始  問題の把握 目標の設定 方策の実行 結果の評価 カウンセリングとケースの終了 ①カウンセリングの開始 温かい雰囲気の中で、クライエントが安心して話の出来る信頼関係、ラポール、リレーションづくりを行う。来談者中心療法の基本的態度(肯定的受容、共感的理解、自己一致)やマ

夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第92号) (Feb 2024)
今日はマッチング理論のパーソンズ メルマガ第92号をお送りします   本日はマッチング理論のパーソンズを紹介します。   パーソンズは出題頻度が少なかったので、正直あまり注目していませんでしたが、第24回の学科試験で大問で出題されました。   第24回で出題されたので、第25回での出題の可能性は薄いと思いますが、第22回、第24回と急に頻度が上がっているので、押さえておきたいと思います。 フランク・パーソンズ (1854〜1909)   職業指導運動の創始者と言われています。理論家を勉強するときに一番最初に教わることが多いのではないかと思います。 パーソンズはボストンに職業指導局を設立し職業指導カウンセラーの名付け親となったています。このボストンが試験に出たことがあるので一応注意しましょう。   ◇マッチング理論 個人の「特性」と取り巻く環境の「因子」を上手く「マッチング」させることで「適職」を得るという考え方で、マッチング理論や特性因子理論と呼ばれています。&n

夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第91号) (Feb 2024)
今日はキャリアコンサルタント倫理綱領について さて、メルマガ第91号をお送りします。   91号では2024年1月に改定された「キャリアコンサルタント倫理綱領」を取り上げます。キャリアコンサルタント倫理綱領は毎回1~3問出題される必須科目です。今回は結構がかりな改定だったこともあり、第25回、第26回で改定項目が出題されることが考えられますので、確実に押えておきたいと思います。   キャリアコンサルタント倫理綱領の全文を掲載しますので、赤字で示す改定部分は特に注意して精読してください。 ◇まずキャリアコンサルタント倫理綱領を入手しましょう キャリアコンサルタント倫理綱領(PDF資料) https://www.career-cc.org/files/rinrikoryo.pdf キャリアコンサルタント倫理綱領   序 文   時代の変化に伴い、新しい働き方の拡大とその実現のため、社会をリードするキャリアコンサルタントへの期待は更に高まり、社会的責任も増しています。多様な相談者や組織からの求めに応えるため、キ

夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第90号) (Feb 2024)
今日はjobtag(日本版O-NET)について さて、メルマガ第90号をお送りします。   第90号ではjobtagを取り上げます。昨日も説明しましたが非常に応用が利く項目なのですが、キャリコン試験勉強としては盲点になっている場合も多い分野です。   特にお勧めなのは主要コンテンツで取り上げたものです。面接試験の質疑応答の中で単純に「jobtagを使って仕事理解を促します」とするのではなく、「jobtagのしごと能力プロフィールを利用して相談者が経験した能力を整理します」とした方がよりリアルなキャリアコンサルティングをイメージ出来ていることをアピールできます。   それから、論述試験対策についての情報を提供いたしますので、宜しくお願いします。 ◇まずjobtagの説明資料を入手しておきましょう jobtagの概要(PDF資料) http://tinyurl.com/ymol6mrn ◇職業情報提供サイト(日本版O-NET)について    職業情報提供サイト(日本版O-NET)(愛称:job tag(じょ

夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第89号) (Feb 2024)
今日はジョブカードについて メルマガ第89号をお送りします。   この89号ではジョブカードを、次の90号ではjobtagを取り上げます。これら2つの制度は学科試験で毎回のように出題されているので最大4点を得点できることも重要ですが、論述試験と面接試験の口頭試問で非常に使い勝手が良いことから是非マスターしてください。 ※本号のジョブカードに関する記述は1月4日配信の61号と同一の内容です。 ◇まずジョブカード講習テキストの入手と活用を   ジョブカードでは「ジョブ・カード講習テキスト」というテキストが公開されています。養成講座を受講された方は教材の中に入っていますが、実務経験者資格で受験される方は必ず入手されることをお勧めします。   いろいろな方の話を聞くと、このテキストは余り活用されていないようですが、実に良くできています。特に第Ⅰ部のキャリアコンサルティング編は是非一度通して読んでみてください。わずか66ページですから大した負荷ではないと思います。   第Ⅱ部以降もロープレの実施方法、具体的なロープレの逐語記

夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第88号) (Feb 2024)
今日は六角形のホランドです メルマガ第88号をお送りします   本日はホランドをご紹介します。 ホランドはご存知の通りの六角形と各種の診断ツールを生み出したことで有名です。 出題傾向としては、たまに大問がでますが、毎年のように選択肢の1つのような形で出題されることが多いです。ただ、過去の問題を見ると、12回と21回が大問で全く同じ問題が出題されていたり、選択肢で出された場合も似たような切り口の問題の繰り返しなので、新しい切り口の問題は出てこないかな?と感じています。 国キャリ試験では良い問題が無いので、参考問題は2級技能士試験の問題を元に作成しています。いずれにしても理論がシンプルなので、出題されたら確実に得点したい理論家です。 ジョン・ホランド (1910〜2008)   六角形で有名なホランドです。生まれた年は1人めのスーパーと一緒です。 人のパーソナリティーを実証的に調べていき、六つの特性(RIASEC:リアセック)に分類したのが有名な六角形です。 「職業分類辞典(DOT)」「職業レディネステスト(VRT)

夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第87号) (Feb 2024)
今日はソン♪・ソン♪・ソン♪の3人様 メルマガ第87号をお送りします   本日は発達課題のソンで終る理論家、エリクソン、レビンソン、ニコルソンの3名をご紹介します。   3人とも同じような分野を専攻していますので、中途半端に覚えていると本番で「どれだっけ?」と悩みがちなお三方です。このメルマガをしっかり読んで間違えないようにしましょう。 エリク・エリクソン (1902年~1994年)   アメリカの発達心理学者でもっとも影響力のあった精神分析家。独特の切り口で理論を構築しています。     重要概念 ◇8段階のライフサイクル論 ◇自己同一性(アイデンティティ) <<8段階のライフサイクル論>  各期〇〇vs△△という表現でポジティブな面とネガティブな面が示されていることが特徴。34歳までが細かく分かれている割に35歳以降がざっくり。そのためか幼児・児童教育では必須になっています。  ダニエル・レビン

夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第86号) (Feb 2024)
今日はキャリア構築理論のサビカス メルマガ第86号をお送りします   本日はキャリア構築理論のサビカスを説明します。 いつも紹介する「職業相談場面におけるキャリア理論及びカウンセリング理論の活用・普及に関する文献調査」(独立行政法人労働政策研究・研修機構) <以後ジル資料と呼ぶようにします>を読むとサビカスは2項目にまたがって説明されています。   1つが「キャリア構築理論」でもう一つが「キャリア構築インタビュー」です。過去問を紐解くと大問として出される時には、概ねこれら2つの項目に関する問題が多いようです。ジル資料で1項にまとめられなかったくらいですので、2つに項目にまたがった問題は出題しにくいのかもしれません。 ジル資料のリンク先は https://www.jil.go.jp/institute/siryo/2016/documents/0165.pdf マーク・サビカス (1947〜)    出題頻度No.3サビカスです。 サビカスの理論の出題は「キャリア構築理論」と「キャリア構築イン

夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第85号) (Feb 2024)
今日は組織内キャリアとキャリアアンカーのシャイン メルマガ第85号をお送りします .   以前の号でも説明したのですが、シャインは第24回で大問が出たので、少なくとも25回では大問としては出題されないとは予想しています。シャインに関する出題は大問だと結構面倒ですが「キャリアの理論について」の正誤問題で選択肢に出てくる場合はそれほど難しくないので得点源にできます。 イベント開催のご案内   2月11日(日)、2月12日(月・祝)に無料WEBセミナーを開催します。11日(日)は第25回受験の方を対象としたもの、12日(月・祝)は第26回受験の方を対象としたセミナーです。メルマガ登録者・公式LINE登録者の方は特別な登録は不要です。   1)第25回受験者向けセミナー  日時:2月11日(日)13:00~14:00  テーマ 本番に向けて「聴くこと」を磨きましょう  本番に向けて磨くべき質問力ではなく聴く力。  なぜそうした方が良いか、どう取り組めば良いかを説明します。   2)第26回受験者向けセミナー  日時:2月12日(日)

夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第84号) (Feb 2024)
頻出理論家No.1のドナルド・スーパー! メルマガ第84号をお送りします . 先日第24回の学科試験で何で合格率があんなに下がったのか?ということを問題分析から探った結果のセミナーを行いました。後から確認したら10名の方に参加頂きました。   結論はこのメルマガの内容をしっかりやっていれば大丈夫ですよ!、ということです。 ドナルド・スーパーは第24回では出題が薄かったので、25回は大問で出題されるのではないかと予想しています。参考問題を変えながら繰り返しご紹介する予定です。 セミナーで紹介した資料です。ご覧のように24回はスーパーは1問しかも選択肢でした登場しませんでした。合格率が大きく下がった次の回はスーパーの出題が増えています。 ドナルド・スーパー (1910〜1994)   まずは出題頻度No.1の大変な大御所からです。キャリア発達を中心に研究された方です、 覚えておく必要があるのは以下の7つです。   ➀自己概念 ②マキシサイクルとミニサイクル ③14の命題 ④ライフキャリアレ

夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第83号) (Feb 2024)
転機について(シュロスバーグ・ブリッジス・ニコルソン) メルマガ第83号をお送りします   今日は転機に関するテーマでシュロスバーグ・ブリッジス・ニコルソンの3人の理論家を取り上げます。転機のテーマは国家資格、2級技能士とも毎回必ず出題されますので、確実にマスターしておきたいテーマです。   本日は昨日公開した動画配信サイトで提供するキャリアコンサルタント試験関係のコンテンツについてご案内します。   <<キャリコン試験対策のコンテンツのご紹介>>   ◆LCP動画配信サイト◆ 1,100円/月(税込) https://lcp.uishare.co/ ソーニョプランニングが運営する動画配信サイトです 詳しくはこちらをご覧ください LCP動画配信サービス利用ガイド https://acrobat.adobe.com/id/urn:aaid:sc:AP:9ac1f825-2367-4596-8620-ed8928e266fd   <現在利用可能なコンテンツ> ➀ロープレ事例➀  ロープレの音声と逐語記録の対応動

夢ロープレ研究室情報発信メルマガ(第81号)再送信 (Feb 2024)
2月1日配信の81号はシステムエラーのため6割の登録者の方に届いていないことが判明しましたので、再送信いたします。2月1日に届いている方は重複になりますので、お手数ですが削除をお願いします。 今日はカウンセリンググループのスキナーとベックとバンデューラ メルマガ第81号をお送りします。   カウンセリンググループは「なんちゃら療法」というのが多く覚えにくいです。エリスの論理療法、バーンの交流療法、スキナーの行動療法、ベックの認知療法あたりを押さえておく必要があります。本日はそのうち行動療法のうちオペラント条件付けで有名なスキナーと認知の歪みという重要な概念を生み出した認知療法のベックをご紹介します。   今日の内容は丸暗記すると覚えにくいのですが、周辺のことをセットにすると覚えやすいです。例えば以下の文章を読んでみてください。この文章で流れをつかみことで多くの理論家の関係を理解することができ、覚えやすくなります。 行動療法小史(Wikipediaより抜粋) イワン・パブロフにおける古典的条件づけにしたがって、ジョセフ・ウォルピは




夢ロープレ研究室
Presented By
ソーニョプランニング株式会社
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号 水信ビル7F
ニュースレターに登録